お風呂:排水口

実は掃除向き!?ワイドハイターPROラク泡スプレーで排水口掃除をするメリット

nishiyama
のぞみ
のぞみ

こんにちは!のぞみです。

「オキシクリーン」などの酸素系漂白剤は、塩素系漂白剤のような刺激臭がなく安心して使えますよね。

黒ずみやカビにも効果があるのでお風呂掃除にも使っていきたいところですが……粉末タイプのものだと、排水口には上手く使えません。

そこで今回は泡で出てくるスプレータイプの酸素系漂白剤「ワイドハイターPROラク泡スプレー」を使って、お風呂の排水口掃除をする方法をご紹介していきます♪

ちなみに今回参‌考‌に‌し‌た‌の‌は、‌こ‌ち‌ら‌の‌茂‌木‌和‌哉‌(‌‌@motegikazuya‌‌)‌さ‌ん‌の‌YouTube‌動‌画‌で‌す!

今回のお掃除で使うアイテムの紹介 

まずは今回のお風呂掃除につかうアイテムからご紹介していきます。

1つ目は使い捨てのゴム手袋です。わたしはいつもニトリルゴム製のものを使っています。

そしてこすり洗いには、古歯ブラシを使います。

こすりやすいように歯ブラシの首を「くの字」に曲げて、さらに毛先を斜めにカットしてあります。

仕上げ拭きにはマイクロファイバークロスを使います。

そしてメインで使う洗剤はこちら!酸素系漂白剤の「ワイドハイターPROラク泡スプレー」です。

酸素系漂白剤といえば「オキシクリーン」や過炭酸ナトリウムがありますね。

「ワイドハイターPROラク泡スプレー」は本来衣類のシミ落としに使う洗剤で、お掃除用洗剤ではありません。

ですが数少ない液体タイプ、さらにはスプレーで出てくるタイプなので排水口掃除にとっても使いやすいんです!

お掃除前の汚れ具合をチェック

お掃除を始める前にいまの汚れの状態を見ておきましょう。

排水口のフタは側面に黒カビが付いています。

ヘアキャッチャーにはヌルヌル石けんカスが付いていますね。

ヌルヌル石けんカスとは石けんが皮脂や油に洗浄力を奪われるとできる、ベタベタとした汚れです。

お風呂の洗い場周りに付きやすい汚れですね。

排水口のパーツを取り外していきます。

筒にはブヨブヨ石けんカスがたくさんついていますね。

ブヨブヨ石けんとは、石けんが皮脂や油と反応してできるブヨブヨとした汚れです。

排水口につきやすい汚れで、お風呂場はもちろん、キッチンで石けんを使っている場合はキッチンの排水口にもべったりついてしまいます。

今回はバスタブの栓も一緒に洗います。

そして、バスタブ側の線も一緒に上がっていきます。ゴムは取り外して洗っていきましょう。

そして排水口周りです。

排水口の中は水が濁っていますし、周りにブヨブヨ石けんカスが付いていますね。

さらにその周りは、うっすらと青っぽくなっています。

青い汚れはおそらく銅石けんだと思います。銅石けんも酸素系漂白剤の「ワイドハイターPROラク泡スプレー」で落としていきましょう。

ちなみに四隅についているゴムには、蓋の脚についている黒いゴムの色がうつってしまっています。

色移りでは漂白剤では落としきれず、溶剤をつかって落とす必要があります。

ゴムの色移りの落とし方は、茂木さんのこちらの動画をチェックしてくださいね!

「ワイドハイターPROラク泡スプレー」でお風呂の排水口掃除をしてみました!

それでは「ワイドハイターPROラク泡スプレー」でお風呂の排水口掃除をしていきます。

洗剤を使う前に軽く水洗い

まずは洗剤を使う前に、軽く水洗いをしておきましょう。

落とせる汚れは落としておくことで、より洗剤の効きがよくなりますよ。

「ワイドハイターPROラク泡スプレー」を塗りつけていく

水洗いが終わったら「ワイドハイターPROラク泡スプレー」を排水口のパーツ類に塗りつけます。

シュッシュとスプレーしたら手で塗り広げていきますね。

排水口のフタ、パーツ類と洗剤を塗りつけたら、脇に置いておきましょう!

