お風呂:壁・天井

キッチン泡ハイターを使えば楽々!お風呂の窓の隙間に生えた黒カビを掃除する方法

nishiyama
のぞみ

こんにちは、のぞみです。

お風呂掃除をこまめにされている方でも、お風呂の窓のお掃除はあまり得意ではない……という方がいらっしゃるかもしれません。

お風呂の窓って隙間や小さい溝があって、意外とお掃除しにくいんですよね。

ですが汚れをそのまま放置していると、黒カビが生えてきてしまいます……!

そこで今回は、お風呂の窓をラクにお掃除する方法をご紹介していきます♪

ちなみに今回参‌考‌に‌し‌た‌の‌は、‌こ‌ち‌ら‌の‌茂‌木‌和‌哉‌(‌‌@motegikazuya‌‌)‌さ‌ん‌の‌YouTube‌動‌画‌で‌す!

今回お掃除する場所と使う洗剤

今回お掃除をしていく場所はこちらのお風呂の窓です。

窓には隙間や小さい溝があるので、隅から隅までキレイにするのは大変なのですが……とある洗剤を使うとラクに窓のお掃除ができちゃいます

それはこちら!「キッチン泡ハイター」です。

「キッチン泡ハイター」のような塩素系洗浄剤・塩素系漂白剤は、吹きかけて放置するだけで黒カビを落としてくれます。

さらに泡で出てくるタイプの洗浄剤なので、窓や網戸の隙間にもしっかり洗浄液が届くんですよね。

使い方について、実際にお掃除をしながらお話していきます♪

お掃除前の汚れのようすをチェック

お掃除を始めるまえに、いまの汚れの状態を見ておきましょう。

一番汚れがひどいのはこちら、窓のしたのあたりです。

ポツポツと黒カビのような汚れが付いていますね。

さらに黒カビのような汚れは、窓のコーキングにも付いています。

コーキングのほうが濃いめに付いていますね。

コーキングは柔らかいのでカビの根っこがぐんぐん奥に入っていきます。

ツルツルしたところに生えたカビよりもガンコになりやすいので、早めに落としておきましょう!

そして窓の上のほうです。上の方はそこまで目立った汚れはありません。

ドアの網戸をおろすと……網戸の隙間に黒い汚れがあります。

網戸の下のほうに、黒い汚れが多いようですね。

ですが網戸全体にカビ菌が付いていると思うので、網戸も全体的に「キッチン泡ハイター」で洗っていこうと思います!

「キッチン泡ハイター」でお風呂の窓をお掃除する方法

それでは「キッチン泡ハイター」を使って、お風呂の窓をお掃除していきましょう。

とはいっても、「キッチン泡ハイター」を使えばかなりラクにお掃除できるので、ややこしくはありません!

「キッチン泡ハイター」を吹きかけ、バスブラシで塗り広げる

まずは窓に「キッチン泡ハイター」を吹きかけていきます。

「キッチン泡ハイター」は塩素系洗浄剤ですから、絶対に目より高いところには吹きかけないでくださいね。

ある程度「キッチン泡ハイター」を吹きかけたら、バスブラシを使って洗浄液を塗り広げていきます。

使っているのは「バスボンくん」です!

窓に「キッチン泡ハイター」を塗り広げたら、つぎは網戸に移りましょう。

網戸も同じように「キッチン泡ハイター」をスプレーします。このときも目より高いところにはかけないでください!

そして網戸の洗浄液も、バスブラシで塗り広げます。

あとは15~20分ほど、洗剤を放置します!

せっかくですから汚れが気になる網戸の下のほう、コーキングのあたりは「キッチン泡ハイター」を追加でスプレーしておきましょう。

15~20分放置し、残った汚れをこすり洗い

「キッチン泡ハイター」をかけてから20分ほど放置しました。

シャワーで洗浄液を洗い流す前に、残っている汚れがないかをチェックしておきましょう。

まずは窓の下のあたりにあった黒いポツポツ汚れです。

ここはだいぶ色が薄くなっていますね!

もしも放置後にも汚れが残っていたら、このようにブラシでこすりましょう

でもシャワーの水圧で流れていくかと思います!

