のぞみの記事

フローリング掃除にお悩みの方必見!床掃除なら水石けん一択!

フローリングの床掃除に使う洗剤を選ぶとき、洗剤がたくさんありすぎて悩んだ経験はないでしょうか?

今回はそんなフローリングの床掃除に「掃除のプロフェッショナル茂木和哉さん」がおすすめしていた洗剤をご紹介します!

のぞみ

こんにちは、のぞみです。

今回はフローリング掃除におすすめの「水石けん」についての記事です!

「床掃除に合成洗剤を使っているけど、掃除のあとのヌメヌメ感が気になる…!」という方はぜひ参考にしてみてくださいね♪

水石けんの使い方から掃除の実践まで、じっくりと動画で見たい人は、こ‌ち‌ら‌の‌茂‌木‌和‌哉‌(‌‌@motegikazuya‌‌)‌さ‌ん‌の‌YouTube‌動画へどうぞ!

サクサクっと動画の内容を知りたいときはこちらの記事をどうぞ!

目次から気になる項目まで飛ぶことができますよ♪

水石けんの成分

床掃除に使う洗剤と言えば、ウタマロクリーナー等の合成洗剤というご家庭が多いと思いますが、おすすめは水石けんの「シャボンの泡 ABUKU」です!

created by Rinker
茂木和哉の業務用洗剤
¥2,640 (2022/12/08 01:03:06時点 Amazon調べ-詳細)
シャボンの泡の成分
  • 炭酸カリウム(5%)
  • 界面活性剤(4.8%脂肪酸カリウム)

界面活性剤と記載されていますが、4.8%脂肪酸カリウムとは石けんのこと!

石けんに炭酸カリウム(5%)を加えたものが「シャボンの泡 ABUKU」の成分です♪

炭酸カリウムは、アルカリ度を高くする成分です。

アルカリ度が高くなると油汚れや皮脂汚れに対して、汚れ落ちが良くなります♪

 

床掃除に水石けんをオススメする理由

created by Rinker
茂木和哉の業務用洗剤
¥2,640 (2022/12/08 01:03:06時点 Amazon調べ-詳細)

「シャボンの泡 ABUKU」には、合成洗剤のような強い界面活性剤が含まれていないので、床掃除あとのヌメヌメ感は比較的ありません。

また「シャボンの泡 ABUKU」は石けんのアルカリの力で汚れを取るので、皮脂の酸性に中和されやすい特徴があります。

のぞみ

皮脂に中和されやすいということは、皮膚にダメージが少ないということ!

更に、水石けんは合成洗剤よりも水に弱い性質があります。

つまり、「シャボンの泡 ABUKU」でフローリングの床掃除をした後、水拭きをすることで床の洗剤のこりのリスクが更に下がるということです!

シャボンの泡のおすすめポイント
  • 合成洗剤のような界面活性剤を含まないので、床掃除あとのヌメヌメが残らない
  • 水拭きをすると更にヌメヌメ感を軽減できる
  • アルカリの力で汚れを落とすので、肌に優しい

皮膚が弱い小さいお子さんやペットがいるご家庭には、合成洗剤よりも「シャボンの泡 ABUKU」のような水石けんの方が安心ですね♪

合成洗剤と水石けんの洗浄力の違いについて詳しく知りたい人は、こちらの記事をご覧ください!

ウタマロクリーナーと無添加せっけんはどっちがおすすめ!?洗浄力を比較 ウタマロクリーナーは家中どこでも使えて、洗浄力も申し分ないので、とても便利な洗剤ですよね♪ そんな便利なウタマロクリーナーですが...

 

水石けんの使い方

「シャボンの泡 ABUKU」は、フローリングの床掃除に使う際、30倍に薄めて使います。

原液のまま使うこともできますが、原液の「シャボンの泡 ABUKU」はシンクについた頑固な油汚れを落とすような濃度なので、フローリングを痛めてしまう可能性もあります…!

希釈液の作り方
  1. スプレーボトルに300mlの水を入れる
  2. スプレーボトルに「シャボンの泡 ABUKU」10mlを入れる
  3. スプレーボトルを振って石けんと水を混ぜる

30倍希釈にする場合、正確には290mlの水に10mlの「シャボンの泡 ABUKU」を混ぜますが、今回は目分量でも大丈夫です!

のぞみ

分量は目分量でも大丈夫ですが、スプレーボトルの中身が泡立っていることは確認してください!

「シャボンの泡 ABUKU」に対して、水を多く入れすぎると泡立たなくなり、洗浄力が全くなくなってしまうことがあります。

30倍希釈は石けんが働かなくなるギリギリのラインなので、その限界ラインを超えていないか、泡立ちで確認しましょう!

