のぞみの記事

【水垢&石けんカス】お風呂のドアの白い汚れは2回にわける!モヤモヤ汚れの落とし方

のぞみ

こんにちは、のぞみです。

お風呂のドアのすりガラスについた白いモヤモヤ汚れ……。

落とし方がわからなくて、放置している!という方も多いのではないでしょうか?

なんの汚れなのかよくわからないし、落とそうと思ってもかなりガンコなんですよね。

そこで今回は2種類の洗剤を使って、ガンコな白いモヤモヤ汚れをキレイに落としていきますよ~!

ちなみに今回参‌考‌に‌し‌た‌の‌は、‌こ‌ち‌ら‌の‌茂‌木‌和‌哉‌(‌‌@motegikazuya‌‌)‌さ‌ん‌の‌YouTube‌動‌画‌で‌す!

すりガラスについた白いモヤモヤの正体は?

お掃除を始める前に、いまのすりガラスの様子をお見せします。

ドアに白いモヤモヤ汚れがたくさんついていますね……!白い汚れが見やすいように、ドアの後ろに黒いボードを置いてあります。

特にモヤモヤがひどいのは、ドアの下の方です。

ドアの上のほうはそんなに汚れていなくて、こんな風にすっきりとしています。

でも下のほうをみると、こんな風にモヤモヤとした汚れがありますね。

今回はこの汚れを落としていきます!

この白いモヤモヤ汚れの正体は2つ考えられます。

1つは「水垢」です。水垢は白っぽいですし、水回りにできやすい汚れですよね。

そしてもう1つは「石けんカス」。

しかも厄介なことに、石けんカスのなかにもさらに「酸性石けんカス」と「金属石けんカス」とわけられます。

酸性石けんカスも金属石けんカスも、どちらも白っぽく見えるのですが、落とし方はまったく違います。

なので今回のお掃除では、最初に酸性石けんカスを落とし、その次に水垢&金属石けんカスを落とす、という順番で行きますね!

酸性石けんカスと皮脂汚れを落とす

まずは酸性石けんカスから落としていきます。

酸性石けんカスの落とし方は、皮脂汚れの落とし方と同じなので、一緒に皮脂汚れも落としていきますね!

今回使うのは、塩素系洗浄剤の「茂木和哉カビ取りジェルスプレー」です。

created by Rinker
茂木和哉
¥871 (2022/12/07 17:18:43時点 Amazon調べ-詳細)

そして洗浄剤を塗り広げるために、バスブラシの「バスボンくん」を使います。

それでは洗浄剤を吹きかけていきますね。塩素系など強めの洗剤を使うので、ゴム手袋をつけています。

お風呂のドアにシュッシュと「茂木和哉カビ取りジェルスプレー」を吹きかけます。

上のほうはそんなに汚れていないので、下のほうを重点的にかけていきます。

そしてバスブラシで洗浄剤を塗り広げます。

このように洗浄剤が塗り広げられたら、このまま10分ほど放置します。

~10分後~

10分ほど経過したので、シャワーで洗浄剤をすすぎます。

このあと別の洗剤を使うので、しっかりめに流してくださいね!

洗浄剤が流れたら、マイクロファイバークロスで水気を拭き取っていきます。

これで酸性石けんカスと皮脂汚れを落とすお掃除は完了です!

水垢と金属石けんカスを落とす

つぎは水垢と金属石けんカスを落としていきましょう。

この時点で白いモヤモヤ汚れはだいぶ落ちているように見えますが、水垢や金属石けんカスは濡れた状態だと目立たないんです。

乾くとまた白いモヤモヤして来るかと思います……!

水垢と金属石けんカスを落とすのに使うのは、酸性洗浄剤の「なまはげお風呂用」です。

水垢や金属石けんカスはかための汚れなので、酸性石けんカスや皮脂汚れのときのように放置するだけでは落ちません。

しっかりとこすり洗いをしないといけないので、「なまはげお風呂用」をかけたあとに研磨スポンジの「超人たわしZ」でこすり洗いをしていきます。

それでは始めていきましょう。

ドアに「なまはげお風呂用」を吹きかけ、「超人たわしZ」でこすっていきます。

スポンジを縦にこすったら、横にもこすっていきます。ここはしっかりめにこすりましょう!

ドア全体をこすったら、酸で汚れを柔らかくするために10分ほど放置します。

~10分後~

10分ほど経過しました。汚れが柔らかくなっているはずなので、ここでもう一度「超人たわしZ」でこすり洗いをします。

2回目のこすりあらいも、縦横しっかりとこすりましょう!

2回目のこすり洗いがおわったら、シャワーで洗剤を流し、マイクロファイバークロスで水気を拭き取っていきます。

すすぎが足りなかったのか、洗剤がまだ残っている感じがしました。

マイクロファイバークロスを濡らしてきて、固く絞った状態で水拭きをします。

マイクロファイバークロスが濡れてしまったので、乾いたマイクロファイバークロスを用意してもう一度乾拭きをします。

完全に水気が乾いたら、これでお掃除完了です!

