石鹸

手洗い回数が多いお母さんや肌機能が未熟な小さな子供に最適なハンドソープとは?【手荒れ対策】【手荒れ予防】

こんにちは!茂木和哉(@motegikazuya)です。

小さなお子さんをお持ちの母親の皆さん、こんなお悩みありませんか?

「オムツ交換や哺乳瓶洗いをする度に手を洗うので手荒れしやすくなった…」
「子育てと家事が忙しくて手肌をケアする時間が取れないし手荒れが一向に良くならない…」
「薬用ハンドソープを使わせてたら子供まで手荒れしてきた…」
などなど。

もしかしたら今お使いのハンドソープが原因かもしれません!

皆さんがお使いのハンドソープは、「合成界面活性剤」が主成分のものか「石鹸」が主成分のもののどちらかです。

一見、石けんが主成分のものの方が、肌には優しいと思われがちですが、手洗い回数が多いお母さんや、肌機能が未熟な小さな子供の手肌にとっては決して肌に良いもとは言えません。

もちろん合成界面活性剤が主成分のものが良いわけでもないんですよね。

ということで今回は、手洗い回数が多いお母さんや肌機能が未熟な小さな子供の手肌にはどんなハンドソープが最適なのか?お詳しくお話していきたいとも思います!

合成界面活性剤が主成分のハンドソープの問題点は「すすぎ残り」

合成界面活性剤と聞くと、台所洗剤や洗濯洗剤の主成分でもあるので「刺激の強さ」を心配に思う方が多いと思いますが、実はそこについては一頃と比べるとかなり改善されました。

それよりも問題なのが、合成界面活性剤の「すすぎ残り」です。

合成界面活性剤のすすぎ残りのしやすさがどれほどのものなのかは、石けんと比べれば良く分かります。

皆さんも経験があると思いますが、石けんで体を洗った後シャワーで流すとあっという間にヌルヌルがなくなります。

しかし合成界面活性剤が主成分のボディソープだとどうでしょうか?

そうはいきません。中々ヌルヌルが取れずしばらくシャワーで流さなければいけません。

もしまだ踏み台を使わないと手洗いできないくらいの小さな子供が、帰宅後の毎日の手洗いで全くすすぎ残りがないくらいに丁寧にすすぐ事ができるのでしょうか?

大人にしてみたら簡単かもしれませんが、子供にしてみるととても難しい事なのです。

いくら合成界面活性剤の安全性が高くなったとしても無害なわけではありません。

肌に残った合成界面活性剤は、肌に残り続ける限り肌を傷め続けます。

肌には大敵な「薬用ハンドソープ」

確かに合成界面活性剤が主成分のハンドソープは、一頃前と比べると肌の刺激が少ない合成界面活性剤が使われるようになりました。

しかしあくまでも少なくなっただけなので安心してはいけません。

特に注意が必要なのが「薬用ハンドソープ」です。

「薬用」と聞くと肌荒れが治りそうなイメージに思われがちですがまったく逆です。

肌には非常に刺激が高いのです。

ハンドソープの「薬用」とは除菌効果のあるものを言います。

だから薬用ハンドソープには、必ず「除菌成分」が配合されています。

その除菌成分が、雑菌を攻撃し退治するばかりでなく、肌も攻撃し傷めるのです。

そんな薬用ハンドソープで、オムツ交換や哺乳瓶洗いの度、手洗いするのは非常に肌に負担かがかかる行為です。

肌が弱い小さな子供は、回数が少なくても肌荒れの原因につながります。

石けんの問題点は「刺激の強さ」

「じゃあ石けんを使ったらいいだけの話じゃないの?」と思われた皆さん。

実は石けんは、合成界面活性剤が主成分のハンドソープより刺激が強い事を知っていましたでしょうか?

意外に知られていないかもしれませんが本当です。

なぜ刺激が強いのかと言うと、それは石鹸がアルカリ性だからです。

一方、合成界面活性剤が主成分のハンドソープは中性です。

石けん水を目に入れてしまった経験がある方ならお分かりになると思いますが、シャンプーが入った時とは比べ物にならないくらい痛みます。

あの痛みはアルカリ度の強さからくるものです。

目に入った時のような痛みは感じませんが、肌に対しても同じく強い刺激を与えます。

またアルカリ度が高い石けんは、皮脂に対して強い洗浄力があります。

皮脂が多めな方にはむしろさっぱり洗えてよいかもしれませんが、皮脂が少ない体質の方や、肌機能が未熟な小さな子供は、使い続けると肌トラブルにつながる可能性が非常に高くなります。

子育てお母さんと子供の肌を守る第3の選択肢。それが『綿雪泡石鹸』

しかしこれまでは、合成界面活性剤が主成分のものと石けんが主成分のもの、その2つしか選択肢がなく、2つを比べた場合石鹸の方が良いので、お悩みをお持ちの多くの方が石けんを選び使っています。

しかし、インスタを始めてからフォロワーさん達のお悩みを聞いているうちに、私が理想とするハンドソープを形にしたい気持ちがジワジワ湧いてきました。

そしてフォロワーさんの意見を取り入れながら、半年以上かけて作り上げたのがこの『綿雪泡石鹸』なのです!

