*

油汚れを楽に落とすための洗浄剤選び

spray-315164_1280

油汚れは、界面活性剤が含まれている洗剤を使わなくてもアルカリ性の洗剤であれば油汚れを落とす事が出来ます。

むしろ、アルカリ度の強さによっては、
界面活性剤が含まれた洗剤よりアルカリ性の洗剤の方が汚れ落ちは上です。

例えば、
・重曹水
・セスキ炭酸ソーダ水
・アルカリ電解水
は、アルカリ性だから油汚れが落ちるのです。

もちろん、アルカリ度が強くなればなるほど
洗浄力は高くなりますが刺激も強くなります。

アルカリ性の洗浄剤で最近よく使われるのが、アルカリ電解水や重曹水、セスキ炭酸ソーダ水です。

これら洗浄剤の売りは、なんと言っても安全性の高さです。

安全だと言われる理由は、アルカリ度が強すぎないからです。

逆に考えれば、アルカリ度が強すぎない分、
洗浄力はそれほど強くありません。

なのでレンジまわりの頑固な油汚れの掃除に、それら洗浄剤では一苦労するわけです。

レンジまわりの頑固な油汚れを落としたいのなら、
もっとアルカリ度が強くなればなりません。

できればpH13以上のアルカリ度は欲しいところです。

私がレンジまわりの油汚れ用洗浄剤として開発した
なまはげは、pH13.1です。

重曹水 pH8.2
セスキ炭酸ソーダ水 pH9.8
アルカリ電解水 pH12.5
なので、pHの強さから見てもなまはげの洗浄力が高いことがお分かりになると思います。

もちろんもっとアルカリ度が強ければ、洗浄力が高くなります。

しかし、これ以上強くしてしまうと一般向けの洗剤としては、
ちょっと危険すぎるものになってしまいます。

なので、なまはげはpHは、これ以上あげずに
溶剤と界面活性剤を配合することで洗浄力をより高めています。

重曹水やセスキ炭酸ソーダ水、アルカリ電解水は、
アルカリの働きのみで落とすのに対し、なまはげは、
アルカリの働きに加え、溶剤と界面活性剤の働きで油汚れを落とすのです。

だからなまはげは、油汚れに対して桁違いに洗浄力が高いのです。

namahage_click

 

The following two tabs change content below.
茂木 和哉

茂木 和哉

洗剤に自分の名前をつけてしまうほどの洗剤オタクです。 住まいのお掃除に役立つ情報から、清掃業者さんのスキルアップに役立つ情報まで、汚れ落としに関する情報を発信しています。 汚れ落としに関するご相談もお気軽にどうぞ。

茂木和哉 YouTube
茂木和哉 Instagram
茂木和哉 Facebook
茂木和哉 Twitter
きれい研究所公式サイト

関連の記事。こちらもどうぞ

洗剤エキスパートが、洗剤・石けんの疑問にお答えします!

【泡立ちが良い洗剤ほど汚れ落ちが良いのか?】 泡立ちは関係ありません。 洗剤の主

記事を読む

アルカリ性電解水の真実

お掃除用の万能洗剤として、 最近よく知られるようになた 「アルカリ性電解水」 もう

記事を読む

酸素系漂白剤とは?

酸素系漂白剤とは、 酸素の酸化力を利用して汚れを分解する漂白剤です。 最も多くな特徴

記事を読む

漂白剤とは?

洗濯では落としきれないシミや汚れの色を 分解し無くしてくれるものです。 漂白剤は大き

記事を読む

no image

合成洗剤と中性洗剤の違い

同じ意味のように思われる合成洗剤と中性洗剤ですが、 実は違うのです。 その違いを詳しく説明し

記事を読む

洗剤エキスパート茂木和哉の人気の記事

  • 新製品! 茂木和哉バスタブ用 ご予約受付中
  • 茂木和哉
硬水と軟水、掃除にはどっちが有利なの?

  硬水と軟水を語る上で外せないのが「硬度」で

猫のマーキング臭にお困りではないですか?

猫の飼い主の皆さん、猫のおしっこの臭いに、お困りではありません

犬の食器洗いの問題点

犬の飼い主の皆さんなら、日々洗っている「犬の食器」 実は、犬

茂木和哉第二弾!茂木和哉バスタブ用がいよいよ登場!

水垢洗剤「茂木和哉」が発売されてから早いもので3年以上が経ちま

「茂木和哉バスタブ用」を新発売

2017年2月27日 きれい研究所株式会社 バスタブの頑固な汚

→もっと見る

PAGE TOP ↑