お風呂:床

【ゴシゴシ不要】カビ落とし&カビ予防ができる!?キッチン泡ハイターでお風呂掃除!

nishiyama
のぞみ
のぞみ

こんにちは!のぞみです。

塩素系漂白剤の「キッチン泡ハイター」は、黒カビやヌメリ汚れなどの生き物汚れを落とすのに効果的です。

キッチンのお掃除で使うことが多いかもしれませんが……今回はお風呂掃除に効果的に落とす方法をご紹介しますね♪

今回のお風呂掃除では、カウンターの洗い場や、床や壁を重点的に洗っていきますよ。

ちなみに今回参‌考‌に‌し‌た‌の‌は、‌こ‌ち‌ら‌の‌茂‌木‌和‌哉‌(‌‌@motegikazuya‌‌)‌さ‌ん‌の‌YouTube‌動‌画‌で‌す!

目次
  1. 「キッチン泡ハイター」でお風呂掃除をしてみました
  2. 「キッチン泡ハイター」がお風呂掃除におすすめの理由
  3. 「キッチン泡ハイター」はステンレス製品にも使える?
  4. まとめ

「キッチン泡ハイター」でお風呂掃除をしてみました

洗う場所にシャワーの水をかけて洗剤を塗り広げる

まずはお掃除する場所をシャワーで濡らします。そして「キッチン泡ハイター」を吹きかけていきましょう。

目立った汚れがなければ、「キッチン泡ハイター」を使う前にシャワーの水をかけておいた方が、洗剤の伸びがよくなります。そうすれば節約にもなりますしね!

もちろんひどい汚れがあるときは、洗剤を濃いまま使ったほうがいいのでシャワーで濡らさず使ってくださいね。

洗剤を伸ばすのに使っているバスブラシは「バスボンくん」です。

柔らかい毛がついていて、蛇口のように細かいところにもしっかり洗剤を塗ることができて愛用しています!

つぎは壁の低いところに「キッチン泡ハイター」を吹きかけ、バスブラシで塗り広げます。

赤っぽくなっている汚れはそこまでガンコではありません。

強くゴシゴシしなくても「キッチン泡ハイター」を吹きかけて放置するくらいで落ちてくれます。

「キッチン泡ハイター」は定期的に使うといい!

カウンターの下を洗っていきます。

今の時点で目立った黒カビは付いていませんが、定期的に「キッチン泡ハイター」のような塩素系漂白剤を使っておくことでカビ菌を除菌しておくことができます。

「キッチン泡ハイター」は塩素系漂白剤ですので、除菌効果がかなり高いんです。

黒カビ・赤カビ・黒ずみ汚れの原因は、菌による生き物汚れです。

「キッチン泡ハイター」で滅菌に近い状態にしておくことで、汚れ予防になりますよ。

ただし何回も「キッチン泡ハイター」のような塩素系漂白剤を使ってお掃除するのはあまりオススメできません。

「キッチン泡ハイター」はかなり強い洗浄剤ですので、お掃除のたび素材に負担をかけてしまいます。

素材が傷んでしまうと、変色したり目立った汚れになってしまうこともあるので、気を付けてくださいね。

「キッチン泡ハイター」のニオイが気になるときは

「キッチン泡ハイター」のような塩素系漂白剤は、使っているときのニオイも気になりますよね。

できれば一度のお掃除でお風呂をまるごと洗おうとせず、床だけ、バスタブだけ……と区切ってもいいかもしれません。

一か所だけ洗うようにすればお掃除の時間は長くならないので、塩素のニオイで気持ち悪くなってしまうことはないはずです。

最後はお風呂の床に「キッチン泡ハイター」を吹きかけ、バスブラシで塗り広げます。

一通り洗剤をつけたら、そのまま3分ほど放置しましょう!

