ブログ

モコ泡わトイレクリーナーは洗面台掃除に使える!?重曹クレンザーで水垢も落としてみた

nishiyama
のぞみ
のぞみ

こんにちは!のぞみです。

今回は、洗面台の洗面ボウル、排水口、蛇口レバー、蛇口内部のフィルター掃除をしてきます。

洗剤はトイレ用洗浄剤の「モコ泡わトイレクリーナー」、そして重曹を使い、それ以外にもいくつかのお掃除アイテムを使っていきます。どんなお掃除になるのか楽しみにしていてくださいね♪

ちなみに今回参‌考‌に‌し‌た‌の‌は、‌こ‌ち‌ら‌の‌茂‌木‌和‌哉‌(‌‌@motegikazuya‌‌)‌さ‌ん‌の‌YouTube‌動‌画‌で‌す!

https://www.youtube.com/watch?v=W5XY9eMDgIo&feature=youtu.be

目次
  1. 今回のお掃除で使うアイテム紹介
  2. お掃除前の汚れの様子をチェック
  3. 洗面台のお掃除をしてみました
  4. お掃除後の汚れの様子をチェック
  5. 今回のお掃除のポイント
  6. まとめ

今回のお掃除で使うアイテム紹介

まずは今回のお掃除で使うアイテムをご紹介してきます。

1つ目は、トイレ用洗浄剤の「モコ泡わトイレクリーナー」です。

トイレ掃除の洗剤で洗面台掃除……!?と思われるかもしれませんが、実は同じ水回りなので、似た汚れがつくんです。

「モコ泡わトイレクリーナー」の裏面に書いてある、洗剤の特徴を見てみましょう。

裏面には「フチ裏おまかせ!モコモコ密着泡

●モコモコ泡がフチ裏に密着。発酵乳酸がしつこい汚れを溶かして落とします。

●泡がじわじわ広がりながら便器全体まで洗浄。

●銀イオンが黒ズミ・ピンク汚れの原因菌を除菌※。

※泡のかかった範囲を除菌します。すべての菌を除菌するわけではありません。」と書いてあります。

気になるのは、発酵乳酸です。

「モコ泡わトイレクリーナー」は液性が弱酸性ですので、水回りについてしまう水垢を落としてくれるはずです。

水垢は、トイレにも洗面台にもつく汚れですよね。

銀イオンの働きで黒ずみやピンク汚れの原因菌を除菌できる、と書かれています。

元々はトイレ用洗浄剤ですから、除菌効果はかなり期待できそうですね。

また、成分をみると一番上に「界面活性剤(ポリオキシエチレンアルキルエーテル)」とあります。

界面活性剤は皮脂汚れを落としてくれるので、汚れの多い洗面台掃除にはありがたいですね。

「モコ泡わトイレクリーナー」に似ている洗面台掃除アイテムに「マッハ泡バブルーン」という商品があります。

排水口にあてて泡を出すと、配管の中を通って反対側のオーバーフロー管から泡が出てくる、という商品ですね。

同じような泡がでてくるので、「モコ泡わトイレクリーナー」は「マッハ泡バブルーン」と同じように使えるのかどうか、見ていこうと思います!

そして次に紹介するのが、重曹です。

「モコ泡わトイレクリーナー」は弱酸性ですから、軽い水垢であれば落とせるかと思います。

ですが少しガンコになっている水垢は落とせないかもしれないので、ガンコな水垢にクレンザーとして使う重曹を用意しておきました。

重曹をこするときは、ラップで作ったたわしを使います。

そしてこすり洗いと隙間掃除用に、古歯ブラシとヘラを用意します。

ヘラは無印良品さんで買ったものですね!

広い面はこちらのスポンジでこすります。

このスポンジは、無印良品さんの柄付きスポンジについていたスポンジですね。

お掃除のあとは、マイクロファイバークロスで水気をふき取ります。

普通のサイズと大きいサイズの2つ、用意しました!

最後にお掃除ですので、使い捨てのゴム手袋を使います。

いつも使っている、ニトリルゴム手袋の、薄手パウダーフリータイプですね。

お掃除前の汚れの様子をチェック

つぎはお掃除前の汚れの様子を見ていきましょう!

洗面ボウルの右側のフチには、ホコリや髪の毛が乗っています。同じような形になっている左側のフチには、ボトルを置いていた跡も付いていました。

洗面台の突きあたりには、汚れが飛び散っているようです。

蛇口のレバーには、水垢や手垢が目立ちますね。

洗面ボウルの内側で一番汚れているのは、排水口回りです。

黒カビと茶色いヌメリ汚れがついていますね。

排水口の水栓金具には、目立つ水垢がついています。

「モコ泡わトイレクリーナー」である程度の水垢は落とせるかと思いますが、ここまで目立った水垢だと落としきれないかもしれません……!

