のぞみの記事

【気になる汚れ】酸性で落ちない浴室の水垢の正体と対処法!【掃除術】

のぞみ

こんにちは!のぞみです。

先日友人宅に泊まった際、失礼ながらお風呂場の黒いアクセントパネルにある白い汚れが気になってしまいました
友人に聞いてみたところ、彼女自身その汚れは気にしており、サンポールを使ったパック洗浄までしたらしいのですが、一向に落ちる気配がないとのことです

実際このような黒っぽいアクセントパネルについた白い汚れって目立つし気になりますよね…


そこで今回はサンポールなどの強力な洗剤を使っても落ちない、お風呂場の白い汚れについて、その正体と落とし方を紹介していきます♪

因みに参考にするのは…
こちらの茂木和哉(@motegikazuya)のYouTube動画です↓

浴室にできた白い汚れの正体

ではまず浴室にはびこる白い汚れの正体、その候補について考え得る原因をいくつか紹介していきたいと思います!

カルシウム系の水垢

水回りにできる白っぽい汚れで真っ先に思い浮かぶのが水垢です!
水道水に含まれるミネラル分が原因で発生するため、皆さんの中にも、この汚れに頭を悩まされたという経験がある方は少なからずおられるでしょう

しかし水垢といっても、一般家庭で発生しやすい水垢は大きく分けて2種類あります
その1種類目がカルシウム系の水垢です!
もう少し詳しく言うと炭酸カルシウムという貝殻やチョークなどを構成している物質が、この汚れの正体になります


このタイプの水垢は、のちに紹介するもう1つの水垢よりも落としやすい部類の汚れなので、警戒すべきはそのもう1つの方かもしれません

シリカ系の水垢

一般家庭の水場でよく発生する水垢の2種類目はこちら、シリカ系の水垢になります
このシリカとはケイ酸のことで、シリカ系の水垢のことをシリカスケールとも呼びます

そしてシリカスケールはカルシウム系の水垢よりもガンコなことが多いです…
友人のようにサンポールを使っても落ちなかったという場合、個人的にはこのシリカスケールを疑うべきだと思います

酸焼け

皆さんもできるだけ自分の家の汚れは自分で落としたい、という気持ちから、ついつい洗浄力が高い洗剤を使ってしまいがちではないでしょうか?
実際私の友人も汚れ落としのためにサンポールを使った、と言っていました

しかしサンポールはトイレ用の洗剤であってお風呂場への使用は用途外です
また尿石除去剤という部類に入るサンポールは、とても高い酸性度をもつ洗剤でもあります
このように酸性度の高い洗浄剤を用途外の方法で使うと起こりやすいのが、酸焼けです…
強い酸によって素材が傷み、それが白っぽく現れます
つまり、サンポールによって元々あった白い汚れは落ちたけれど、強すぎる酸のせいでまた新たに白い汚れができてしまった、という可能性を考えなければならないのです!

浴室にできた白い汚れの落とし方

浴室にはびこる白い汚れの正体について、考えられる原因をピックアップしたところで、では実際、これらの汚れをどのように落とせばいいのでしょうか?
そこを解説していきます!

カルシウム系の水垢の落とし方

こちらの水垢は、先述の通り比較的落としやすい汚れに分類されます
具体的には酸性度の高い洗剤を使えば、結構簡単に中和洗浄できます♪

先程からよく登場しているサンポールほどの酸性度でなくとも、落とすことが可能です

なおこのブログでよく紹介されている「茂木和哉」シリーズの水垢特化洗浄剤たちは、中に研磨剤が入っています

つまり今回例に出したアクセントパネルのような柔らかい素材の場合は、傷をつけてしまう恐れがあるため使用はおすすめできません…

シリカ系の水垢の落とし方

カルシウム系の水垢であれば、素人の方が扱えるレベルの酸性洗剤で事足りますが、シリカ系の水垢はそう簡単に落ちてくれません
はっきり言ってしまうと素人の手におえないことがほとんどです…

仮にサンポールなどの強酸性の洗浄剤を使ったとて、落ちないシリカスケール
これを落とすには業務用、つまりプロが使う洗浄剤を使う必要があります

茂木もプロ向けにシリカスケール用洗剤「青鬼」という商品を販売していますが、一般の方にはあまりおすすめできないので、ここではリンクではなく画像だけの紹介に留めておきます


このように掃除のプロである茂木が同じプロに向けて販売しているレベルの洗浄剤
これによって落ちる汚れのガンコさがひしひしと伝わってきます

まとめとしてここで言えることは、おとなしくプロに頼んだ方が無難ということです
酸焼け等のリスクもありますしね…

酸焼けの落とし方

酸焼けは先述の通り、素材そのものが傷み変質してしまったことによりできるものです
つまりこれを落とすには素材を削る必要があります!

もちろんプラスチック製のヘラなどを使えば少しは落とせますが、何度も言うように今回例として挙げているのは柔らかいアクセントパネル
あまりこれ以上の傷をつけて、より素材を傷める結果になってしまえば元も子もありません!

ゆえにこの酸焼けに対する研磨洗浄もプロにお願いした方がよいでしょう

備考:プロへの頼み方

シリカスケールは素人の手にはおえないから、プロに頼め!
と言われても実際どのように頼めばいいか不安に思う方もいるでしょう
実際業者さんのレベルも様々なので、その調べた業者さんがシリカスケールに対応できるのかを確認する必要があります!

具体的には写真を撮って見せたり、状況を細かく説明したりするなど情報共有をしっかり行うことが大事です!
このように詳細な説明を複数の業者さんにしたのち、見積もりをそれぞれ出してもらい、それらを比較して慎重に決めましょう

あるいはハウスメーカーに相談して仲介になってもらうというのも一つの手です
もちろんその場合も汚れに関する情報共有は忘れずに行いましょう!

まとめ

いかがでしたか?
今回は浴室にできる白い汚れの正体と、その落とし方について紹介をしてきました!

できるだけ自分で汚れ落としを解決させたいという気持ちは私にもあります…
しかしその道のプロでも苦戦を強いられるようなシリカスケールなどのガンコな汚れ落としは、おとなしく業者さんに頼むというのがよいでしょう

急がば回れと言いますし、一旦冷静になって状況判断をした方が大きなリスクを背負うことなく、問題が早く解決するかもしれませんよ♪

ではご精読ありがとうございました!
またお会いしましょう♪

汚れ落とし研究家
茂木和哉@motegikazuya
汚れ落とし一筋24年。掃除が得意な洗剤開発者。 自分で作った洗剤を、秋田にいながらパソコン1つで情報発信を始め、現在は全国のお店に並ぶまでに。 自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」は、150万本以上販売。 洗剤の製造販売の他に、YouTubeとSNSで掃除術を日々発信中。
\ Follow me /