3分放置して洗い流す

「キッチン泡ハイター」を塗り広げてから3分ほどがたちました。汚れが落ちていたら、シャワーで洗剤を流していきましょう。

「キッチン泡ハイター」がお風呂掃除におすすめの理由

ということでここまで、「キッチン泡ハイター」を使ってお風呂の洗い場周りのお掃除をしてみました。

最後は「キッチン泡ハイター」を使うメリットについてお話していきます!

生き物汚れがラクに落ちる

「キッチン泡ハイター」でお風呂掃除をするメリット、1つ目は黒ずみや黒カビが良く落ちることです。

黒ずみや黒カビだけでなく、赤カビやぬるぬる汚れはどれも菌が原因の生き物汚れです。

「キッチン泡ハイター」は除菌効果が高いので、ゴシゴシこすり洗いをしなくても菌をやっつけてくれます。

塗り広げて放置するだけですし、とにかくお風呂掃除がラクチンですよね!

手軽にしっかりお掃除をしたい人にはおすすめのお掃除法です。

スプレーだから使いやすい

「キッチン泡ハイター」でお風呂掃除をするメリット、2つ目はスプレータイプで使いやすいことです。

塩素系漂白剤には、ボトルに入った液体タイプや、パイプ用のジェルタイプなどがあります。

でもお風呂のように広い場所を洗うなら、スプレータイプが一番使いやすいですね!

蛇口や壁のように洗剤が流れていきやすい場所にも、シュッシュとするだけで洗剤をかけることができます。

さらにバスブラシで塗り広げれば、泡がより密着してくれますよ。

「キッチン泡ハイター」はステンレス製品にも使える?

便利なお掃除法ではありますが、使うときには気を付けてもらいたいこともあります。

それは塩素に弱い素材には使わないこと!

今回は蛇口のカランにも「キッチン泡ハイター」を使いましたが、実はステンレスって塩素に弱いんです。

変色したりサビてしまうこともあるので、使うときは放置時間を短くしたり、シャワーの水をかけて塩素の濃度を低くしたりするなどの工夫をしましょう。

でも……「キッチン泡ハイター」は使い方をみると「使えるもの:ステンレス製品」と書かれているんです!

使い方のところにしっかりとステンレスにも使えるとあれば安心ですよね!

ただしこれはキッチンのお掃除に使う場合ですし、放置時間によっても異なります。

参考までに「キッチン泡ハイター」の使い方で放置時間が一番長いもので5分となっています。

なので『「キッチン泡ハイター」はステンレス製品にも使える』とはいっても、5分以上使う場合は傷んでしまうかもしれないことは覚えておいてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「キッチン泡ハイター」を使ってお風呂掃除をしてみました。

洗剤を塗り広げたらあとは放置するだけで、ゴシゴシする必要はありません。

既にカビが生えている場合はもちろん、汚れ予防としても使える方法ですのでぜひ試してみてくださいね。

また、YouTubeチャンネル「のぞみのお掃除講座」では、お掃除にまつわるいろんな情報をお届けしています。

こちらの動画もみてもらえると嬉しいです!

さらに自分にあったお掃除法を見つけたいという方は、「汚れ落とし研究家 茂木和哉のラクラク掃除術」を読んでみてくださいね。

茂木さんがお掃除ノウハウを、わかりやすくまとめてくれていますよ~!

created by Rinker
¥1,540 (2024/07/19 11:00:11時点 Amazon調べ-詳細)

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました。

またお会いしましょう~♪

ABOUT ME
茂木和哉
茂木和哉
汚れ落とし研究家
1975年秋田県生まれ。20歳で温泉浴場清掃をバイトで経験。21歳で工業薬品や業務用洗剤の販売会社に就職。30歳で洗剤メーカーに転職し、1年後の秋田で独立。 独学で掃除と洗剤作りを学び、秋田からパソコン1つで情報発信を始め、自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」を大ヒットさせる。現在ではシリーズ展開させ全国のお店に並ぶまでに。 汚れ落とし人生で得たノウハウを惜しみなく伝えるYouTubeチャンネル「茂木流掃除講座」は、チャンネル登録数30万を超える。
記事URLをコピーしました