ブログ

【プロ必見】酸性洗浄剤選びのポイントとは?

清掃業者の皆さん、
「水垢落とし用の酸性洗浄剤は、どんなものを選んだらいいの?」
「洗浄剤に含まれている酸性成分で水垢の落ちが変わるの?」
など、水垢落とし用洗浄剤を選ぶことについてわからないことはありませんか?

そんな方のために、今回は水垢汚れ用洗浄剤を選ぶポイントをお伝えしたいと思います!

水垢汚れ用洗浄剤選びで重要な大切なポイントは、ズバリ2つです。

それは、
・落としたい水垢の種類
・洗浄剤に含まれている酸性洗浄成分の種類
です。

では、詳しく説明していきます。

水垢と言っても複数の種類があります。

例えば、良く知られるところでいくと
・カルシウムスケール(炭酸カルシウム、リン酸カルシウムなど)
・酸化鉄スケール(酸化鉄)
・シリカスケール(ケイ酸カルシウム、ケイ酸ナトリウム)
です。

水垢は、酸性度が強ければどんな種類でも落ちると言うことはありません。

なぜなら、酸性洗浄成分と水垢には、相性があるからです。

なので、落としたい水垢の種類と洗浄剤に含まれている酸性洗浄成分の種類が重要になるのです。

それがわかれば水垢に対して最も効果のある酸性成分が主成分の洗浄剤を選べば良いわけですから。

では、カルシウムスケール、酸化鉄スケール、シリカスケールに相性の良い酸性成分をご紹介します。

先ずは、カルシウムスケールです。

特に相性がよいものが、塩酸、スルファミン酸です。

もちろん配合量が多ければ多いほど、洗浄力は高まります。

尿石も炭酸カリウムと同じく炭酸カルシウムが原因の汚れですので、尿石洗浄剤には、塩酸やスルファミン酸が主成分のものが良く使われます。

次に、酸化鉄スケールです。

特に相性がよいのが蓚酸、クエン酸、塩酸です。

お薦めなのが蓚酸です。クエン酸より分解力が高く、塩酸のような強い刺激性、腐食性がありません。

そして、シリカスケールです。

シリカスケールは、落とせる成分が、フッ化水素酸(フッ酸)とフッ化アンモニウム類だけです。

それ以外は、反応しません。

塩酸、硝酸でも全く反応しません。

しかし、フッ化水素酸(フッ酸)とフッ化アンモニウム類は、危険度、難易度が高いので、洗浄剤を使用して化学的に洗浄するのではなく、研磨剤などを使用した物理的洗浄で落とす方法も選択も入れて検討されることをお薦めします。

最後に私が使用するカルシウムスケール、酸化鉄スケール、シリカスケールの洗浄に最適な洗浄剤をご紹介します。

 

カルシウムスケールに最適な「カルシュワ」

 

酸化鉄スケールに最適な「赤鬼」

 

シリカスケールに最適な「瞬間水あかクリーナー」

 

汚れ落とし研究家
茂木和哉@motegikazuya
独学で掃除と洗剤作りを学び、秋田からパソコン1つで情報発信を始め、自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」を大ヒットさせる。 現在ではシリーズ展開させ全国のお店に並ぶまでに。 汚れ落とし歴27年で得たノウハウを惜しみなく伝えるYouTubeチャンネル「茂木流掃除術」は、チャンネル登録数27万を超える。
\ Follow me /