ブラシ洗いを併用し、長めに放置しよう

黒カビが生えてしまっているところは洗剤を塗りつけるタイミングでブラシ洗いも併用します。

「ワイドハイターPROラク泡スプレー」のような酸素系漂白剤は、「カビキラー」や「強力カビハイター」のような塩素系漂白剤と比べるとどうしても汚れ落ちが悪くなってしまいます。

安心して使えるのはメリットではあるのですが……目立つカビが生えてしまっているときはこのようにブラシ洗いもしてくださいね!

黒カビが生えてしまっているときは、さらに放置時間も長めに取りましょう。

できれば20分は置いておくといいですよ~!

排水口にも「ワイドハイターPROラク泡スプレー」をスプレー

パーツ類に洗剤を塗りつけたら、排水口を洗っていきます。

「ワイドハイターPROラク泡スプレー」をスプレーして古歯ブラシで軽くこすり洗いをしておきましょう。

ここからは見えませんが、バスタブ側の穴のほうにも洗剤をかけておきます。

汚れが落ちるまで放置しすすぎ洗い

パーツ類、排水口と洗剤をかけたら後は汚れが落ちるまで放置するだけです!

目立つ黒カビがあるなら最低でも20分は置いてくださいね。

今回はそこまで汚れがひどくないので、もう流してしまいましょう。

「ワイドハイターPROラク泡スプレー」は結構界面活性剤がたっぷり配合されているのでしょうか。

泡切れは思ったよりも悪くて、しっかりすすぎ洗いをしないと泡がなかなか消えてくれませんでした。

泡切れをよくするなら、「ワイドハイターPROラク泡スプレー」はあまりたっぷりと使わないほうがいいかもしれませんね。

排水口の中に溜まっている水が透きとおったらこれでお掃除完了です♪

洗ったパーツ類を戻す

最後に洗い終わったパーツ類を元の場所に戻していきます。ついでにどれくらいキレイになったかもお見せしていきますね!

まずは排水口の筒です。

べっとり石けんカスが付いていましたがキレイに落ちてくれました。

気になるのは排水口のフタについていた黒カビです。

ブラシ洗いも併用しましたが……放置時間が短かったのもあって完全に落としきることは出来ませんでした。

パーツ類を元の場所に戻したら、最後にマイクロファイバークロスで水気を拭き取っておしまいです。

「ワイドハイターPROラク泡スプレー」を使うメリット

ということでここまで酸素系漂白剤の「ワイドハイターPROラク泡スプレー」を使ってお風呂の排水口掃除をしてみました。

衣料用の洗剤ではありますが、泡で出てくるスプレータイプの洗剤で排水口掃除に使いやすいんです!

ここからは「ワイドハイターPROラク泡スプレー」を使ってお風呂掃除をするメリットについてお話していきますね。

塩素系漂白剤よりも安全性が高い

「ワイドハイターPROラク泡スプレー」を使ってお風呂掃除をするメリット、1つ目はなんといっても安全性が高いことです。

お風呂の排水口掃除といえば「カビキラー」や「強力カビハイター」のような塩素系漂白剤を使うのが定番ですよね。

塩素系漂白剤は汚れをよく落としてくれますが、ニオイが強いうえに、素材への負担も大きいというデメリットがあります。

ですが「ワイドハイターPROラク泡スプレー」などの酸素系漂白剤なら、ニオイも素材への負担も少ないので、安心してお掃除ができます♪

スプレータイプの酸素系漂白剤はかなりレア

「ワイドハイターPROラク泡スプレー」を使ってお風呂掃除をするメリット、2つ目は泡ででてくるので使いやすいこと、です。

酸素系漂白剤には「オキシクリーン」や過炭酸ナトリウムのような粉末タイプのもの、そして「ワイドハイター」のような液体タイプのものがあります。

「ワイドハイターPROラク泡スプレー」は液体タイプでさらに、泡で出てくるスプレータイプの洗剤です。

実はスプレータイプの液体酸素系漂白剤はかなりレアで、わたしは「ワイドハイターPROラク泡スプレー」くらいしか見たことがありません。

なので本来は衣類用の洗剤ですが、今回お風呂掃除に使ってみました!

排水口はパーツ類が多いのですが、スプレー洗剤なら「カビキラー」や「強力カビハイター」と同じように使えて便利ですよね〜!

