*

私がおすすめの塩素剤はこれ!

塩素剤と言うと
次亜塩素酸ナトリウムが一般的です。

ても、
私は次亜塩素酸ナトリウムより
ジクロロイソシアヌル酸ナトリムの方が好きです!

なぜ好きなのか?
理由は5つあります。

1つは有効塩素濃度の高い点です。

次亜塩素酸ナトリムは高いものでも12%です。

しかし、
ジクロロイソシアヌル酸ナトリウムは
高いものだと60%もあるのです。

実に塩素濃度は5倍高いわけです。

2つ目が、有効塩素が分解しにくい点です。

なので、
分解されやすい次亜塩素酸ナトリウムとは違って
長期保管ができとても便利です。

3つ目は、中性だからです。

次亜塩素酸ナトリウムがアルカリ性なのに対し
ジクロロイソシアヌル酸ナトリムは中性なのです。

なので、
素材への影響が次亜塩素酸ナトリウムに比べ
とても低いわけです。
4つ目は、塩素臭が少ない点です。

塩素臭についても次亜塩素酸ナトリウムと比べ
とても少なくとても扱いやすいです。
5つ目が、顆粒タイプという点です。

なので、
こぼしても掃除しやすいですし
衣類にかかっても次亜塩素酸ナトリウムのように
脱色されることはありません。

しかも、顆粒タイプでありながら
とても溶けやすい特徴をもっています。

次亜塩素酸ナトリウムが主成分の
塩素剤をお使いになっている方でしたら
この5つの特徴を持っている塩素剤は
いかに使いやすいのかがわかるはずですよね!

The following two tabs change content below.
茂木 和哉

茂木 和哉

洗剤に自分の名前をつけてしまうほどの洗剤オタクです。 住まいのお掃除に役立つ情報から、清掃業者さんのスキルアップに役立つ情報まで、汚れ落としに関する情報を発信しています。 汚れ落としに関するご相談もお気軽にどうぞ。

茂木和哉 YouTube
茂木和哉 Instagram
茂木和哉 Facebook
茂木和哉 Twitter
きれい研究所公式サイト

関連の記事。こちらもどうぞ

台所洗剤の手荒れのしやすさ、界面活性剤は濃度で判断できるのか?

同じ種類の界面活性剤なら 濃度が高い方が肌に対して刺激が強くなります。 ただし、

記事を読む

界面活性剤とは?茂木和哉が分かりやすく解説します!

界面活性剤とはどんなものなのか? 言葉はわかっていても、 どんなものなのかをわかって

記事を読む

逆性石鹸とは?

逆性石けんとは、 一般的な石けんと逆の特徴をもった石けんです。 何が逆かと言えば

記事を読む

油汚れを楽に落とすための洗浄剤選び

油汚れは、界面活性剤が含まれている洗剤を使わなくてもアルカリ性の洗剤であれば油汚れを落とす事

記事を読む

界面活性剤が汚れを落とすしくみとは?

衣類に付いた油汚れが、 界面活性剤で落ちる様子で解説します。 界面活性剤が含まれた水

記事を読む

洗剤エキスパート茂木和哉の人気の記事

  • 新製品! 茂木和哉バスタブ用 好評発売中
  • 茂木和哉
カビが生えにくい浴室にする方法!

梅雨の季節は、少しでも油断するとカビがすぐに生えてきます。

バスタブ内側の茶色の汚れにお困りではありませんか?

バスタブ内側の茶色の汚れに、お困りな方はおりませんか?

【プロ必見】手持ちの洗浄剤を少なくするメリットとその方法

清掃業の皆さん、 「現場に持っていく洗浄剤の種類が多くて大変

茂木和哉流!水道代を節約する食器の洗い方!

台所洗剤は、洗浄成分の種類や配合量によって、すすぎの時のヌルヌ

茂木和哉、合成洗剤と中性洗剤の違いについて語る

皆さん、「合成洗剤」と「中性洗剤」の違いをご存知ですか?

→もっと見る

PAGE TOP ↑