のぞみの記事

【超簡単!】茂木流 素材が傷めないシロッコファン掃除法!【掃除術】

のぞみ

こんにちは!のぞみです。

今回は久々にレンジフードのシロッコファンを掃除していこうと思います!

ということでまずは整流板とフィルーターを外し、

中からシロッコファンを取り出します

ただ取り出してみると…、

このように表側のひだの部分にぽつぽつとした跡がありました
これは汚れではなく、以前に酸素系漂白剤でシロッコファンを掃除した際についた焼けの跡です

そこで今回は、このような焼けを残さない素材に優しいシロッコファン掃除をテーマに、汚れ落としをしていこうと思います!

因みに参考にするのは…
こちらの茂木和哉(@motegikazuya)のYouTube動画です↓

自作のこそげ取り棒!

まず掃除の手順として、ひだの内側に溜まった油汚れを落としていきたいです
ただし普通のスポンジやブラシだとこそげ落とすのが少々大変なので、今回は自作のこそげ落とし棒を作っていこうと思います!

作り方

こそげ取り棒を作るために必要なのは…
ハサミ
ペットボトル
割り箸
セロハンテープ
の4つです!

まずハサミでペットボトルを切っていき、

幅3㎜~5㎜程度のプラスチック片を2つ切り取ります
できるだけ凹凸のない滑らかなプラスチック片がいいので、使うペットボトルも凹凸のないものを使った方がいいでしょう

そして切り取ったプラスチックを割った割り箸の先端にセロハンテープを使って取り付けていきます

このように先端に小さな輪っかを作る感じで貼り付けてください
なおプラスチック片の長さは、後で貼り付ける関係上少し長めにしておいた方がいいと思われます

使い方

では早速作ったこそげ落とし棒を使って、シロッコファンのひだの内側に溜まった油汚れを落としていきましょう♪

やり方は簡単で、内側のひだにプラスチックの輪っか部分を当ててこそげ落としていくだけです!

とても楽ですし、みるみるうちに汚れも落ちていくのでおすすめですよ♪

最近はアルミ製のシロッコファンが多いこともあり、油汚れに特化したアルカリ性の洗剤が使えないこともしばしば
よってこのような簡単に作ることができて、汚れ落としも楽なこそげ落とし棒はとても重宝します!

浸け置き&ブラッシング洗浄

こそげ落とし棒でかなり油汚れも落ちましたが、まだこびりついた汚れが残っています
これらはこそげ落とすのではなく、汚れを浮かせてブラッシングして落としていきましょう♪

浸け置き

ガンコなこびりつき汚れを浮かせるためには浸け置き洗浄がもってこいです!

まずは大きめのバケツを用意し、そこにシロッコファンと、ファンが浸るようにお湯と中性洗剤を入れ…、

この状態で30分ほど放置します
お湯の熱と界面活性剤の働きで汚れを浮かす作戦ですね♪

なお動画内では中性洗剤として食器用洗剤を入れていました
ただし食器用洗剤の中には弱アルカリ性のものもあるため、基本的には大丈夫だと思いますが、気になる方は中性の食器用洗剤をご使用くださいm(__)m

ブラッシング

最後に仕上げとして、放置洗浄によって浮いてきた油汚れをブラッシングで落としていきます!

もちろん古歯ブラシなどでも代用は聞きますが、掃除に特化したチャンネルブラシの方がよりやりやすいと思います♪
また画像のようにブラッシングしている部分をお湯につけておいた方が、ブラシに油汚れが溜まりづらく、汚れ落としをしやすいのでおすすめです♪
チャンネルブラシでも落としにくい場合は、綿棒で擦るといいでしょう

そして最終的な洗い上がりは…、

このようにとっても綺麗になりました!

まとめ

いかがでしたか?
今回は自作のこそげ落とし棒や、浸け置き洗浄を使ったシロッコファンの安全な掃除方法について紹介してきました!

やはりアルミ製が多いシロッコファンの汚れを安全に落とすには、それなりの工夫が必要ですね♪
ただしこの記事や動画を参考にしていただければ、とても簡単で、かつ洗い上がりが綺麗なシロッコファン掃除ができるため、是非チャレンジしていただきたいです!

ではご精読ありがとうございました!
またお会いしましょう♪

汚れ落とし研究家
茂木和哉@motegikazuya
汚れ落とし一筋24年。掃除が得意な洗剤開発者。 自分で作った洗剤を、秋田にいながらパソコン1つで情報発信を始め、現在は全国のお店に並ぶまでに。 自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」は、150万本以上販売。 洗剤の製造販売の他に、YouTubeとSNSで掃除術を日々発信中。
\ Follow me /