そしてコーキングの汚れも、「キッチン泡ハイター」をかけて20分放置しただけでこんなにキレイになりました。

コーキングはカビがガンコになりやすい場所ですが、まだ軽いカビであれば「キッチン泡ハイター」をスプレーするだけで十分落とすことができます。

そして網戸の黒い汚れもみていきます。

ここは「キッチン泡ハイター」をかけて放置するだけではキレイになりませんでした。

シャワーで洗浄液を流す前に、古歯ブラシを使ってちょこちょこと磨いておきましょう

洗浄液を流し、水気をふき取る

それでは最後に、シャワーで洗浄液を流していきます!

泡がなくなったら、マイクロファイバークロスで水気をふき取りましょう

網戸の水気を取っているとき、強く押してしまって網戸が外れてしまいました……。

すぐに手で戻せましたが、網戸はあんまり強く押さないように、力加減には注意したほうがいいですね!

お掃除後の汚れの落ち具合は?

お掃除が終わりましたので、お風呂の窓の汚れの落ち具合をみていきましょう。

まずは一番汚れがひどかった、窓の下の方です!

ここには黒いポツポツ汚れがありましたが、「キッチン泡ハイター」でキレイに落とすことができました♪

そして窓のコーキングです。

黒い汚れが残ってしまうかも?と思いましたが、すっかりキレイになりましたね!

最後は網戸です。網戸には隙間に黒い汚れが溜まっていましたが、「キッチン泡ハイター」をかけて放置した後、ブラシでこすり洗いをしたらキレイになりました♪

あ、ちなみに外してしまった網戸はこのように、ちゃんと元に戻りましたよ~!

「キッチン泡ハイター」がお風呂の窓の掃除におすすめの理由

ということで今回は、「キッチン泡ハイター」を使ってお風呂の窓のお掃除をしてみました。

「キッチン泡ハイター」を使えば、窓の隙間や溝に入り込んだ生き物汚れをラクに落とすことができます!

「キッチン泡ハイター」はスプレータイプの洗浄液です。

なので網戸のように細かく縦になっているところも、カンタンにお掃除ができますね。

ちなみにスプレータイプの塩素系洗浄剤は「キッチン泡ハイター」のほかに「カビキラー」や「強力カビハイター」などがあります。

すでにお持ちの洗剤があれば、一度試してみてくださいね♪

基本的には「キッチン泡ハイター」をかけたあと、15~20分ほど放置をすれば汚れは落ちてくれます。

ですが汚れのガンコさや、付いている場所によっては、放置するだけでは落としきれないことがあります。

汚れがガンコなときは古歯ブラシを使って、こすり洗いをプラスしましょう!

わたしはいつも、お掃除用のブラシにはこの加工した自作古歯ブラシを使っています。

自作古歯ブラシは首のところを「くの字」に曲げて、さらに毛先もカットしてあるんです。

ひと手間加えるだけで、グンとお掃除がしやすくなるのでおすすめですよ。

歯ブラシの加工法について気になる方は、ぜひ茂木さんのこちらの動画をチェックしてみてくださいね♪

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はお風呂場の窓を「キッチン泡ハイター」を使って、お掃除してみました。

窓には隙間や溝があって地味にお掃除しにくい場所ですが……洗剤やアイテムを工夫すればラクにお掃除ができます!

汚れがガンコになってしまう前に、みなさんも一度試してみてくださいね。

また、YouTubeチャンネル「のぞみのお掃除講座」では、お掃除にまつわるいろんな情報をお届けしています。

こちらの動画もみてもらえると嬉しいです!

さらに自分にあったお掃除法を見つけたいという方は、「汚れ落とし研究家 茂木和哉のラクラク掃除術」を読んでみてくださいね。

茂木さんがお掃除ノウハウを、わかりやすくまとめてくれていますよ~!

created by Rinker
¥1,540 (2024/05/18 09:45:15時点 Amazon調べ-詳細)

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました。

またお会いしましょう~♪

ABOUT ME
茂木和哉
茂木和哉
汚れ落とし研究家
1975年秋田県生まれ。20歳で温泉浴場清掃をバイトで経験。21歳で工業薬品や業務用洗剤の販売会社に就職。30歳で洗剤メーカーに転職し、1年後の秋田で独立。 独学で掃除と洗剤作りを学び、秋田からパソコン1つで情報発信を始め、自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」を大ヒットさせる。現在ではシリーズ展開させ全国のお店に並ぶまでに。 汚れ落とし人生で得たノウハウを惜しみなく伝えるYouTubeチャンネル「茂木流掃除講座」は、チャンネル登録数30万を超える。
記事URLをコピーしました