お掃除情報:商品紹介

2023年版!塩素系泡スプレー洗剤4つで密着力対決をしてみました

nishiyama
のぞみ
のぞみ

こんにちは!のぞみです。

泡スプレータイプの塩素系洗浄剤がたくさん発売されていますが、実は中身の成分はほとんど同じ。違いは泡の密着力です。

黒ずみや黒カビといったガンコな汚れは、できるだけ長い時間洗剤と密着させておく必要があるので、密着力の高い洗剤ほど汚れ落ちがいい洗剤、と言えるんです♪

そこで今回は、2023年時点で発売されている泡スプレータイプの塩素系洗浄剤の密着力対決をしていきたいと思います!

ちなみに今回参‌考‌に‌し‌た‌の‌は、‌こ‌ち‌ら‌の‌茂‌木‌和‌哉‌(‌‌@motegikazuya‌‌)‌さ‌ん‌の‌YouTube‌動‌画‌で‌す!

目次
  1. 比べる塩素系泡スプレーの紹介
  2. 「強力カビハイター」VS「カビキラー」
  3. 「トップバリュ キッチン漂白泡スプレー」VS「キッチン泡ハイター」
  4. 3位決定戦「カビキラー」VS「トップバリュ キッチン漂白泡スプレー」
  5. 1位決定戦「強力カビハイター」VS「キッチン泡ハイター」
  6. 気になる結果発表!
  7. まとめ

比べる塩素系泡スプレーの紹介

それでは今回の対決で使う、泡タイプの塩素系洗浄剤をご紹介していきます。

左からジョンソンさんのお風呂用洗浄剤「カビキラー」、花王さんのお風呂用洗浄剤「強力カビハイター」、同じく花王さんのキッチン用洗浄剤「キッチン泡ハイター」、そしてトップバリュさんのプライベートブランド「キッチン漂白泡スプレー」です。

今回はこの4つをトーナメント形式で、密着力の比較をしていきます♪

今回の対決の注目ポイント3つ

今回の対決でまず注目したいのは、おなじお風呂用カビ取り洗浄剤の「カビキラー」と「強力カビハイター」です。

価格帯が同じくらいなので、できるだけ密着力の高い方を選びたいですしね!

つぎに注目するのは、おなじ花王さんから出ている「強力カビハイター」と「キッチン泡ハイター」です。

同じメーカーさんなのでそこまで違いはないのかな……?とも思いますが、わざわざわけて発売しているくらいですから、なにか違いはありそうです!

そして最後は、キッチン用洗浄剤の「キッチン泡ハイター」と「トップバリュ キッチン漂白泡スプレー」です。

「トップバリュ キッチン漂白泡スプレー」はプライベートブランドですので、「キッチン泡ハイター」よりも50~100円くらい安いんです。

もし密着力が同じくらいなら、節約のためにも少しでもお手頃価格の物を選びたいですしね!

