*

「天然由来」や「植物系」洗剤は安全とは限りません。

公開日: : 最終更新日:2017/03/04:茂木 和哉 知って得する石けんの知識

手荒れしやすい合成界面活性剤で、近年、食器洗剤に使われることが多いアルキル硫酸エステルナトリウム(別名:ラウリル硫酸ナトリウム)は、手荒れしやすいだけでなく、その他の危険性の高さも問題視されている合成界面活性剤 です。

実は、このアルキル硫酸エステルナトリウムは、石油からでもヤシ油からでも作ることができる合成界面活性剤なのですが、石油から作られようと、ヤシ油から作られようと、できた合成界面活性剤がラウリル硫酸ナトリウムであれば、どちらも同じ危険な合成界面活性剤に違いありません。

ヤシ油から作った方が石油から作ったものより安全性が高いと言う事はありません。
どちらも同じ安全性ですし、危険性も同じなのです。

さらに、アルキル硫酸エステルナトリウムは、一昔前は石油から作られることが多かったのですが、今ではヤシ油から作られることが増えた為、パッケージ表記に「天然由来」「植物系」を表記され、消費者を惑わし皆さんの購買意欲を誘っています。

洗剤を選ぶ際は、パッケージで判断せずに、必ず成分をチェックするように心がけましょう。

The following two tabs change content below.
茂木 和哉

茂木 和哉

洗剤に自分の名前をつけてしまうほどの洗剤オタクです。 住まいのお掃除に役立つ情報から、清掃業者さんのスキルアップに役立つ情報まで、汚れ落としに関する情報を発信しています。 汚れ落としに関するご相談もお気軽にどうぞ。

茂木和哉 YouTube
茂木和哉 Instagram
茂木和哉 Facebook
茂木和哉 Twitter
きれい研究所公式サイト

関連の記事。こちらもどうぞ

手洗いにはせっけんを使いましょう。但し注意が必要です。

〇〇ソープにはご注意 手洗いも純せっけん 成分の多いものを使う方が手に良いのですが、〇〇ソープと明記

記事を読む

せっけんとは

せっけんは合成界面活性剤の一種です。動物や植物のあぶら(油脂)とアルカリを反応させて作られます。 ア

記事を読む

手肌のためには、固形せっけんと液体せっけんではどちらが良いですか?

手肌のためには固形せっけんよりも液体せっけんの方が良いです。 その理由は、2つあります。 液体せっ

記事を読む

せっけんと合成洗剤の違いはご存知ですか?

せっけん せっけんの作り方は、動物や植物の油(牛脂やヤシ油など)に水酸化ナトリウムや水酸化カリウム

記事を読む

手荒れに悩んでいます。洗濯洗剤はどのようなものを選んだら良いでしょうか?

せっけん をおすすめします。 洗濯用合成洗剤 は、 最近のコンパクト化の流れもあって 合成界面活性

記事を読む

洗剤エキスパート茂木和哉の人気の記事

  • 新製品! 茂木和哉バスタブ用 好評発売中
  • 茂木和哉
カビが生えにくい浴室にする方法!

梅雨の季節は、少しでも油断するとカビがすぐに生えてきます。

バスタブ内側の茶色の汚れにお困りではありませんか?

バスタブ内側の茶色の汚れに、お困りな方はおりませんか?

【プロ必見】手持ちの洗浄剤を少なくするメリットとその方法

清掃業の皆さん、 「現場に持っていく洗浄剤の種類が多くて大変

茂木和哉流!水道代を節約する食器の洗い方!

台所洗剤は、洗浄成分の種類や配合量によって、すすぎの時のヌルヌ

茂木和哉、合成洗剤と中性洗剤の違いについて語る

皆さん、「合成洗剤」と「中性洗剤」の違いをご存知ですか?

→もっと見る

PAGE TOP ↑