のぞみの記事

簡単・ボトルを見るだけ!洗濯洗剤の洗浄力をチェックする方法

のぞみ

こんにちは、のぞみです。

洗濯洗剤ってホントにいろんなメーカーさんから出ていますよね。お店に行くとどれを買えばいいのやら……?と悩んでしまいます。

そこで今回は、ボトルをみるだけで洗濯洗剤の洗浄力をカンタンに調べる方法をご紹介して、実際に大手3社の洗剤を比べてみたいと思います!

ちなみに今回参‌考‌に‌し‌た‌の‌は、‌こ‌ち‌ら‌の‌茂‌木‌和‌哉‌(‌‌@motegikazuya‌‌)‌さ‌ん‌の‌YouTube‌動‌画‌で‌す。‌

今回の洗濯洗剤洗浄力チェック法は、茂木さんがお店で並んでいる状態でもわかるようにと考えたものです。

目安であって、実際の洗浄力を保証するものではありません。

あくまで洗剤を見る視点の一つとして参考にしてくださいね!

ボトルを見るだけでわかる!洗濯洗剤の洗浄力チェック法

洗剤のボトルに書いてある成分や特徴をみても、正直よくわからない……ということ、よくありませんか?

わたしも洗剤について勉強するまでは「成分がいっぱい入っている方がなんか汚れが落ちそう!」と思っていました……。

たくさんの洗剤をくらべるときは、液性と成分を得点にしてみましょう!

その得点のつけ方をご紹介していきます♪

①液性ポイント

洗剤にはアルカリ性、弱アルカリ性、中性、弱酸性、酸性といった液性があります。

アルカリ度が高いほうが皮脂汚れを落としやすく、中性は衣類をいためにくいという特性がありますね♪

洗濯洗剤の多くは、弱アルカリ性か中性です。

アルカリ度が高い方が洗浄力が高くなるのですが、大手3社から出ている洗濯洗剤のなかにアルカリ性の洗濯洗剤はありません。

なので今回の洗浄力チェックでは「液性が弱アルカリ性なら1ポイント、液性が中性なら0ポイント」と考えてみましょう!

②界面活性剤ポイント

皮脂汚れを落とすものはアルカリだけではありません。身近なのはやっぱり、界面活性剤ですね!

界面活性剤なしでは洗濯洗剤は語れません……!

でも界面活性剤は本当にいろんな種類があって、考え方が特に難しいんです。

茂木さんも今回、界面活性剤ポイントをどう計算するかでかなり悩まれたようです。

そこで計算方法は「アニオン界面活性剤が配合されていれば2ポイント、ノニオン界面活性剤が配合されていれば1ポイント」とします。

ですがここでまた一つ問題が……!

洗濯洗剤のほとんどは、いろんな種類の界面活性剤を配合しています。

たとえば、界面活性剤の濃度は30%でも

洗濯洗剤Aはアニオン界面活性剤を1種類だけ配合

洗濯洗剤Bはアニオン界面活性剤を2種類、ノニオン界面活性剤を2種類の合計4種類配合している

ということがあります。

この場合、界面活性剤をたくさんの種類使っている洗濯洗剤Bのポイントが高くなってしまいますね。

でも本当に洗浄力が高いのは、アニオン界面活性剤だけを使っている洗濯洗剤Aのはずです。

ということで、ここは平均点で考えてみます!

「界面活性剤のポイントをすべて足したあと、種類の数で割る」というルールにしてみました。

つまり

洗濯洗剤Aはアニオン界面活性剤(2点)を1種類配合なので、2÷1=2ポイント

洗濯洗剤Bはアニオン界面活性剤を2種類(2点×2)、ノニオン界面活性剤を2種類(1点×2)で合計6ポイント。4種類配合なので、6÷4=1.5ポイント

といった計算ですね!

ちょっと計算が面倒ですが……洗浄力を考えるには良い考え方なのではないかと思います!

③その他の成分ポイント

そして、汚れ落ちに関わるのは界面活性剤だけではありません。

洗濯洗剤によく含まれている成分も、それぞれポイントに追加してみようと思います。

追加する成分は、この5つです!

酵素:0.5ポイント

漂白剤:0.5ポイント

蛍光増白剤:0.5ポイント

分散剤:0.5ポイント

再汚染防止剤:0.5ポイント

※再汚染防止剤は分散剤と似ているのですが、ここでは分けて計算します。

以上の①液性ポイント、②界面活性剤ポイント、③その他の成分ポイントの3つを合計して、点数が高い方が洗浄力が高い洗濯洗剤と言えます。

これならボトルを見るだけでわかるので、お店でもわかりますね!

