*

油汚れが良く落ちる洗剤に必ず含まれている成分があります!

公開日: : 最終更新日:2016/11/24:茂木 和哉 わかりやすい洗剤成分の知識 , ,

cleaning-268075_1920

油汚れが良く落ちる洗剤に、必ず含まれているのが、
「アルカリ剤」と言われる成分です。

その名の通り、アルカリ性の化学物質で、
「アルカリビルダー」とも言ったりします。

そんなアルカリ剤ですが、
何のために洗剤に入れているかと言うと
油汚れや皮脂汚れの落ちがよくなるからです。

では、なぜ油汚れや皮脂汚れの落ちが良くなるのか?

そこを詳しく説明していきます。

油汚れや皮脂汚れは、酸性の汚れです。
酸性の汚れは、逆の性質のアルカリ性で中和させると
分解され、汚れが落ちやすくなります。
これを、中和作用と言います。

なので、油汚れ用洗剤や
粉末タイプの洗濯洗剤にはよく使われます。

ちなみに、液体タイプの洗濯洗剤は中性のものが
多いので、基本的には粉末タイプの方が、
液体タイプより洗浄力が高くなります。

しかし、アルカリ剤をたくさん配合したり
アルカリ度の強いアルカリ剤を配合させた洗剤は
洗浄力は高いのですが、その分刺激が強くなり、
肌を傷めたり、素材を傷めたりします。

洗浄力重視の業務用では、
そんなアルカリが非常に強い洗剤はよくあるのですが
安全性を重視する家庭用では、そのような強い洗剤はありません。

ただし、なまはげを除いてです!

なまはげは、業務用の洗浄力を誇りながら、
一般の方にもお使いいただける安全性です!
namahage_click

さて、アルカリ剤は、洗剤に配合しなくても
アルカリ剤そのものとしても油汚れに効果があります。

例えば
炭酸ナトリウムや重曹(重炭酸ナトリム)などです。

洗剤を使わずに、これらを使って掃除をする
いわゆる「ナチュラルクリーニング」は
安全や環境の事を気にされる方には人気ですよね。

ただ、なまはげのような油汚れ用洗剤とくらべると
洗浄力ははるかに落ちますので、これから使おうと
思っている方は、その点をご注意ください。

 

The following two tabs change content below.
茂木 和哉

茂木 和哉

洗剤に自分の名前をつけてしまうほどの洗剤オタクです。 住まいのお掃除に役立つ情報から、清掃業者さんのスキルアップに役立つ情報まで、汚れ落としに関する情報を発信しています。 汚れ落としに関するご相談もお気軽にどうぞ。

茂木和哉 YouTube
茂木和哉 Instagram
茂木和哉 Facebook
茂木和哉 Twitter
きれい研究所公式サイト

関連の記事。こちらもどうぞ

塩素系漂白剤とは?

酸化力が強く洗剤では落ちない汚れの漂白剤や キッチンやトイレの除菌剤としてよく使われます。

記事を読む

逆性石鹸とは?

逆性石けんとは、 一般的な石けんと逆の特徴をもった石けんです。 何が逆かと言えば

記事を読む

界面活性剤のタンパク質変性作用って何?

どんな界面活性剤にも、 タンパク質変性作用という働きがあります。 タンパク質変性作用

記事を読む

アルカリ温泉は塩素管理が大変です!

塩素は、アルカリ側では安定するので分解しにくいのですが、 酸性側では不安定になり分解しやす

記事を読む

漂白剤の種類とその特徴

漂白剤は、 酸化型漂白剤と還元型漂白剤に分けられます。 また、酸化型漂白剤は 塩素

記事を読む

洗剤エキスパート茂木和哉の人気の記事

  • 新製品! 茂木和哉バスタブ用 好評発売中
  • 茂木和哉
カビが生えにくい浴室にする方法!

梅雨の季節は、少しでも油断するとカビがすぐに生えてきます。

バスタブ内側の茶色の汚れにお困りではありませんか?

バスタブ内側の茶色の汚れに、お困りな方はおりませんか?

【プロ必見】手持ちの洗浄剤を少なくするメリットとその方法

清掃業の皆さん、 「現場に持っていく洗浄剤の種類が多くて大変

茂木和哉流!水道代を節約する食器の洗い方!

台所洗剤は、洗浄成分の種類や配合量によって、すすぎの時のヌルヌ

茂木和哉、合成洗剤と中性洗剤の違いについて語る

皆さん、「合成洗剤」と「中性洗剤」の違いをご存知ですか?

→もっと見る

PAGE TOP ↑