対決のルール

密着力対決は、トーナメント形式で行います。

一回戦は「強力カビハイター」と「カビキラー」、「トップバリュ キッチン漂白泡スプレー」と「キッチン泡ハイター」で競い、それぞれ勝った方で決勝戦を行います。

また、それぞれの負けたほうで3位決定戦も行います。

たてかけてある黒いボードにそれぞれの洗剤を1回プッシュし、長く泡が留まっていた方が勝ち、というルールで行きますね。

1回プッシュするだけでは誤差があるかもしれませんので、対決は2回ずつ、僅差の場合は必要に応じて3回行います。

「強力カビハイター」VS「カビキラー」

まずは1回戦!「強力カビハイター」VS「カビキラー」です。

左手に「強力カビハイター」、右手に「カビキラー」を持って、10cmほど離れたところから黒いボードに1回プッシュしていきます。

……どうでしょうか!?右側の「カビキラー」は早速垂れてきました。

「カビキラー」の泡はすぐ下まで届いてしまいましたが、「強力カビハイター」の泡はゆっくり落ちています。

また、見ていただきたいポイントは泡の一番上のところです。

ちょうど指をさしているあたりになりますが、「カビキラー」はもう泡がないのに対して、「強力カビハイター」はまだ泡が上に残っています。

それでは場所を変えて、もう1回比べていきます。

同じように10cmほど離して、プッシュしていきますね。

……どうでしょうか!?やはり「カビキラー」の方が早く下に垂れていってしまいます。

「強力カビハイター」と「カビキラー」の対決、泡の密着力が高いのは「強力カビハイター」で決まりです♪

「トップバリュ キッチン漂白泡スプレー」VS「キッチン泡ハイター」

つぎは「トップバリュ キッチン漂白泡スプレー」と「キッチン泡ハイター」の密着力を比べていきます。

左手に「トップバリュ キッチン漂白泡スプレー」、右手に「キッチン泡ハイター」を持って、10cmほど離れたところから黒いボードに1回プッシュしていきます。

……どうでしょうか!?結構いい勝負のように思えます。

どちらかというと、右側の「キッチン泡ハイター」のほうが若干流れていくのがゆっくりですね。

気になるのが泡の形状です。

右側の「キッチン泡ハイター」はキレイな一本筋のような泡です。

左側の「トップバリュ キッチン漂白泡スプレー」は。切れ目のある泡ですね。

もう一回比べてみましょう。

……どうでしょうか?今回は左側の「トップバリュ キッチン漂白泡スプレー」のほうが早く流れていきます。

わかりにくいので3回目の比較に行きましょう。3回目は2回プッシュしていきます。

……どうでしょうか?わずかではありますが「キッチン泡ハイター」の方がわずかに密着力が高く、少しゆっくり流れていきます。

そして違いは泡の形状です。

右側の「キッチン泡ハイター」はまとまった泡が落ちていきますが、左側の「トップバリュ キッチン漂白泡スプレー」は細切れの泡で、流れ落ちていくあいだに泡自体が消えてなくなっています。

ということで「トップバリュ キッチン漂白泡スプレー」と「キッチン泡ハイター」の対決、泡の密着力が高いのはイター」で決まりです♪

3位決定戦「カビキラー」VS「トップバリュ キッチン漂白泡スプレー」

1回戦が終わりました。

それぞれの勝者は「強力カビハイター」、「キッチン泡ハイター」となっています。どちらも花王さんの泡スプレーが残ったという結果ですね!

それでは決勝戦の前に3位決定戦を行います。

3位決定戦で使うのは、「カビキラー」と「トップバリュ キッチン漂白泡スプレー」です。

左側に「カビキラー」、右側に「トップバリュ キッチン漂白泡スプレー」を持って、1回プッシュしていきます。

……どうでしょうか?わずかではありますが「トップバリュ キッチン漂白泡スプレー」よりも「カビキラー」のほうが早く流れ落ちていきます。

上の方の泡のようすも似ていますが、若干左側の「カビキラー」のほうが泡が残っているように見えます。

もう1回プッシュして比べてみましょう。

……どうでしょうか?今度は左側の「カビキラー」のほうが早く下に流れ落ち、右側の「トップバリュ キッチン漂白泡スプレー」のほうが早く下に落ちてしまいました。

判定が難しいので、3回目の比較をしてみましょう。

今度は2回プッシュしてみます。

……どうでしょうか!?3回目は左側の「トップバリュ キッチン漂白泡スプレー」の方が早く下に流れていきました。

上の泡のようすをみても、泡が多く残っているのは右側の「カビキラー」です。

差はわずかではありますが、「カビキラー」と「トップバリュ キッチン漂白泡スプレー」、密着力が高いのは「カビキラー」のほうですね!

「カビキラー」と「トップバリュ キッチン漂白泡スプレー」の対決、泡の密着力が高いのは「カビキラー」で決まりです♪

1位決定戦「強力カビハイター」VS「キッチン泡ハイター」

いよいよ決勝戦です。

最後はなんと花王さん同士の対決!左側に「強力カビハイター」、右側に「キッチン泡ハイター」をかけていきます。

まずは1回プッシュして比べてみましょう。

1回目は右側の「キッチン泡ハイター」が早く流れ落ちていきます。

そして注目すべき点は、上に残っている泡ですね。

左側の「強力カビハイター」は、泡の流れ落ちるスピードがゆっくりなだけでなく、上の泡もしっかり残っています!

2回目の比較をしていきましょう。同じように1回ずつプッシュしていきます。

……どうでしょうか?やっぱり左側の「強力カビハイター」の方がゆっくり流れていきます。

「強力カビハイター」と「キッチン泡ハイター」の対決は、泡の密着力が高いのは文句なしで「強力カビハイター」で決まりです♪

気になる結果発表!

ということで4つの泡スプレータイプ塩素系洗浄剤の比較が終わりました。

結果をまとめると

1位:花王「強力カビハイター」

2位:花王「キッチン泡ハイター」

3位:ジョンソン「カビキラー」

4位:トップバリュ「キッチン漂白泡スプレー」

となりました。

1位と2位は花王さんの洗剤になりましたね!

