ブログ

洗濯槽のお掃除におすすめの洗浄剤とは?

皆さん、
洗濯機の中はキレイですか?
カビで真っ黒状態ではないですか?

洗濯機の中といっても
フタを開けて見えるところではありません。

フタを開けて見ただけでは
確認することができない洗濯槽の裏側の方です。

もし、1年以上洗濯槽を掃除していないのなら
洗濯槽の裏側がカビで真っ黒になっていると思って間違いないでしょう。

早めの洗浄をおススメします。

では、どんな洗浄剤を使って洗濯槽を掃除するのが良いのか?

その洗浄剤について今回は、詳しく説明していきます。

洗濯槽洗浄剤は、大きく分けて
・塩素系洗浄剤
・酸素系洗浄剤
の2つに分かれます。

どちらも漂白剤が主成分です。

塩素系洗浄剤で代表的な漂白成分は、
次亜塩素酸ナトリウムです。

次亜塩素酸ナトリウムは、
漂白力は強いのですが
・塩素特有の刺激臭
・肌への刺激が強い
・素材を傷めやすい

という嬉しくない特徴があります。

一方で、酸素系の過炭酸ナトリウムは、嫌な臭いはないですし、
肌や素材に対して刺激が非常にマイルドな漂白成分なので
安心してお使いになれます。

洗浄力については、次亜塩素酸ナトリウムより
短時間では劣るのですが、長い時間つけ置くことができれば
同じぐらいの効果を得ることができます。

なので私は、洗濯槽の掃除には、
断然酸素系洗浄剤の方をおススメします!

では酸素系洗浄剤がどうやって
洗濯槽内部の汚れを落としていくか
もう少し詳しく説明していきます。

酸素系洗浄剤は、一般的なものは顆粒タイプです。

洗濯槽に水をはって溶かして使用するわけですが、
水に溶かすと主成分である過炭酸ナトリウムが酸素の泡が発生させます。

その酸素の漂白効果と除菌効果、
そして泡の力でカビを落とします。

カビだけでなく悪臭を原因となるバクテリアも
しっかり除菌し消臭してくれます。

なので洗濯物のカビ臭対策だけでなく
嫌な生乾き臭対策にもつながります。

梅雨の季節は、ただでさえ衣類に臭いが残りやすい季節です。

しばらく洗濯槽を掃除していないようなら
梅雨に入る前に濯槽を一度キレイに掃除しておいた方が絶対いいです。

当社の洗濯槽クリーナーも酸素系洗浄剤ですので
ぜひチェックしてみてください!

汚れ落とし研究家
茂木和哉@motegikazuya
独学で掃除と洗剤作りを学び、秋田からパソコン1つで情報発信を始め、自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」を大ヒットさせる。 現在ではシリーズ展開させ全国のお店に並ぶまでに。 汚れ落とし歴27年で得たノウハウを惜しみなく伝えるYouTubeチャンネル「茂木流掃除術」は、チャンネル登録数27万を超える。
\ Follow me /