いつも水栓金具の水あかは、水垢洗剤「茂木和哉」を使って落としています。

今回の重曹クレンザーでどこまで水垢が落とせるのか、楽しみですね~!

そして蛇口の裏面を見ると、黒カビがついていました……!

普段見えない場所なだけにお掃除もしばらくできていませんでした。

はたして、今回のお掃除でどこまでキレイになるのでしょうか~?

洗面台のお掃除をしてみました

それではゴム手袋をして、洗面台掃除を始めていきます。

お掃除は、洗面ボウル→水栓金具→残った水垢落とし、という順番で進めていきますね。

排水口掃除を一番最後にしようかなとも思ったのですが、せっかくキレイにした洗面ボウルに汚れが飛び散ってしまうのもイヤなので……排水口は始めにキレイにしていきます!

パーツ類を水洗い

まずは排水口のパーツ類についている汚れを、かるく水洗いしていきます。

「モコ泡トイレクリーナー」をかけてブラシ洗い

つぎに排水口のパーツ類に、「モコ泡わトイレクリーナー」をかけて行きます。

思ったよりもモコモコの泡がでてきましたね!そのまま古歯ブラシでこすり洗いをしていきましょう。

排水口の内側は、「モコ泡わトイレクリーナー」をシューと入れ込んで洗います。

洗面台掃除用の「マッハ泡バブルーン」でしたら、配管をぐるっと通って右側のフチについているオーバーフロー管から泡がでてくるのですが……今回はでてきません。

おそらく片方の排水口の穴をしっかりふさいで泡をいれないと、圧力がかからないのでしょう。

仕方がないので、オーバーフロー管から直接「モコ泡わトイレクリーナー」を入れていきます。

洗面ボウルをスポンジでこすり洗い

つぎは洗面ボウルをスポンジでこすり洗いしていきます!

「モコ泡わトイレクリーナー」をシューとかけて、スポンジで全体を洗っていきますね。

ちゃんとキレイにするのならいきなり洗剤をかけずにホコリを取ったほうがいいのかもしれませんが、面倒なので今回はホコリ取りはせず一緒に洗っていきます。

洗面台の内側も、「モコ泡わトイレクリーナー」とスポンジで洗っていきます。

一通り洗い終えたら、シャワーで洗剤をすすぎます!

排水口を歯ブラシでこすり洗い

シャワーの水で排水口にかけた洗剤は流れてしまいましたが、まだ汚れがあるので排水口を洗っていきます。

追加で「モコ泡わトイレクリーナー」をかけて、古歯ブラシでこすり洗いをしましょう。

洗剤を流しクロスで水気をふき取る

もう一度シャワーで洗剤を流したら、マイクロファイバークロスで水気をふき取ります

蛇口の汚れをヘラでこすり落とす

つぎは蛇口のお掃除にいきますね。

蛇口の裏面をみると、黒カビと水垢がついています。お掃除用ヘラで落としていきましょう。

今回お掃除をしている洗面台はTOTO製です。

種類によってちがうかもしれませんが……蛇口についているストッパーを引っ張ると、蛇口のヘッドを取り外すことができます。

蛇口のなかにはこのようなフィルターが入っています。

フィルターにも白い水垢がついていたので、カンタンに洗っておきましょう!

蛇口を分解するときは、うっかり排水口のパーツが落ちてしまわないよう、穴はふさいでおいてくださいね。

水栓金具の水垢落とし

最後は水栓金具に残った水垢を落としていきます。

水垢は濡れている状態だと目立たないのですが、マイクロファイバークロスで水気を拭きとり、しばらく乾かしていれば目立ってくるはずです。

重曹が乗りやすいようにほんの少しの水で金具を濡らし、パラパラと重曹をかけます。

ラップを折りたたんでつくったラップたわしで、重曹でこすります。

重曹クレンザーで金具を一面、磨いてみました。

水で重曹を流して水気をふき取ると……どうでしょうか!?かなりキレイになりました。

水垢洗剤の「茂木和哉」を使ったときの方がツヤツヤとキレイに仕上がります。

ですが水栓金具は樹脂メッキで出来ているので、いつものお掃除で洗浄力の高いものを使うと、素材に負担をかけてしまいます。

長い目でみると劣化してしまうかもしれないので、普段のお掃除では重曹クレンザーである程度の水垢を落とすくらいで十分かな、と思います!

全体をすすぎ、仕上げの乾拭き

最後にもう一度洗面ボウルの内側をすすぎ、マイクロファイバークロスで水気をふき取ります。

それぞれのパーツ類を元の場所に戻し、水気が完全になくなったらお掃除完了です!

