お悩み相談

クエン酸でお風呂の水垢はどうやって落とすの?

のぞみ

こんにちは!のぞみです♪

「樹脂製のお風呂の床って掃除しにくい」

「擦って洗っても水垢がキレイに取れない」

そんなお風呂掃除の悩みを抱えている方も少なくありません。

最近のお風呂は樹脂製のものが多く擦り洗いをしてもキレイになりにくいですよね。

もっときれいなお風呂場にしたい方にとっては悩みの種ではないでしょうか。

そこで今回も「茂木和哉のお掃除お悩み相談室」から参考になるお掃除方法をご紹介していきたいと思います!

参考にするのは、こちらの茂木和哉(@motegikazuya)のYouTube動画です↓

お風呂の床の白い水垢を取る方法は?

質問者さん

お風呂の床(リクシル)に白い結晶化したような水垢がどうしてもとれません。

毎日お風呂にはいった後すぐに掃除をしていて他の箇所はカビも水垢も全くありません。何度もいろんな洗剤で試しましたがどうしてもとれません。

茂木和哉

水垢を落とす方法は・・・

1、酸で溶かして落とす

2、擦って落とす

この2つの方法があります!

水垢を落とす方法は2つあります。

1つめは酸で溶かして落とす方法、そして2つめは擦って落とす方法です。

リクシルのバスタブの床を詳しくは知らないのですが、たぶん樹脂製でツルツルしていない素材なので研磨して落すのは不向きなのかなと思います。

そうなると残されるのは酸で落とすという方法です。

基本はやっぱりクエン酸!クエン酸で落とす方法

1、お湯でクエン酸を40倍に希釈

キッチンスケールの上に空の洗剤ボトルを用意します。

バスマジックリンなど洗剤が空になたスプレーの容器を捨てずにとっておいて使うのでも大丈夫です。

ただし使う前にトリガーのところもキレイに洗っておくようにしましょう。キッチンスケールにのせて、そこにクエン酸を小さじ1杯(5g)入れてから200gになるまでお湯を入れます。

つまりクエン酸5g、お湯195g入れることになります。

理由は分からないのですが、熱ければ熱いほど落ちが良くなります。

ただし熱すぎると容器が持てなくなるので、どんなに暑くても60℃までにしましょう。

そしてトリガーをしっかりしめて完全にとけきるまで容器をよく振ります。

2、希釈液を吹きかける

①で作った希釈液を吹きかけます。お湯を使用した場合は、お湯が冷めないうちにかけましょう。

吹きかける前にはしっかりと水滴を取るようにしましょう。

皮脂汚れがあるようであれば普通のバスクリーナーで落として乾かしてから希釈液をかけるようにしてください。

皮脂汚れがあると水垢にクエン酸が届きにくいですし、水があるとせっかく40倍に作ったクエン酸希釈液がさらに薄まってしまって効きが悪くなってしまいます。

3、スポンジで擦り洗いをする

希釈液をかけたら普段のスポンジで良いので、しっかりと擦り洗いをしてください。

4、1時間放置

しっかり擦り洗いをした後は、そのまま1時間放置します。

暑い時期は1時間放置すると乾きやすくなってしまいます。

作業が終わって人がいない時は換気扇を止めて乾かないよにしてましょう。1時間放置してから浴室に入る5分くらい前に換気扇を回して空気を入れ替えるようにしてください。

そんなに危険ではないのですが、一応空気を入れ替えましょう。乾いてしまうと効きが悪くなってしまうので暑い時期はそのようにして乾いてしまわないようにしてください。

5、擦り洗いをする

クエン酸で1時間もしっかりつけておけば、硬い水垢が柔らかくなっているはずです。柔らかくなった水垢を力を入れてしっかりと擦り洗いします。

普通のスポンジよりも水垢用のザラザラしたスポンジの方が効果的です。

6、流して確認する⇒少しでも薄くなっていたら再び1からを繰り返す

流して落ち具合を確認して、完全に落ちなくても少しでも薄くなっていれば何回も繰り返していくと落ちてきますので試して下さい。

クエン酸で落ちなかったら…

もしクエン酸で掃除をしても変わりがなかったということであればクエン酸だと弱い可能性がありますので、更に強い洗剤を使って次のステップに進みます。

自分の商品以外になかなかなくて、自分の商品になってしまうのですが、次のステップで使う洗剤はクエン酸よりも酸性度が高い「なまはげお風呂用」がオススメです。

サンポールや茂木和哉尿石落としジェルなどの尿石落とし用に作られた酸性洗剤の方が酸性度が高いものの、酸性度が高いゆえにお風呂で使うのが危なくなります。

使い方を間違えると酸焼けといって素材が溶けてしまう危険性もあります。白い床であれば酸焼けしても気が付かないくらい目立たないこともあるのですが、少しでも黒っぽいような床は酸焼けがすぐに分かってしまうリスクもあるのです。

そのため、できるかぎり強い酸を使うのを控えつつクエン酸よりも酸性度が高い「なまはげお風呂用」でチャレンジすることをオススメします。

使い方はクエン酸と同じようにスプレーして、スポンジで塗り広げます。

よく使うスポンジはさくらたわし超人たわしzで、洗剤との相性が良いので、水垢落としをするのにとても効きが良くなります。

洗剤を塗り広げるときは何を使っても良いんですが放置した後に強く擦るときに、さくらたわし超人たわしzを使うのをオススメします。さくらたわしや超人たわしzは研磨力が強いのですが、かといって床に傷がつくほどではないので、この機会にご用意されるのも良いかと思います。

ご自宅にあるスポンジでも効きは良いので、まずはそこから試してみて落ちないようであれば是非試してみてください。

それである程度いけるかと思います!

まとめ

いかがでしょうか?

お風呂の水垢汚れにはクエン酸が良いんですね。

溶かして落とす方法なら樹脂製の床も楽にキレイにできそうです!

今回も最後までご精読いただきありがとうございました。

またお会いしましょう♪

汚れ落とし研究家
茂木和哉@motegikazuya
汚れ落とし一筋24年。掃除が得意な洗剤開発者。 自分で作った洗剤を、秋田にいながらパソコン1つで情報発信を始め、現在は全国のお店に並ぶまでに。 自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」は、150万本以上販売。 洗剤の製造販売の他に、YouTubeとSNSで掃除術を日々発信中。
\ Follow me /