綿雪泡石鹸700mL (泡タイプ)
茂木和哉コスメ

なぜ『綿雪泡石鹸』が肌に良いのか?3つの理由

理由その1『石けんなのに低刺激』

これまでの石けんは「刺激の強さ」が問題でした。

しかし『綿雪ハンドソープ』は石けんでありながら、これまでの石鹸よりはるかに低刺激なのです。

その理由は、普通の石鹸(脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウム)よりアルカリ度が低いという点と、石鹸成分の「ヤシ油脂肪酸アルギニン」自体がそもそも普通の石けん成分である「脂肪酸ナトリウム」や「脂肪酸カリウム」より刺激が低いからなのです。

理由その2『石けんの良いところはそのままに』

綿雪泡石鹸は、普通の石けんのような強い刺激については改善されていますが、普通の石けんの「3つ」の良い点については、そのまま残しています。

1.すすぎ残りがしにくい。

合成界面活性剤のようにしつこく肌に残り続けることはなく容易にすすぐ事ができます。

2.万が一肌に残っても安心。

石けんは、アルカリ側でしか働くことができないので、万が一すすぎ残りが肌に残ったとしても、弱酸性の皮脂に中和され、やがて無害なものになるので肌に刺激を与え続けることはありません。

ちなみに合成界面活性剤が主成分のハンドソープは、肌に残ると皮脂の影響を受けることはなく、残り続ける限り肌に刺激を与え続けます。

3.保湿効果がある。

石けんと皮脂と反応し作られた「石けんカス」が肌を保湿し、また外部からの刺激を防いでくれます。

お掃除の敵ではるはずの石けんカスは、肌にとっては味方となります。

理由その3『使い続けると健康的で強い肌になる。』

健康的な肌になるためには、肌も人間と同じように継続して「適度」な運動をする必要があります。

肌にとっての運動とは、肌にあえてアルカリ性のものを与え、アルカリ性に傾いた肌が弱酸性の成分を出して自分で中和させる働きです。

これを「アルカリ中和能」と言います。

ポイントは「適度な負荷を継続して与えること」です。

肌にとっての負荷とはアルカリ度です。

しかし、全く運動をしていない人にアスリートクラスの運動をするような事をしてはいけません。

全く運動していない人を肌に例えるならまさに、肌機能が未熟な赤ちゃんの肌や手洗い回数が多く皮脂量の少ないお母さんの肌です。

一方アスリートを肌に例えるなら、肌トラブルが全くなしの肌が強い大人の方です。

そんなアスリート肌の方にとってはアルカリ性の普通の石けん(脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウム)で体を洗う事は、肌が毎日エクササイズしているのと同じ事ですが、赤ちゃん肌やお母さんの肌には、普通の石けんでは正直負荷が強すぎます。

しかし『綿雪泡石鹸』ならアルカリ度が弱いため、赤ちゃんや敏感肌の方にとっても適度な負荷となるわけです。

特に肌に問題がない方でも、毎日使い続けると肌が適度な運動をしてくれて肌の代謝がどんどん活性化していき健康的で美しい肌へと向かっていきます。

最後に

いかがでしたでしょうか?

きめが細かく硬くしっかりした泡は、まるで私のふるさと秋田大曲の綿雪のようなので『綿雪泡石鹸』と名付けました。

そんな『綿雪泡石鹸』が、皆さんとお子さんの肌を優しく包み込み、やがて皆さんの肌を秋田美人のような白く艶のある肌へ、お子さんの肌は潤いのある健康的な肌へ導いてくれます。

皆さんのお声と私の思いを形にしたこの『綿雪泡石鹸』をぜひお子さんと一緒にお試しくださいませ。

『綿雪泡石鹸』は、手洗いだけでなく体洗いや洗顔にもとってもオススメです。

特にまだ肌機能が未熟な赤ちゃんや肌トラブルにお悩みの方、肌の弱い方にオススメです。

綿雪泡石鹸700mL (泡タイプ)
茂木和哉コスメ

汚れ落とし研究家
茂木和哉@motegikazuya
汚れ落とし一筋24年。掃除が得意な洗剤開発者。 自分で作った洗剤を、秋田にいながらパソコン1つで情報発信を始め、現在は全国のお店に並ぶまでに。 自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」は、150万本以上販売。 洗剤の製造販売の他に、YouTubeとSNSで掃除術を日々発信中。
\ Follow me /