お掃除後の汚れの様子をチェック

お掃除が終わりましたので、いまの汚れの状態を見ていきましょう。

まずは洗面ボウルの右側のフチです。

ここにはホコリや髪の毛がついていましたが、ツヤツヤとキレイになりましたね♪

そして蛇口のレバーです。

水垢や手垢が目立っていましたが、ここは「モコ泡わトイレクリーナー」だけでキレイに落とせました。

もし水垢が残ってしまったら重曹クレンザーを使うつもりだったのですが、弱酸性の「モコ泡わトイレクリーナー」だけで大丈夫でしたね!

そして蛇口の裏側です。

普段使っているときは見えない場所ですが、今回はしっかりキレイにできました!

そして排水口の金具です。

まだ水気がすこし残っているので水垢は目立ちませんが、お掃除前と比べるとだいぶキレイになりましたね。

もっとキレイに水垢を落とすのであれば、専用洗剤の「茂木和哉」を使うのがおすすめです。

ですがいつものお手入れであれば、重曹でもある程度キレイにできます!

今回のお掃除のポイント

最後に今回のお掃除のポイントをお話していきますね。

用途外での使用は自己責任で

今回はトイレ用洗浄剤の「モコ泡わトイレクリーナー」を使って、洗面台のお掃除をしていきました。

トイレ用洗浄剤は、キッチンシンク、お風呂の排水口、そして洗面台……とあらゆる水回りのお掃除で使えます。

1つの洗剤でいろんな場所をお掃除できれば、あれこれ洗剤を買わなくていいので節約になりますよね!

ぜひ洗剤を買うときは、用途に縛られず、成分や液性といった特徴から選んでもらえたらな、と思います。

ですが今回のようにトイレ用洗浄剤を洗面台掃除に使うのは、用途外になってしまいます。

メーカーさんは想定していない使い方になるので、万が一のことがおきても自己責任となりますね。

今回はそこまで強い洗剤を使っていないのであまり気にする必要はないと思いますが……使うときは素材の傷みや安全面には、配慮しておきましょう!

汚れ落ち重視なら塩素系が効果的

今回お掃除をした排水口には、黒ずみや黒カビが付いていました。

「モコ泡わトイレクリーナー」をかけた後、古歯ブラシでこすることである程度キレイになりましたが……もっとラクに黒ずみ・黒カビを落とすのなら塩素系洗浄剤がおすすめです。

塩素系洗浄剤には、汚れ落としの効果はもちろん、除菌・消臭効果もありますからね!

特に「キッチン泡ハイター」や「カビキラー」のようなスプレータイプの塩素系洗浄剤を使えば、排水口の奥の方まで洗浄液が届いてくれます。

ですが塩素系洗浄剤は、洗浄力が強いので素材が傷むリスクも高くなります。

蛇口や排水口の栓といった金属パーツは、表面加工の仕方によっては塩素で変色してしまうことがあります。

使うときは十分、気を付けてくださいね。

いつもと違う角度から見てみよう

また、今回は蛇口の裏や内側のフィルターもお掃除していきました。

ひっくり返して裏側を見たり、分解しないと汚れに気がつかない場所ではありますが……汚れをほったらかしにしていると、どんどんガンコになってしまいます。

なのでたまには、いつもと違う角度から汚れチェックをしてみてくださいね!

意外な場所に汚れがついているかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、洗面台の洗面ボウル、排水口、蛇口レバー、蛇口内部のフィルター掃除をしていきました。

メインで使ったのはトイレ用洗浄剤の「モコ泡わトイレクリーナー」でしたが、意外とキレイに汚れが落ちましたね!みなさんもぜひ試してみてください!

また、YouTubeチャンネル「のぞみのお掃除講座」では、お掃除にまつわるいろんな情報をお届けしています。

こちらの動画もみてもらえると嬉しいです!

さらに自分にあったお掃除法を見つけたいという方は、「汚れ落とし研究家 茂木和哉のラクラク掃除術」を読んでみてくださいね。

茂木さんがお掃除ノウハウを、わかりやすくまとめてくれていますよ~!

created by Rinker
¥1,540 (2024/06/22 10:33:42時点 Amazon調べ-詳細)

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました。

またお会いしましょう~♪

ABOUT ME
茂木和哉
茂木和哉
汚れ落とし研究家
1975年秋田県生まれ。20歳で温泉浴場清掃をバイトで経験。21歳で工業薬品や業務用洗剤の販売会社に就職。30歳で洗剤メーカーに転職し、1年後の秋田で独立。 独学で掃除と洗剤作りを学び、秋田からパソコン1つで情報発信を始め、自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」を大ヒットさせる。現在ではシリーズ展開させ全国のお店に並ぶまでに。 汚れ落とし人生で得たノウハウを惜しみなく伝えるYouTubeチャンネル「茂木流掃除講座」は、チャンネル登録数30万を超える。
記事URLをコピーしました