*

木部のぬめりの原因と解決方法につて

公開日: : :茂木 和哉 ブログ , , ,

木製風呂桶の「ぬめり」について、お客様からいただいた質問について、私が回答させていただいた内容をご紹介します。

 

〇お客様からの質問

木製の風呂桶の「ぬめり」と「アオコ」を除去しようと思いバスフレッシュを使いました。

「アオコ」はきれいに落ちましたが「ぬめり」にはまったく効果が表れませんでした。

木材 は「サワラ」でバスフレッシュは水10Lに対してキャップ2.5杯です。

より濃い目の液体に2時間ぐらい漬け置きしました。(1回だけ)

何かアドバイスありましたらお願いします。

 

茂木和哉の回答

ご質問ありがとうございました。

ではお答えいたします。

木部のぬめりは、
・バクテリアが原因のぬめり
・泉質が原因のぬめり
・木部表面の状態による傷み
が代表的です。

先ず、バクテリアが原因によりぬめりですが、バクテリアを除菌すれば無くなりますので、除菌効果の強いバスフレッシュを使えば解決できます。

なので、この原因は除外されます。

次に、泉質が原因のぬめりですが、このぬめりが発生する条件は、温泉であることです。

なので温泉でなければ、この原因は除外されます。

温泉の場合は、今お使いのスケール洗浄剤で解決できるケースがほんどですので、先ずはお試しください。

ただし、酸性度が強すぎると木部に良くないので希釈してお試しください。

最後に、木部表面の状態によるぬめりですが、先ず、どのような状態かと言うと、木部表面が傷み繊維が毛羽立っている状態です。

乾いた状態では、ぬつきはありませんが、水を含むとヌルつきを強く感じます。

この状態は、洗浄剤では解決できません。

しっかり乾いた状態で電動サンダーや耐水ペーパーなどでやすりがけして毛羽立ちをとらなければ解決しません。

なぜ、木部表面が毛立ってくるのかと言うと、これまで液体タイプの塩素系カビ取り剤を木部に使用する事が大きな原因です。

液体タイプの塩素系漂白剤は、アルカリ性です。

木材はアルカリに弱いのでアルカリ性のカビ取り剤によって、木部表面の侵され、繊維だけが残ってしまい毛羽だった状態になってしまうわけです。

バスフレッシュは、中性タイプですので、もし木部の毛羽立ちが原因のようでしたら、先ずは上記方法で毛羽立ちをとった後は、バスフレッシュでカビ対策をされることをお薦めします。

​以上でございます。どうぞよろしくお願いいたします。

 

今回登場した商品

バスフレッシュ

The following two tabs change content below.
茂木 和哉

茂木 和哉

洗剤に自分の名前をつけてしまうほどの洗剤オタクです。 住まいのお掃除に役立つ情報から、清掃業者さんのスキルアップに役立つ情報まで、汚れ落としに関する情報を発信しています。 汚れ落としに関するご相談もお気軽にどうぞ。

茂木和哉 YouTube
茂木和哉 Instagram
茂木和哉 Facebook
茂木和哉 Twitter
きれい研究所公式サイト

関連の記事。こちらもどうぞ

洗剤エキスパートへの道のり

洗剤エキスパートを目指そうと思ったきっかけ の続きです。 洗剤エキスパートを目指そう

記事を読む

鍋洗いにもお薦めなサムライ!

「鍋底にくっついた麺が取れない...」 「うっかり鍋底を焦がしてしまった...」 「大鍋

記事を読む

茂木和哉の真骨頂!茂木和哉で蛇口についた水垢を落としてみた!

水道の蛇口は、使うたびに水で濡れる場所なので、 長く使い続けるほど、水垢で汚れてしまいます。

記事を読む

洗剤メーカーとして出発した頃の私

洗剤エキスパートへの道のり の続きです。 私が「洗剤作るぞっ!」 と決意し起業たのが、30

記事を読む

なぜ「茂木和哉」は安全性が高いのか?

「洗浄力が強い茂木和哉は、安全面が心配...」 「茂木和哉は、酸だから怖い...」 「茂

記事を読む

洗剤エキスパート茂木和哉の人気の記事

  • 新製品! 茂木和哉バスタブ用 ご予約受付中
  • 茂木和哉
茂木和哉流!水道代を節約する食器の洗い方!

台所洗剤は、洗浄成分の種類や配合量によって、すすぎの時のヌルヌ

茂木和哉、合成洗剤と中性洗剤の違いについて語る

皆さん、「合成洗剤」と「中性洗剤」の違いをご存知ですか?

木部のぬめりの原因と解決方法につて

木製風呂桶の「ぬめり」について、お客様からいただいた質問につい

【茂木和哉直伝】漂白剤の種類と特徴を教えます!

普通の洗濯洗剤では落としきれない衣類についた汚れやシミに重宝す

【プロ必見】成分表記から垣間見えるメーカーの考え方

業務用洗剤は、一般向け洗剤のように、パッケージに商品の情報を細

→もっと見る

PAGE TOP ↑