*

なぜアルコール除菌剤は、インフルエンザに効果があるのにノロウイルスには効果がないのか?

a0002_007512

最近巷では、ノロウイルスとインフルエンザウイルスが流行してますが、皆さん予防、対策はちゃんとされてますか?

この2つは同じ「ウイルス」なのですが、実は予防、対策する上で大きく違う点があります!

それは、アルコール除菌剤の効果です。

インフルエンザウイルスには、効果があるアルコール除菌剤なのですが、ノロウイルスには、全く効果がないのです。

なぜなのか?

その理由は、それぞれのウイルスの体の表面のつくりが違うからです。

インフルエンザウイルスの体の表面は、脂質です。

アルコールは、油脂分を溶かす働きがあるので表面を溶かし、しっかり内部まで入っていけます。

だから、インフルエンザにはアルコールが効くのです。

しかし、ノロウイルスの体の表面は、タンパク質です。

タンパク質は、アルコールでは、溶かせませんので内部まで入っていけないのです。

これが、ノロウイルスに、アルコール除菌剤が効かない理由です。

ではどうやってノロウイルスの感染予防対策をしたらよいのか?

間違いのない方法は、塩素系漂白剤(次亜塩素酸ナトリウム)です。

つけ置きができるものは熱湯消毒でもOKです。

熱湯消毒は、85度以上で1分以上のつければOKです。

熱湯に浸けおくというより煮るという感じですね。

The following two tabs change content below.
茂木 和哉

茂木 和哉

洗剤に自分の名前をつけてしまうほどの洗剤オタクです。 住まいのお掃除に役立つ情報から、清掃業者さんのスキルアップに役立つ情報まで、汚れ落としに関する情報を発信しています。 汚れ落としに関するご相談もお気軽にどうぞ。

茂木和哉 YouTube
茂木和哉 Instagram
茂木和哉 Facebook
茂木和哉 Twitter
きれい研究所公式サイト

関連の記事。こちらもどうぞ

塩素系漂白剤とは?

酸化力が強く洗剤では落ちない汚れの漂白剤や キッチンやトイレの除菌剤としてよく使われます。

記事を読む

【茂木和哉流】汚れたシンクをピカピカにする方法を教えます!

キッチンまわりのガンコな汚れと言うと レンジフードやフィルター、ファン、換気扇に べった

記事を読む

食中毒の基本と対策

食中毒対策をしっかり行いたいなら まず基本を抑えないといけません。 そして、食中毒対

記事を読む

リンスと柔軟剤の働きと意外な活用方法

洗浄を目的とした界面活性剤には、 通常アニオン(陰イオン)界面活性剤が使われます。

記事を読む

服についた泥汚れを落とす方法とは?

泥汚れは、皮脂汚れのように 界面活性剤や漂白剤では、 落とすことができない汚れです。

記事を読む

洗剤エキスパート茂木和哉の人気の記事

  • 新製品! 茂木和哉バスタブ用 好評発売中
  • 茂木和哉
カビが生えにくい浴室にする方法!

梅雨の季節は、少しでも油断するとカビがすぐに生えてきます。

バスタブ内側の茶色の汚れにお困りではありませんか?

バスタブ内側の茶色の汚れに、お困りな方はおりませんか?

【プロ必見】手持ちの洗浄剤を少なくするメリットとその方法

清掃業の皆さん、 「現場に持っていく洗浄剤の種類が多くて大変

茂木和哉流!水道代を節約する食器の洗い方!

台所洗剤は、洗浄成分の種類や配合量によって、すすぎの時のヌルヌ

茂木和哉、合成洗剤と中性洗剤の違いについて語る

皆さん、「合成洗剤」と「中性洗剤」の違いをご存知ですか?

→もっと見る

PAGE TOP ↑