ブログ

茂木和哉流!水道代を節約する食器の洗い方!

台所洗剤は、洗浄成分の種類や配合量によって、すすぎの時のヌルヌルがとれやすさや、泡切れのしやすさが変わってくるので、洗剤の価格とヌルヌル、泡切れは関係ありません。

安い洗剤はヌルヌルや泡が取れにくくて、高い洗剤だとヌルヌルや泡が取れやすいと言うことはないのです。

このことを分かってないと、「節約しようとして安い洗剤を使っけど水を多く使うようになってしまい、節約につながっていない気がする…」なんてことになります。

何を言いたいかと言うと、食器洗いで節約を考える場合は、ただ洗剤の価格だけを使えば良いというわけではなく、いかに「節水」できるかを考えなければならないと言うことです。

そこで、今回は水道代を節約できる食器の洗い方を2つ紹介します!

1つ目は、洗剤選びです。

台所洗剤には、必ず合成界面活性剤が含まれています。

なぜ合成界面活性剤が含まれているかと言うと、食器洗いの用途に最適な洗浄成分だからです。

しかし、実は合成界面活性剤と同じように食器洗いに適した洗浄成分が他にもあります。

それが、石けんです。

石けんは、合成界面活性剤と比べ、非常に泡切れが良く、ヌルつきも素早くとれます。

体を石けんで洗った事のある方ならイメージできると思いますが、洗った後シャワーで流すと泡や体のヌルヌルがすぐに消えますよね?

一方、ボディーソープは、しっかりシャワーで洗い流さなければ、ヌルヌルや泡が取れてくれませんよね。

実は、ボディーソープも台所洗剤と同じ、主成分が合成界面活性剤です。

と言うことは、体洗いと同じように食器洗いに石けんを使えば、ヌルヌルや泡が早く消えると言うわけです。

なので普通の台所洗剤から石けんに変えるだけで、かなり節水につながります。

私がお薦めする食器洗いに適した石けんの条件は、
・液体せっけんであること
・複合石鹸であること
の2つです。

石けんには、洗浄成分が石けん分だけのもの以外に、石けんと合成界面活性剤の2つが含まれているもの
があります。

その石けんと合成界面活性剤の2つが含まれているものを複合石けんと言います。

なぜ複合石けんをお薦めするのかと言うと、石けん分だけのものでは、洗浄力がが少し弱いからです。

洗浄力が弱いと、油分が多いフライパンや食器だと1度で洗うことができず、数度洗わなければなりません。

そうなると水道水も多く使ってしまいます。

なので石けんだけのものより洗浄力が高い複合石けんが良いわけです。

私が開発した商品に食器洗い用の複合石けんがあります。

もし複合石けんを試してみたいのでしたら、ぜひこちたのパラデッシュをお試しください。

また、より節水につなげたいのでしたら以下の3つも合わせて行うと良いです。

・食器を下げる際にお皿を重ねないようにし食器に付く汚れを広くしないようにする。
・食器洗いの順番を、油汚れはひどくないものからひどいものへと洗う。
・できるだけ食事の後すぐに洗う。

 

次にもう1つの方法ですが、この方法は、今お使いの普通の台所洗剤で節水できる方法です。

それは、桶を使って食器を洗う方法です。

洗い桶を使えば、食器洗い中の水道水の出しっぱなしを防げますし、洗剤を原液ではなく希釈して使うので、すすぎに使う水が少なくて済みます。

では具体的にイメージできるように、やり方を順番通り説明していきます。

1.汚れがひどい食器は新聞紙で先に落とす。
※ヘラのようものでもOKです。

2.洗い桶にお湯をはり台所洗剤を少量いれ、そこに食器を入れる。
※薄めた洗剤でもお湯を使えば油汚れが良く落ちます。

3.洗い桶の中で食器をスポンジで洗い、洗い終わった食器は洗い桶の外に食器を置く。

4.桶が空になったら桶の水をすて、その中に食器をすべて入れ、水を受けるようにして食器を1枚づつ流水ですすぎ、水切りラックに入れていく。
※水道水の出しすぎには注意してください。
※シャワーででる蛇口にすれば、より早くすすげ節水につながります。

実は、この洗剤を希釈して使う方法が台所洗剤の基本的な使い方で、多くの台所洗剤は、原液で使うものではなく希釈して使うことを前提に作ってます。

その証拠は、パッケージ裏面の「使用量の目安」を見ればよくわかります。

使用量の目安には、原液を使用した場合の目安ではなく、希釈することを前提とした希釈割合が記載されているのです。

 

いかがでしたでしょうか?

以上が、茂木和哉流水道水を節約する食器の洗い方です。

節水を意識することは、洗剤の使い過ぎ防止にもつながるので、家計を少しでも楽にしたい方は、ぜひ参考しにしてください!

汚れ落とし研究家
茂木和哉@motegikazuya
独学で掃除と洗剤作りを学び、秋田からパソコン1つで情報発信を始め、自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」を大ヒットさせる。 現在ではシリーズ展開させ全国のお店に並ぶまでに。 汚れ落とし歴27年で得たノウハウを惜しみなく伝えるYouTubeチャンネル「茂木流掃除術」は、チャンネル登録数27万を超える。
\ Follow me /