洗浄力チェックをする大手3社の洗濯洗剤

それではご紹介した洗濯洗剤洗浄力チェック法を使って、実際に市販されている洗剤をみてみましょう。

今回調べる、花王、P&G,ライオン3社の洗濯洗剤はこちら。

花王さんからは「アタックゼロ」「アタック3X」「アタック抗菌EXスーパークリアジェル」、P&Gさんからは「アリエールプロクリーン」「ボールド」「さらさ」、そしてライオンさんからは「スーパーナノックス青」「ハレタ!」「トップクリアリキッド」とそれぞれ3つずつエントリーしてもらいました。

どれもお店やコマーシャルで見かける洗濯洗剤ですよね!

「アタックゼロ」と「ボールド」は2020年ごろにリニューアルされているようです。今回は新しいほうをチェックしていきます。

一番の注目は、最近P&Gさんから出た「アリエールプロクリーン」です。

もともと洗浄力が高い洗剤を作るメーカーさんですし、新商品ということもあって期待しています。

そして最近流行っている濃縮タイプ洗剤は「スーパーナノックス青」と「アタックゼロ」の2つです。

どっちにしようか迷っている方も多いのではないでしょうか?

一体どんな結果がでるのでしょうか?わたしもドキドキしてきました!

花王の洗濯洗剤の洗浄力を成分からチェック

「アタックゼロ」の洗浄力は?

1つ目は「アタックゼロ」です。今回は縦型洗濯機タイプとドラム式洗濯機タイプとがありますが、今回はドラム式洗濯機タイプのを見ていきます。

「アタックゼロ」は一度リニューアルされていて、新しい方を用意しました。

①液性ポイントは中性なので0ポイントです。

②界面活性剤ポイントをみていきます。

高級アルコール系(非イオン)はノニオン界面活性剤なので1ポイント、ヒドロキシアルカンスルホン酸塩はアニオン界面活性剤なので2ポイント、脂肪酸塩(陰イオン)はアニオン界面活性剤なので2ポイント、高級アルコール系(陰イオン)はアニオン界面活性剤なので2ポイントです。

界面活性剤が合計7ポイント、4種類入っていましたので、7÷4で1.7ポイントです。

ちなみに3番目に出てきた「脂肪酸塩」というのは石鹸のことですね。

③その他の成分ポイントは、分散剤、と酵素が入っています。0.5×2で1ポイントです。

「アタックゼロ」の①液性ポイント、②界面活性剤ポイント、③その他の成分ポイントの3つを合計すると……0+1.75+1で2.75ポイントです!

「アタック3X」の洗浄力は?

つぎは「アタック3X」を見ていきます。

①液性ポイントは、弱アルカリ性なので1ポイントです。

②界面活性剤ポイントをみていきます。

高級アルコール系(非イオン)はノニオン界面活性剤なので1ポイントです。

「アタック3X」には1種類しか界面活性剤が記載されていませんので、そのまま1ポイントとなります。

もちろん、ボトルに記載されていない界面活性剤もあります。家庭用品品質表示法では1%以下しか配合されていない成分はボトルに表記しなくても良いとされているので、配合割合が少ないものは表記されていないことがあります。

公式WEBサイトを見れば1%以下の成分もきちんと書かれていることがあるのですが、そこまでチェックするとなると時間がかかります。

今回は、お店もですぐにわかるように、ということでボトルに記載されている成分だけを見ていこうと思います。

③その他の成分ポイントは、酵素と蛍光増白剤がありますので1ポイントです。

「アタック3X」の①液性ポイント②界面活性剤ポイント③その他の成分ポイントを合計すると……1+1+1で3ポイントです!

「アタック抗菌EXスーパークリアジェル」の洗浄力は?

つぎは「アタック抗菌EXスーパークリアジェル」を見ていきましょう。

①液性ポイントは、弱アルカリ性なので1ポイントです。

②界面活性剤ポイントをみていきます。

高級アルコール系(非イオン)はノニオン界面活性剤なので1ポイントです。

「アタック抗菌EXスーパークリアジェル」も1種類しか界面活性剤が記載されていませんでした。

③その他の成分ポイントは、酵素と蛍光増白剤がありますので1ポイントです。

「アタック抗菌EXスーパークリアジェル」の①液性ポイント②界面活性剤ポイント③その他の成分ポイントを合計すると、1+1+1で3ポイントです!

