のぞみの記事

【実践!】茂木流 お風呂のコーキングに生えた黒カビをラクに根こそぎ落とす方法!【掃除術】

のぞみ

こんにちは!のぞみです。

お掃除大好きな私ですが、あろうことかまたお風呂場のカビ洗浄をサボってしまいました…
その結果このように…、

コーキングに黒カビが生えてしまいました(バスタブの壁面にもちらほら黒カビのぽつぽつが見えますね)

よって今回はこのコーキングにできてしまった黒カビをしっかり除去していきたいと思います!

因みに参考にするのは…
こちらの茂木和哉(@motegikazuya)のYouTube動画です↓

実践!コーキングの黒カビ落とし

では早速黒カビ落としをやっていこうと思いますが、初めに今回使う洗剤について簡単に紹介しておきます♪

使う洗剤

そもそものお話ですが、このような黒カビは塩素系の漂白剤でないと落とせません!
よって今回も塩素系漂白剤を使うのですが、使用するのは茂木和哉シリーズの「カビとりジェルスプレー」です!

created by Rinker
茂木和哉
¥907 (2021/12/03 03:50:53時点 Amazon調べ-詳細)

こちらは名前の通りジェルタイプのカビ取り剤となっており、液垂れの心配がありません
なので黒カビ汚れと漂白剤の洗浄成分がしっかり密着し、綺麗にしてくれるのです!

黒カビ汚れ落とし

使う洗剤の紹介も終わったところで、カビ落としに入っていきましょう!
まず手袋をしっかりとはめ、換気をしつつ、壁やコーキングに向かってカビとりジェルスプレーを適量吹きつけます

上の画像のように手で塗り広げると量の節約につながるためおすすめです♪
(ただし汚れがひどい部分に関しては薄く塗り広げてしまうと効果が薄れるので、汚れの濃さに合わせて漂白剤の量も調整しましょう)

そしてこの状態で30分ほど放置します
なお放置の際は換気扇を切っておくとより良いでしょう(洗浄成分が乾いてしまうのを防ぐためです)
放置後、シャワーで流すと…、

この通り!
元々あった黒カビが嘘のように綺麗になっていました♪

備考:他の洗剤を使う場合

紹介した通り「カビとりジェルスプレー」はかなり性能のいい洗剤です
ただしかなり高価で、コストがかさむというデメリットもあります

もし高い洗剤を買うのが億劫であったり、元々あった他の塩素系漂白剤を使い切りたいと思っていたりする場合は、少々工夫を凝らした黒カビ洗浄が必要です
簡単に言うと、液垂れを防ぐべくペーパーによる湿布を行うのですが、その辺りの詳細な内容については以下の記事にまとめてありますので、併せてお読みくださいm(__)m

まとめ

いかがでしたか?
今回はお風呂場のコーキングに生えたガンコな黒カビ汚れについて、これの落とし方を紹介してきました!

なお今回紹介した「カビとりジェルスプレー」とその他の液状の塩素系漂白剤の違いですが、正直どちらもおすすめです
多少コストがかさんでも楽に落としたいという場合はカビとりジェルスプレー、多少手間がかかってもコスパ重視で考えるならペーパーによる湿布をするとよいでしょう

ではご精読ありがとうございました!
またお会いしましょう♪

汚れ落とし研究家
茂木和哉@motegikazuya
汚れ落とし一筋24年。掃除が得意な洗剤開発者。 自分で作った洗剤を、秋田にいながらパソコン1つで情報発信を始め、現在は全国のお店に並ぶまでに。 自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」は、150万本以上販売。 洗剤の製造販売の他に、YouTubeとSNSで掃除術を日々発信中。
\ Follow me /