*

バスクリーナー選びは「洗浄力」より「泡」が重要です!

バスクリーナーを選ぶ際、「豊かな泡立ち」と「素早い泡切れ」は、とても重要な要素です。

「洗浄力」以上に重要と言っても大げさではありません。

なぜ、それほどまでに重要なのか?

では、その点について詳しく説明していくことにします。

先ずは、「豊かな泡立ち」についてです。

バスクリーナーに限ったことではないのですが、洗剤は、泡立ちが豊かであればあるほど、無駄遣いを抑えることができます。

実は、洗浄力と泡立ちは無関係なのですが、泡が少ないと落ちが良くないと思い、ついつい余分にスプレーしてしまいがちになります。

さらに泡立ちが豊かなほど、壁面などにもぴったり張り付きます。

その点も無駄使いを防止につながります。

また壁面に張り付き、少しでも長くとどまることで、汚れを効率的に分解することができ、結果作業効率がアップします。

このように豊かな泡切れは、
・洗剤の使用量減
・作業効率アップ(清掃時間短縮)
につながります。

次に、「素早い泡切れ」についてです。

夕食の食材などの買い出しや夕食の準備、さらに子供の迎えなど夕方はとても忙しい時間帯です。

共働きでしたらなおさらですよね。

そんな時間帯だからこそ、お風呂掃除はサッとすませたいものです。

となると重要なのは、バスクリーナーの泡切れの良さです。

繰り返しになりますが、洗浄力は強さ重要ではないのです。

なぜなら、毎日掃除するバスタブにつく皮脂汚れは、とても軽度な汚れだからです。

バスクリーナーの洗浄力の悪いからと言って「汚れが落ちにくくて、時間がかかる…」ということはまずありえませんからね。

しかし、泡切れは、掃除の時間に大きく影響します。

泡切れが悪ければ悪いほど、排水に時間がかかるので、結果掃除の時間は長くなります。

皆さんも経験があるかと思いますが、シャワーして泡を落とす。そして排水されるのを待つ。これを泡切れが悪い洗剤ほど何度も繰り返さなければなりません。

忙しい夕方にバスクリーナーの泡を流すためバスタブへシャワーをかけて排水されるのを待っているのは、結構ストレスがたまるものです。

しかも、それが毎日ですからね。

このように泡切れが良ければ、
・清掃時間の短縮
・ストレス軽減
・節水
につながります。

実は私が、そんな豊かな泡立ちと素早い泡切れにこだわって開発したバスクリーナーがあります。

それがバスクイックなのです!

The following two tabs change content below.
茂木 和哉

茂木 和哉

洗剤に自分の名前をつけてしまうほどの洗剤オタクです。 住まいのお掃除に役立つ情報から、清掃業者さんのスキルアップに役立つ情報まで、汚れ落としに関する情報を発信しています。 汚れ落としに関するご相談もお気軽にどうぞ。

茂木和哉 YouTube
茂木和哉 Instagram
茂木和哉 Facebook
茂木和哉 Twitter
きれい研究所公式サイト

関連の記事。こちらもどうぞ

安心安全かつ自分に合った無添加石けんの選び方、教えます!

少しでも安心安全な石けんを使いたいなら、 ・合成界面活性剤 ・キレート剤(リン酸塩、エデ

記事を読む

酸化鉄スケールに相性が良い洗浄剤とは?

お風呂やシンクなどの水回りに付着する赤褐色の汚れの正体は 酸化鉄スケールという水あか汚れで

記事を読む

液体洗浄剤と粉末洗浄剤、どちらを選びますか?

清掃業の皆さん、 液体洗浄剤と粉末洗浄剤だったらどっちが好きですか? 私は粉末洗浄剤

記事を読む

no image

洗浄成分のpHの低さ高さランキング!

洗浄剤選びでpHは重要なポイントの1つです。 なぜなら、 酸性洗浄剤なら低ければ低いほど洗浄

記事を読む

洗浄力が高い中性洗剤を選ぶためのポイント

油脂汚れを洗浄したいけれど、 素材への影響が心配でアルカリ洗浄剤が使えるか不安...

記事を読む

洗剤エキスパート茂木和哉の人気の記事

  • 新製品! 茂木和哉バスタブ用 好評発売中
  • 茂木和哉
カビが生えにくい浴室にする方法!

梅雨の季節は、少しでも油断するとカビがすぐに生えてきます。

バスタブ内側の茶色の汚れにお困りではありませんか?

バスタブ内側の茶色の汚れに、お困りな方はおりませんか?

【プロ必見】手持ちの洗浄剤を少なくするメリットとその方法

清掃業の皆さん、 「現場に持っていく洗浄剤の種類が多くて大変

茂木和哉流!水道代を節約する食器の洗い方!

台所洗剤は、洗浄成分の種類や配合量によって、すすぎの時のヌルヌ

茂木和哉、合成洗剤と中性洗剤の違いについて語る

皆さん、「合成洗剤」と「中性洗剤」の違いをご存知ですか?

→もっと見る

PAGE TOP ↑