*

なぜアルコール除菌剤は、インフルエンザに効果があるのにノロウイルスには効果がないのか?

a0002_007512

最近巷では、ノロウイルスとインフルエンザウイルスが流行してますが、皆さん予防、対策はちゃんとされてますか?

この2つは同じ「ウイルス」なのですが、実は予防、対策する上で大きく違う点があります!

それは、アルコール除菌剤の効果です。

インフルエンザウイルスには、効果があるアルコール除菌剤なのですが、ノロウイルスには、全く効果がないのです。

なぜなのか?

その理由は、それぞれのウイルスの体の表面のつくりが違うからです。

インフルエンザウイルスの体の表面は、脂質です。

アルコールは、油脂分を溶かす働きがあるので表面を溶かし、しっかり内部まで入っていけます。

だから、インフルエンザにはアルコールが効くのです。

しかし、ノロウイルスの体の表面は、タンパク質です。

タンパク質は、アルコールでは、溶かせませんので内部まで入っていけないのです。

これが、ノロウイルスに、アルコール除菌剤が効かない理由です。

ではどうやってノロウイルスの感染予防対策をしたらよいのか?

間違いのない方法は、塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)です。

つけ置きができるものは熱湯消毒でもOKです。

熱湯消毒は、85度以上で1分以上のつければOKです。

熱湯に浸けおくというより煮るという感じですね。

The following two tabs change content below.
茂木 和哉

茂木 和哉

洗剤に自分の名前をつけてしまうほどの洗剤オタクです。 住まいのお掃除に役立つ情報から、清掃業者さんのスキルアップに役立つ情報まで、汚れ落としに関する情報を発信しています。 汚れ落としに関するご相談もお気軽にどうぞ。

茂木和哉 YouTube
茂木和哉 Instagram
茂木和哉 Facebook
茂木和哉 Twitter
きれい研究所公式サイト

関連の記事。こちらもどうぞ

食器洗いの手荒れ対策におススメなゴム手袋

食器洗いの手荒れ対策と言えば もっとも有効なのなゴム手袋をすることです。 しかし普通

記事を読む

酸素系漂白剤とは?

酸素系漂白剤とは、 酸素の酸化力を利用して汚れを分解する漂白剤です。 最も多くな特徴

記事を読む

窓ガラスは内側と外側では洗剤を変えましょう!

窓ガラスの汚れは、内側と外側で全く違いますので本当なら洗剤を変えなければいけません。

記事を読む

【詳しく解説】界面活性剤の働きとは?

食事をした後の食器や、皮脂で汚れた服は 水洗いだけではなかなかきれいになりません。

記事を読む

台所用フキンの洗い方と除菌の仕方

台所用のフキンは汚れを落とす事と同時に 除菌と消臭も大切です。 夏場の季節は、むしろ

記事を読む

洗剤エキスパート茂木和哉の人気の記事

  • 茂木和哉 初の著書が発売決定! 予約受付中!
より洗浄力が高くできるだけ安全な洗剤を目指して

  最近のトイレやお風呂は、汚れが付きにくくな

茂木和哉の業務用つけ置き洗剤のご紹介!

純愛、サムライ、泥汚れZ、そして今田耕司さんからのオファーで作

バスクリーナーで水垢汚れは落ちるのか?

よく売られているものから、そうでないものまで、普通のバスクリー

浴場清掃に最適なバスクリーナーの条件とは?

浴場施設関係者の皆さん、日々お使いになっているバスクリーナーに

塩素臭が苦手な方必見!塩素臭を抑える方法!

  皆さんが、日々のお掃除や洗濯でよく使う塩素

→もっと見る

PAGE TOP ↑