どうやら「アタック3X」と「アタック抗菌EXスーパークリアジェル」は、成分はほとんど同じのようですね。

P&Gの洗濯洗剤の洗浄力を成分からチェック

「アリエールプロクリーン」の洗浄力は?

さて、次はP&Gさんの「アリエールプロクリーン」を見ていきます。

①液性ポイントは、弱アルカリ性なので1ポイントです。

②界面活性剤ポイントは

直鎖アルキルベンゼンスルホン酸塩はアニオン界面活性剤なので2ポイント

ポリオキシエチレンアルキルエーテルはノニオン界面活性剤なので1ポイントです。

合計3ポイント、2種類配合されていたので、3÷2=1.5ポイントです。

③その他の成分ポイントは、分散剤、蛍光増白剤があるので1ポイントです。

「アリエールプロクリーン」の①液性ポイント②界面活性剤ポイント③その他の成分ポイントを合計すると……1+1.5+1で3.5ポイントです!

「ボールド」の洗浄力は?

つぎは「ボールド」を見ていきましょう。

①液性ポイントは、弱アルカリ性なので1ポイントです。

ちなみにリニューアル前の「ボールド」は中性でした。リニューアルされてさらに洗浄力が上がったんですね!

②界面活性剤ポイントは

アルキルエーテル硫酸エステル塩はアニオン界面活性剤なので2ポイント

ポリオキシエチレンアルキルエーテルはノニオン界面活性剤ですので1ポイント

純石鹸分はアニオン界面活性剤で2ポイントです。

合計5ポイント、3種類あったので四捨五入して1.67ポイントです。

③その他の成分ポイントは酵素があるので、0.5ポイントです。

「ボールド」の①液性ポイント②界面活性剤ポイント③その他の成分ポイントを合計すると……1+1.67+0・5で3.17ポイントです!

「さらさ」の洗浄力は?

P&Gの最後は「さらさ」を見ていきましょう。

①液性ポイントは、中性なので0ポイントです。

②界面活性剤ポイントは

アルキルエーテル硫酸エステル塩、これはアニオン界面活性剤ですので2ポイント

ポリオキシエチレンアルキルエーテルはノニオン界面活性剤なので1ポイント

純石鹸分はアニオン界面活性剤で2ポイント

直鎖アルキルベンゼンスルホン酸塩はアニオン界面活性剤なので2ポイント

合計7ポイント、4種類あったので四捨五入して1.75ポイントです。

③その他の成分ポイントは、酵素があるので0.5ポイントです。

「さらさ」の①液性ポイント②界面活性剤ポイント③その他の成分ポイントを合計すると……0+1.75+0.5で2.25ポイントです!

ライオンの洗濯洗剤の洗浄力を成分からチェック

「スーパーナノックス青」の洗浄力は?

さて、続いてライオンさんの「スーパーナノックス青」を見ていきます。

「スーパーナノックス」には青と紫があって、青が洗浄力特化、緑が消臭特化と分けられています。

今回は洗浄力をみるものですので、青のほうを用意しました!

①液性ポイントは、中性なので0ポイントです。

②界面活性剤ポイントは

ポリオキシエチレン脂肪酸メチルエステルはノニオン界面活性剤で1ポイント

ポリオキシエチレンアルキルエーテルはノニオン界面活性剤なので1ポイント

直鎖アルキルベンゼンスルホン酸塩はアニオン界面活性剤なので2ポイント

アルキルエーテル硫酸エステル塩、これはアニオン界面活性剤なので2ポイントです

ここで一つ、聞きなれない界面活性剤がありましたね。

1番目に出てきたポリオキシエチレン脂肪酸メチルエステルという界面活性剤は、ライオンが独自に開発している界面活性剤です。

ライオンのWEBサイト情報によると「ノニオンの一般的な界面活性剤よりも、洗浄力が高い界面活性剤」と書かれています。

他のノニオン界面活性剤と同じように1ポイントとしていいのか迷うところなのですが……簡単に調べる方法、ということなので1ポイントとして考えることにします!

界面活性剤ポイントは合計6ポイント、4種類あったので1.5ポイントです。

③その他の成分ポイントは再汚染防止剤と酵素があるので、1ポイントです。

「スーパーナノックス青」の①液性ポイント②界面活性剤ポイント③その他の成分ポイントを合計すると……0+1.5+1で2.5ポイントです!

「ハレタ!」の洗浄力は?