液性が酸性なので水垢・ザラザラ石けんカスを落とせる

「ワイドハイターPROラク泡スプレー」を使ってお風呂掃除をするメリット、3つ目は液性が酸性なことです。

酸素系漂白剤は実は「オキシクリーン」や過炭酸ナトリウムのような粉末タイプのものはアルカリ性、「ワイドハイター」のような液体タイプのものは酸性、という特徴があります。

酸は軽い水垢やザラザラ石けんカスなどの汚れを落としてくれます。

「ワイドハイターPROラク泡スプレー」はもちろん酸性ですし、さらに界面活性剤が入っています。

界面活性剤が入っていると皮脂汚れを落としてくれるんですよね。

つまり……「ワイドハイターPROラク泡スプレー」は酸で水垢やザラザラ石けんカスを、界面活性剤で皮脂汚れを落としてくれる、というわけです!

一度のお掃除で違ったタイプの汚れをまとめて落とすことができる、というすごい洗剤なんですね。

「ワイドハイターPROラク泡スプレー」はお風呂掃除以外にも使える

「ワイドハイターPROラク泡スプレー」は酸性なので、お風呂以外の掃除にもおすすめです。

たとえばトイレ掃除!酸性洗浄剤はトイレに付きやすいおしっこ汚れ・おしっこ臭・尿石を落としてくれます。

実際にトイレ掃除に使っている様子は、ぜひ茂木さんのこちらの動画をご覧くださいね。

また、酸性洗浄剤は水垢やザラザラ石けんカスも落とすことができます。

水垢やザラザラ石けんカスは、お風呂だけでなく洗面台にも付きやすいですよね。

洗面台掃除に「ワイドハイターPROラク泡スプレー」を使う方法も、こちらの動画で茂木さんが教えてくれているのでぜひチェックしてみてください~!

「ワイドハイターPROラク泡スプレー」のデメリット

「ワイドハイターPROラク泡スプレー」は安全性が高く、水垢などの汚れも落とすことができますが……もちろんデメリットもあります。

酸素系漂白剤ですのでカビ取りや除菌、消臭効果がありますが、それでも塩素系漂白剤と比べると効果が劣ってしまいます。

なので少しでも効果的に使うために、ブラシ洗いを併用したり、少し長めに放置する必要があります。

お風呂掃除に使えるほかの洗剤は?

「ワイドハイターPROラク泡スプレー」で排水口掃除ができるとはいっても、本来は衣類用の漂白剤です。

お掃除のためにわざわざ買ってみる……というよりは、おうちにあったら試してみる、くらいがちょうどいいのかな、とも思います。

酸素系漂白剤を使ったお掃除は「ワイドハイターPROラク泡スプレー」でなくてもできます。

たとえば粉末タイプの「オキシクリーン」や過炭酸ナトリウムは持っている人もきっと多いですよね!

今回のお掃除のように、ブラシ洗いを併用してあげればしっかり汚れを取ることができますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は「ワイドハイターPROラク泡スプレー」を使ってお風呂の排水口掃除をするようすをお届けしました。

意外な洗剤だったかもしれませんが、メリットもたくさんあります。もし「ワイドハイターPROラク泡スプレー」がおうちにあったら一度お掃除に使ってみてくださいね!

また、YouTubeチャンネル「のぞみのお掃除講座」では、お掃除にまつわるいろんな情報をお届けしています。

こちらの動画もみてもらえると嬉しいです!

さらに自分にあったお掃除法を見つけたいという方は、「汚れ落とし研究家 茂木和哉のラクラク掃除術」を読んでみてくださいね。

茂木さんがお掃除ノウハウを、わかりやすくまとめてくれていますよ~!

created by Rinker
¥1,540 (2024/06/18 10:30:35時点 Amazon調べ-詳細)

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました。

またお会いしましょう~♪

ABOUT ME
茂木和哉
茂木和哉
汚れ落とし研究家
1975年秋田県生まれ。20歳で温泉浴場清掃をバイトで経験。21歳で工業薬品や業務用洗剤の販売会社に就職。30歳で洗剤メーカーに転職し、1年後の秋田で独立。 独学で掃除と洗剤作りを学び、秋田からパソコン1つで情報発信を始め、自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」を大ヒットさせる。現在ではシリーズ展開させ全国のお店に並ぶまでに。 汚れ落とし人生で得たノウハウを惜しみなく伝えるYouTubeチャンネル「茂木流掃除講座」は、チャンネル登録数30万を超える。
記事URLをコピーしました