また、3位と4位の違いは、そこまで大きくありませんでした。

密着力重視なら「強力カビハイター」

実は以前に「強力カビハイター」と「キッチン泡ハイター」、「カビキラー」の密着力対決をしたことがあります。

ですが今回改めて密着力対決をしたのには理由があります。

1つは「トップバリュ キッチン漂白泡スプレー」を加えて対決したかったから。

もう1つはリニューアルされて順位が変わっている可能性があるから、です。

花王さんやジョンソンさんといった大手洗剤メーカーさんは、知らないうちに中身の成分がリニューアルされていることがあります。

前回の対決での1位は「強力カビハイター」だったのですが、もしかしたら変わっているかな?と思ってまた対決してみました!

ですが結果としては、やはり1位は「強力カビハイター」のままでしたね。

泡タイプの塩素系洗浄剤は、ただ吹きかけて放置するだけでも、泡の密着力が高ければ汚れは良く落ちてくれます。

もちろん壁面のように泡が流れていきやすい場所に使うときは、シュッシュとスプレーした後にスポンジやブラシ洗いをして泡を塗り広げる必要はあります。

でもすぐに塗り広げるとしても、少しでも泡がくっ付いてくれると、あせらずお掃除できますしね!

これだけ密着力が高ければ、お風呂のカビ落としだけでなく、キッチンシンク掃除、洗面ボウル掃除、トイレ掃除とあれこれ使えます。

密着力重視で洗剤を選ぶなら、わたしは「強力カビハイター」をおすすめします♪

コスパ重視なら「トップバリュ キッチン漂白泡スプレー」

今回の密着力対決、最下位になってしまったのは「トップバリュ キッチン漂白泡スプレー」でした。

ですが今回使った泡タイプの塩素系洗浄剤のなかで、一番価格が安いのは「トップバリュ キッチン漂白泡スプレー」です。

それに「トップバリュ キッチン漂白泡スプレー」は密着力対決では、3位の「カビキラー」といい勝負でした。

なのでできるだけコスパの良い洗剤を選ぶのなら、わたしは「トップバリュ キッチン漂白泡スプレー」をおすすめします!

ただし、「トップバリュ キッチン漂白泡スプレー」で1つ気になるのはスプレートリガーの耐久性です。

実際に使ってみると、「トップバリュ キッチン漂白泡スプレー」は他の3つの洗剤に比べてスプレーが固く感じました

スプレーするときに力が必要なので、すぐ壊れてしまわないかな?と心配になります。

しばらく「トップバリュ キッチン漂白泡スプレー」を使って、どれくらいスプレートリガーが持つのかも、またお伝えしていきますね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は泡スプレータイプの塩素系洗浄剤4つの密着力を、実際に比べていきました。

どの洗剤を買おうか迷ったら、今回の対決を思い出してくださいね♪

また、今回は黒いプラスチックボードに吹きかけて密着力を比較しました。

素材によって密着力が違う可能性もありますし、気になる方はぜひご自宅のお風呂の壁でも比べてみてください!

また、YouTubeチャンネル「のぞみのお掃除講座」では、お掃除にまつわるいろんな情報をお届けしています。

こちらの動画もみてもらえると嬉しいです!

さらに自分にあったお掃除法を見つけたいという方は、「汚れ落とし研究家 茂木和哉のラクラク掃除術」を読んでみてくださいね。

茂木さんがお掃除ノウハウを、わかりやすくまとめてくれていますよ~!

created by Rinker
¥1,540 (2024/06/22 10:33:42時点 Amazon調べ-詳細)

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました。

またお会いしましょう~♪

ABOUT ME
茂木和哉
茂木和哉
汚れ落とし研究家
1975年秋田県生まれ。20歳で温泉浴場清掃をバイトで経験。21歳で工業薬品や業務用洗剤の販売会社に就職。30歳で洗剤メーカーに転職し、1年後の秋田で独立。 独学で掃除と洗剤作りを学び、秋田からパソコン1つで情報発信を始め、自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」を大ヒットさせる。現在ではシリーズ展開させ全国のお店に並ぶまでに。 汚れ落とし人生で得たノウハウを惜しみなく伝えるYouTubeチャンネル「茂木流掃除講座」は、チャンネル登録数30万を超える。
記事URLをコピーしました