もし、スプレーボトルの中身が泡立たない場合は「シャボンの泡 ABUKU」の原液を追加してくださいね♪

 

実践:水石けんで掃除する方法

「ダイソン」と「ウェーブハンディーワイパー超ロングタイプ」で埃取りを済ませます。

埃を取り切れていない場合「シャボンの泡 ABUKU」が油汚れや皮脂汚れを捉え切れず、洗浄力が落ちてしまうので、必ず埃取りはしましょう♪

created by Rinker
ウェーブ
¥430 (2022/12/08 01:13:11時点 Amazon調べ-詳細)

埃取りが終わったら、いよいよ拭き掃除をします。

クイックルワイパーを使いますが、洗剤は「シャボンの泡 ABUKU」を使用するので、クイックルシートは使えません。

代わりに「洗って使えるキッチンペーパー」を使いましょう♪

created by Rinker
スコッティ
¥1,865 (2022/12/08 01:13:12時点 Amazon調べ-詳細)
のぞみ

画像の通り、30倍に希釈した「シャボンの泡 ABUKU」でも十分汚れが落とせることが分かりますね♪

 

ウタマロクリーナーとシャボンの泡の違い 

茂木さんのYoutubeチャンネルでは、ウタマロクリーナーの20倍希釈液でも、掃除あとのヌメヌメ感を抑えて掃除をすることができると紹介していました!

希釈すれば、ウタマロクリーナー(合成洗剤)もシャボンの泡(水石けん)も変わらないと感じる方もいるかもしれません。

のぞみ

決定的に違うのは希釈液が腐りやすいか、腐りづらいかという点です!

ウタマロクリーナーには防腐剤が含まれていて、防腐剤のお陰で洗剤が痛みません。

しかし、ウタマロクリーナーを希釈してしまえば、防腐剤も薄まってしまい、痛みが早くなってしまいます…!

一方で、シャボンの泡は高いアルカリ度が防腐剤の代わりを果たしています。

のぞみ

30倍に希釈したシャボンの泡のpHを測定してみました!

希釈したシャボンの泡でもpH10.6と、アルカリ度が高いことがわかりました。

一般にpH10.5を超えると洗剤は腐らないと言われているので、シャボンの泡は希釈しても腐敗しないということになります。

もしも、希釈液をたくさん作り置きしておきたい場合は「シャボンの泡 ABUKU」を使った方が良さそうですね♪

 

まとめ:フローリングの床掃除には水石けんがおすすめ

30倍に希釈した水石けん「シャボンの泡 ABUKU」でも十分汚れが落とせることがわかりましたね!

created by Rinker
茂木和哉の業務用洗剤
¥2,640 (2022/12/08 01:03:06時点 Amazon調べ-詳細)
のぞみ

今回の記事の内容を分かりやすくまとめてみました!

床掃除に水石けんをおすすめする理由
  • 合成洗剤に比べて、拭き残りがしづらい
  • 拭き残しがあっても無害なものに変わるので安心・安全
「シャボンの泡 ABUKU」の30倍希釈液の作り方
  1. スプレーボトルに300mlの水を入れる
  2. スプレーボトルに「シャボンの泡 ABUKU」10mlを入れる
  3. スプレーボトルを振って石けんと水を混ぜる

「シャボンの泡 ABUKU」だと割高に感じる人もいるかもしれませんね。

そんな人には、少し手間ですが固形石鹸を水に溶かして使う方法もあります!

ただし「シャボンの泡 ABUKU」のように炭酸カリウムが入っていないので、アルカリの要素を足す必要があります!

のぞみ

固形石鹸を床掃除に使う場合、アルカリ電解水炭酸ソーダを加えると「シャボンの泡 ABUKU」と同じような洗浄効果が得られます♪

ちなみに「シャボンの泡 ABUKU」は薄めて使うことができるので、商品の値段だけ見れば割高に感じますが、実はお財布に優しい洗剤なんです!

ぜひ今回の記事を参考に、水石けんを使ったフローリングの床掃除にチャレンジしてみてくださいね♪

汚れ落とし研究家
茂木和哉@motegikazuya
独学で掃除と洗剤作りを学び、秋田からパソコン1つで情報発信を始め、自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」を大ヒットさせる。 現在ではシリーズ展開させ全国のお店に並ぶまでに。 汚れ落とし歴27年で得たノウハウを惜しみなく伝えるYouTubeチャンネル「茂木流掃除術」は、チャンネル登録数27万を超える。
\ Follow me /