白いモヤモヤは取れた?

お掃除がおわったので、汚れの落ち具合を見てみましょう。

ドアのようすは……どうでしょうか!?結構キレイになりましたよね!

ドアの下は白いモヤモヤが目立っていましたが、この通りキレイにすることができました。

今回のお掃除のポイント

ということで今回は、お風呂のドアのすりガラスについた白いモヤモヤ汚れを落としてみました。

今回の掃除のポイントは、汚れによって洗剤を使い分けるということ!

「白いモヤモヤ汚れ」といっても原因がいろいろあって、使ったらいい洗剤も違ってきます。

最後に汚れと洗剤の関係性について、お話をしていきますね。

酸性石けんカスには塩素系が効果的

白いモヤモヤの原因の1つ目は、酸性石けんカス。

酸性石けんカスは今回、塩素系の「茂木和哉カビ取りジェルスプレー」を使って落としました。

でも酸性石けんカスは、皮脂汚れと同じ方法で落とすことができます。

なので塩素系でなくても、界面活性剤が入った普通のバスクリーナーで落とすことができます。

さらにアルカリ度が高いものだと、ラクに落ちてくれますね!

今回使った「茂木和哉カビ取りジェルスプレー」は、液性がアルカリ性です。

界面活性剤が入っていて、さらに塩素系なので、汚れ落ちがとってもいいんです。

酸性石けんカスだけでなく皮脂汚れも落としてくれるので、黒カビや赤カビはもちろん、ヌメリやヌメリが原因の黒ずみ汚れも落としてくれます。

一度のお掃除でいろんな汚れを落としてくれるので、一石二鳥でおすすめです♪

金属石けんカスには酸性洗浄剤&こすり洗いが効果的

白いモヤモヤの原因で、もう一つは水垢や金属石けんカスです。

水垢や金属石けんカスを落とすには、酸性洗浄剤を使うのと、こすり洗いをするのがおすすめです。

今回は「なまはげお風呂用」と研磨スポンジの「超人たわしZ」を使いましたね!

水垢や金属石けんカスはカリカリとしたかたい汚れなので、こすって落とすことができます。なのでドアを縦横に、しかも2回もこすり洗いをしました。

また「なまはげお風呂用」には、「まぜるな危険 酸性タイプ」と書かれていることからも、強めの酸が使われています。

酸性洗浄剤は、酸性度が強くなればなるほど、水垢や金属石けんカスの落ちが良くなります。

それほどひどくない汚れであれば、クエン酸やお酢といったマイルドな酸を使いましょう。

それでも落ちなければ「なまはげお風呂用」のように「まぜるな危険」と書かれているくらい強めの酸性洗浄剤を使ってみましょう!

ただし、あまり強い酸を使うと素材によっては変色のリスクが高くなります。

使うときは十分気を付けてくださいね!

塩素系と酸性洗浄剤は混ぜるな危険!

今回のお掃除では、塩素系洗浄剤を使ったあとに酸性洗浄剤を使いました。

2種類の洗剤を使うときは、絶対に洗浄液が混ざらないように注意してください。

特に塩素系洗浄剤と酸性洗浄剤は「まぜるな危険」です!

万が一洗浄液が混ざってしまうと、有害な塩素ガスが出てきてしまいます。

洗剤を使ったあとは、しっかりと水で流して洗剤残りしていないのを確認してから次の洗剤を使ってくださいね。

できれば別の洗剤を使うのは、次の日以降にしたほうが安心です。

1日、もしくは1週間はあけて、余裕をもってお掃除をするようにしてください!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はお風呂のドアのすりガラスについた白いモヤモヤ汚れを、塩素系洗浄剤、酸性洗浄剤の2種類をつかって落としてみました。

なかなかガンコで目立つ汚れでしたが、洗剤をしっかりと使えば落とすことができます。

みなさんも今回のお掃除法を参考に、一度試してみてくださいね♪

また、YouTubeチャンネル「のぞみのお掃除講座」では、お掃除にまつわるいろんな情報をお届けしています。

こちらの動画もみてもらえると嬉しいです!

さらに自分にあったお掃除法を見つけたいという方は、「汚れ落とし研究家 茂木和哉のラクラク掃除術」を読んでみてくださいね。

茂木さんがお掃除ノウハウを、わかりやすくまとめてくれていますよ~!

created by Rinker
¥1,540 (2022/12/07 09:10:30時点 Amazon調べ-詳細)

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました。

またお会いしましょう~♪

汚れ落とし研究家
茂木和哉@motegikazuya
独学で掃除と洗剤作りを学び、秋田からパソコン1つで情報発信を始め、自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」を大ヒットさせる。 現在ではシリーズ展開させ全国のお店に並ぶまでに。 汚れ落とし歴27年で得たノウハウを惜しみなく伝えるYouTubeチャンネル「茂木流掃除術」は、チャンネル登録数27万を超える。
\ Follow me /