お悩み相談

【浴室壁面の簡単黒カビ落とし】浴室壁面に生えた黒カビはどうやって落としたらいいの?【お掃除お悩み相談室】

のぞみ

こんにちは!のぞみです♪

茂木流掃除術のおかげを学び始めてから、楽しくお風呂掃除ができるようになってきました。

お風呂もキレイになって気持ちいいと思っていたところ、浴室壁面で見つけた黒い汚れがなかなか落ちず困ってしまったことがありました。

これって黒カビなんでしょうか?

何か良い掃除方法はないかと探していたら、私と同じようなお悩みを持つ質問者さんからの相談に茂木さんがお答えしている動画を見つけました!

とても参考になったので、皆さんにもご紹介しますね♪

参考にしたのは…
こちらの茂木和哉(@motegikazuya)のYouTube動画です↓

浴室側面の黒い汚れの正体は?

質問者さん

浴室の壁に黒い汚れがたくさんあります。

これは黒カビですか?

茂木さんの水垢洗剤とラップを使って洗ってみると取れるには取れるのですが、力が必要なのでなかなか進まず他にオススメの方法があれば教えて欲しいです。

よろしくお願いします。

茂木和哉

井戸水を使っているなどの特別な場合でない限り、お風呂場の黒い汚れは黒カビでほぼ間違いないです。

となると水垢洗剤を使うのではなくて、塩素系カビとり洗剤が一番おすすめです。

浴室壁面についた黒い汚れは、黒カビの可能性が高いので塩素系を使って掃除をされると楽に落せるのではないかなと思います。

「茂木さんの水垢洗剤とラップを使って」とのことですが、質問者さんは茂木和哉をラップにつけてゴシゴシこすって洗ったのでしょうか?

それでもある程度は黒カビを取ることは可能ですが、最近のユニットバスのようにプラスチック製の壁面だと茂木和哉を使ってゴシゴシ洗いというのは傷がつくのでオススメしません。

もしくは、「なまはげお風呂用」をスプレーしてラップでパックしてスポンジでゴシゴシ頑張ったとうことも考えられます。

そのどちらかかなと思いますが、文脈的には茂木和哉を使っていそうですね。どちらにしても浴室壁面にできた黒い汚れ=黒カビに合う洗剤は塩素系カビとり洗剤です。

浴室側面の黒カビには塩素系洗剤!

浴室壁面の黒い汚れ=黒カビに一番効きが良いのは塩素系洗剤です。

もし手持ちでカビハイターやカビキラーがあるなら、それをスプレーしてスポンジで塗り広げるのを試してみましょう。

created by Rinker
花王
¥636 (2021/04/17 11:39:01時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
カビキラー
¥280 (2021/04/17 05:59:02時点 Amazon調べ-詳細)

手順

①泡を立てるように素早く塗り広げます。

素早くすると泡がもこもこ出てくるので、泡になるように素早く塗り広げましょう。

必ず換気して手袋をはめて行いましょう!

②そのまま15分放置。

15分放置することで、ほぼ黒カビ汚れは取れると思います。

目地とかゴムパッキンだと話は別!

目地やボムパッキンの黒カビに対しては、もっと長い時間、置いておく必要があります。タイルの壁で目地にもカビが付いているというのであれば、素早く泡立てるように塗り広げて最低でも1時間は置きましょう!

③塗り広げ終わったら浴室のドアを閉めて換気扇も止めて放置します。

作業中は必ず換気扇を回して、作業が終わったら換気扇を止めて放置しましょう!換気扇を回すと洗剤が乾いてしまい、効きが悪くなってしまうので換気扇を止めておくようにします。より洗剤の力を効率よく発揮できるようにしないと意味がないですからね。

④浴室をのぞいてみて黒カビが落ちていたらシャワーで洗い流します。

つけ置き後、浴室に入る10分前に換気扇を回してから浴室をのぞいてみましょう。

のぞいてみて黒カビが落ちていたらシャワーで洗い流します

もし黒カビが落ちていなかったらもう一度スプレーをしましょう。泡タイプの塩素系カビとり洗剤は15分で垂れていってしまうと思うので、追加でスプレーをして再度放置するようにします。

それが面倒であれば茂木和哉カビとりジェルスプレーがおすすめです。

created by Rinker
茂木和哉
¥1,078 (2021/04/16 17:18:21時点 Amazon調べ-詳細)

ジェルの力で壁面にべったりついてくれるので、泡タイプのように垂れてくることがありません。

経済的に使うのであれば、スポンジでぬり広げると節約になります。茂木さんの場合は、スポンジを使うとスポンジが洗剤をすってしまって勿体ないのでゴム手袋を手にはめてそのまま塗り広げているそうです。

値段が少し高いので泡タイプの塩素系カビ取り剤で、垂れてきても頑張ります!!

というのであればカビキラーよりもカビハイターの方がお勧めです。

その理由はこちらの動画で確認してみてください。↓

壁面の泡の密着度が全然違うので、茂木さんもびっくりしたそうですよ。

黒カビ落としのポイントとしては、塩素系洗剤は時間をおかないと汚れが落とせないということです。

  • ツルツルした面や、そんなにザラザラしていない面であれば15分くらい放置
  • 目地とかザラザラしている黒カビがグーと入れそうな素材は1時間ほど放置
  • ゴムパッキンとかコーキングの場合はもっと長い時間、場合によっては丸1日放置

素材によって必要となる置き時間が異なります。汚れの程度によっても異なるため上記を参考に、ぜひお試しになってください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

浴室側面の黒い汚れはやはり黒カビだったのですね!

ドラックストアで手に入る泡タイプの塩素系カビ取り剤でも簡単に掃除ができるとのことで安心しました。

時間がない人や、もっと簡単に済ませたい時には茂木和哉カビとりジェルスプレーもあるので自分に合った方法でお掃除ができますね。

私も茂木和哉カビとりジェルスプレーを試してみようと思います!

今回も最後までご精読ありがとうございました。

またお会いしましょう♪

汚れ落とし研究家
茂木和哉@motegikazuya
汚れ落とし一筋24年。掃除が得意な洗剤開発者。 自分で作った洗剤を、秋田にいながらパソコン1つで情報発信を始め、現在は全国のお店に並ぶまでに。 自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」は、150万本以上販売。 洗剤の製造販売の他に、YouTubeとSNSで掃除術を日々発信中。
\ Follow me /