のぞみの記事

【検証テスト】バスタブについたガンコな「銅石鹸」はハイドロハイターで落とせるのか!?【掃除術】

のぞみ

こんにちは!のぞみです。

皆さんは「銅石鹸」という汚れをご存じですか?

下記の画像の赤丸で囲まれた部分にあるような…、

青っぽいライン上の汚れが銅石鹸になります…

実はこの銅石鹸、とてもガンコな汚れなのですが、今回はこの汚れを、花王(kao)の「ハイドロハイター」で落とすことができるか、検証していきたいと思います!

因みに参考にするのは…
こちらの茂木和哉(@motegikazuya)のYouTube動画です↓

銅石鹸とは

まず今回落としたい汚れである銅石鹸に関する情報をまとめておきましょう

2種類の銅石鹸

銅石鹸とは、その名の通り銅が原因で発生している汚れです
例えば風呂釜の素材に銅管を使っていて、銅がバスタブに溶け出すと発生することがあります
逆に言うと、銅が溶けださない状況にあるバスタブでは発生しません

またこの銅石鹸には…、
銅と皮脂が反応してできた銅石鹸
銅と水道水に含まれるミネラル分が反応してできた銅石鹸
の2種類が存在します
そして特に後者の銅石鹸は非常に厄介な汚れとなっています

銅石鹸の対処法

先述した通り銅石鹸には2つの種類がありますが、それぞれの汚れを落とすには別々の洗浄剤を使う必要があります

まず銅と皮脂が反応してできた銅石鹸を落とすのに必要なのは…、

こちらの「強力カビハイター」です!
やはり色付き汚れを落とすには塩素系漂白剤が適任ですね♪

ただし銅と水道水に含まれるミネラル分が反応してできた銅石鹸を落とす場合は「還元剤」を使う必要があります
還元剤とはサビた、つまり酸化した金属を元に戻すための洗浄剤ですね
そしてミネラル分と反応した銅石鹸を落とす際私がいつも使っているのが、茂木和哉シリーズの「サビ落とし」です

こちらはその名の通りサビを落とせる還元剤の一種で、これまでは他の洗剤は使ったことがありませんでした

ということで今回は新たな試みとして、サビ落としと同じ還元剤であるハイドロハイター」を使って、どのくらい汚れが落ちるかテストしてみるという企画です♪

ハイドロハイターで銅石鹸落としてみた(?)

では早速銅石鹸をハイドロハイターで落としていきます!
がしかし、まずは銅石鹸のうち銅と皮脂が反応してできた銅石鹸の方を先に落としておきましょう

強力カビハイターで洗浄

先述の通り、銅と皮脂が反応してできた銅石鹸を落とすには塩素系漂白剤が必要です

方法は簡単で、強力カビハイターをバスタブに適量スプレーしたのち…、

このようにバスブラシなどで塗り広げ、15分ほど放置するだけです

放置後、青い汚れは若干薄くなっているようでしたが完全には消えませんでした
やはり水道水のミネラル分と反応してできた厄介な方の銅石鹸も混ざっていたようです

とりあえず強力カビハイターを洗い流し、次の工程へと移りましょう

ハイドロハイターで洗浄テスト

では次に今回のメインテーマである「ハイドロハイターで厄介な方の銅石鹸が落ちるのか」という検証をしていきます!

初めにどのようにしてハイドロハイターを使うかですが、今回は使用量の目安通りに使ってみようと思います
具体的には1Lのお湯(40度)に5gという割合なので、2Lのお湯に10gのハイドロハイターを混ぜて検証してみましょう♪

そして作った溶液をバスブラシ等でバスタブへ塗り広げていき…、

さらにこのように、ハイドロハイター溶液に浸したペーパーを汚れ部分に湿布しておきます!
ペーパーを使わないと放置の際どんどん液が垂れていってしまうので、それに対する打開策ですね

しかしそれから1時間半放置しましたが、銅石鹸は全く落ちませんでした
やはりハイドロハイターでは洗浄力が及ばなかったようです

茂木和哉「サビ落とし」の使用

検証結果は掃除失敗ということで、このままだと銅石鹸がバスタブに残ったままです
よって従来の茂木和哉「サビ落とし」を用いた銅石鹸除去術を施したいと思います!

ただしこれからの内容は素人の方にとってかなりハードルの高い掃除法となるため、基本的にはマネしないようにお願いいたしますm(__)m
参考程度にお読みいただければ幸いです

サビ落としで洗浄

まず先程使用したハイドロハイターの液が残っているといけないので、一旦バスタブをシャワーでしっかり洗い流し、その後水気をクロスで取っておきます

次にバスタブの汚れ部分にサビ落としを適量スプレーし…、

このように手袋をつけた手で直接塗り広げていきます!

そしてそこから30分放置すると…、

画像のようにサビ落としを塗った部分が黒く変色します
これと引き換えに銅石鹸は落ちるのですが、新たに黒い変色という汚れができてしまいました…

ではサビ落としをシャワーで洗い流した後、この黒い変色を復旧させていきます

強力カビハイターで復旧

サビ落としによってできてしまった黒い変色跡
これを復旧させるのに使うのは塩素系漂白剤である「強力カビハイターです!

方法は初めに皮脂と反応した銅石鹸を落としたとき同様、変色部にスプレーしたのちバスブラシで塗り広げ、1時間放置すると…、

なんとさらに黒い変色がひどくなります!
変色を復旧させたいのにより変色がひどくなってしまうのです…

しかしご安心ください
この放置を約3~4時間続ければ…、

この通り、やがて変色は直ります
ただし長時間放置し続けると、強力カビハイターが垂れてしまうので、定期的にスプレーと塗り広げをし直す必要があります…

まとめ

いかがでしたか?
今回はハイドロハイターで銅石鹸を落とすことができるか検証してみました!
結果は掃除失敗でしたがね…

なお最後に紹介した茂木和哉「サビ落とし」による銅石鹸の掃除法ですが、先述した通り素人の方にはおすすめしません!
読んでいただいてお分かりの通り、黒く変色してしまうことや、それを復旧する過程でより変色が増してしまうこと、また単純に放置時間が長すぎることなどが大きな障害です

よってもしどうしても銅石鹸が落ちないという場合は、プロの清掃業者かバスタブのメーカーに問い合わせることをおすすめしますm(__)m

ではご精読ありがとうございました!
またお会いしましょう♪

汚れ落とし研究家
茂木和哉@motegikazuya
汚れ落とし一筋24年。掃除が得意な洗剤開発者。 自分で作った洗剤を、秋田にいながらパソコン1つで情報発信を始め、現在は全国のお店に並ぶまでに。 自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」は、150万本以上販売。 洗剤の製造販売の他に、YouTubeとSNSで掃除術を日々発信中。
\ Follow me /