次は「ハレタ!」を見ていきます。

①液性ポイントは、中性なので0ポイントです。

②界面活性剤ポイントは

直鎖アルキルベンゼンスルホン酸塩はアニオン界面活性剤で2ポイント

ポリオキシエチレンアルキルエーテルはノニオン界面活性剤で1ポイント

ポリオキシエチレン脂肪酸メチルエステル(※ライオン独自開発の界面活性剤)はノニオン界面活性剤ですので1ポイントです。

合計4ポイント、3種類あったので四捨五入して1.33ポイントです。

③その他の成分ポイントは、特に何も入っていないので0ポイントです。

「ハレタ!」の①液性ポイント②界面活性剤ポイント③その他の成分ポイントを合計すると……0+1.33+0で1.33ポイントです!

「トップクリアリキッド」の洗浄力は?

最後は「トップクリアリキッド」を見ていきましょう!

①液性ポイントは、弱アルカリなので1ポイントです。

②界面活性剤ポイントは

ポリオキシエチレンアルキルエーテルはノニオン界面活性剤で1ポイント

直鎖アルキルベンゼンスルホン酸塩はアニオン界面活性剤なので2ポイント

合計3ポイント、2種類あったので1.5ポイントです。

③その他の成分ポイントは、酵素が入っているので0.5ポイントです。

「トップクリアリキッド」の①液性ポイント②界面活性剤ポイント③その他の成分ポイントを合計すると……1+1.5+0.5で3ポイントです!

洗濯洗剤9種類の点数をまとめてみると……

さて、大手3社の洗濯洗剤の洗浄力チェックが終わりました。

ここまでの得点を一覧にしてみましょう。

「アタックゼロ」:2.75ポイント

「アタック3X」3ポイント

「アタック抗菌EXスーパークリアジェル」3ポイント

「アリエールプロクリーン」3.5ポイント

「ボールド」3.17ポイント

「さらさ」2.25ポイント

「スーパーナノックス青」2.5ポイント

「ハレタ!」1.33ポイント

「トップクリアリキッド」3ポイント

となりました!

洗浄力得点が一番高いのは、P&Gさんの「アリエールプロクリーン」の3.5ポイントですね。

P&Gさんは洗浄力が高い洗剤を作るので、上位に来るかなと思っていました。

P&Gのなかでもアリエールシリーズはは特に洗浄力が高いシリーズですし、「アリエールプロクリーン」は最新の洗濯洗剤です。

なのでこのなかで洗浄力が一番高い、という結果もうなずけます。

そして2位は、同じくP&Gさんの「ボールド」でした。

モデルチェンジをして弱アルカリ性になったので、洗浄力ポイントも高くなったようです。

濃縮洗剤同士でよく比較されている「アタックゼロ」と「スーパーナノックス青」はどうでしょうか?

「アタックゼロ」は2.75ポイント、「スーパーナノックス青」は2.5ポイントとわずかに「アタックゼロ」の洗浄力ポイントが高くなりました。

「スーパーナノックス青」のほうが洗浄力が高いイメージがあったので、ちょっと意外です。

また、総合的にみてライオンさんの洗浄力ポイントが他社さんに比べて低くなっているように感じます。

ライオンさんの洗濯洗剤3つのうち、「スーパーナノックス青」と「ハレタ!」の2つではライオン独自開発の界面活性剤であるポリオキシエチレン脂肪酸メチルエステルを使っていましたね。

分類としてはノニオン界面活性剤なので1ポイントとして計算しましたが、アニオン界面活性剤と同じように2ポイント……そこまでいかなくても1.5ポイントくらいで計算をしてもよかったかもしれません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は洗濯洗剤の洗浄力をカンタンにチェックする方法をご紹介しました!

あくまで考え方の一つなので、まだまだ改善できそうな気もしています。

でもパッケージに書いてある言葉に惑わされず、本当の洗浄力を知るにはいい指標なのでは?とも思います!

もしお店に行ったとき、どれを買おうかな?と迷ったらこの方法を思い出してみてくださいね。

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました。

またお会いしましょう~♪

汚れ落とし研究家
茂木和哉@motegikazuya
独学で掃除と洗剤作りを学び、秋田からパソコン1つで情報発信を始め、自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」を大ヒットさせる。 現在ではシリーズ展開させ全国のお店に並ぶまでに。 汚れ落とし歴27年で得たノウハウを惜しみなく伝えるYouTubeチャンネル「茂木流掃除術」は、チャンネル登録数27万を超える。
\ Follow me /