のぞみの記事

【効果抜群】お風呂のカウンターの中の黒カビをキッチン泡ハイターで落とす!【掃除術】

のぞみ

こんにちは!のぞみです。

今回はお風呂のカウンターの下の中の掃除を行います!

お風呂のメーカーにもよるかもしれませんが、我が家のお風呂のようにカウンター下にある蓋を外すことができるものも多いでしょう
この中には汚れが溜まりやすいので、それらをしっかり落としたいところです!

因みに参考にするのは…、
こちらの茂木和哉(@motegikazuya)のYouTube動画です↓

掃除の前に

では掃除をする前にいくつか確認しておきたいことを紹介します

掃除前の様子

普段取り外すことのないカウンターの下ということもあり、中にはどのような状態になっているのかよく分からない方もいらっしゃるでしょう
ということでまずは蓋を外して中の様子を見てみます

蓋にあるビスを外し、めくってみると…、

このように蓋の裏には黒カビがかなり発生していますね…
そして蓋を外したカウンターの内側部分にも汚れが溜まっていました

ではこれらの汚れは何を使って落とせばいいのでしょうか?

使う洗浄剤

そもそも黒カビという汚れはかなりガンコであるため、使う洗浄剤もそれなりに強力なものを使う必要があります!
やはりここは塩素系の漂白剤を使いたいということで…、

今回はこちらの「キッチン泡ハイター」を採用します

キッチンと商品名にありますが、成分はお風呂用としても使える泡スプレータイプの塩素系漂白剤とほとんど同じなので十分代用できるでしょう!
また塩素系漂白剤ならばある程度同じ効果を得られるでしょうが、キッチン泡ハイターはその名の通り泡立つので、掃除がしやすいです♪

実践!お風呂カウンターの黒カビ掃除

準備が済んだところで、早速掃除に取り掛かりましょう!

蓋の掃除

初めは蓋の掃除です

キッチン泡ハイターを適量吹きかけたら…、

このように手袋をはめた手で直接塗り広げていきます
黒カビはガンコな汚れですが、付着しているのがプラスチックで根が浸透しないため、塗り広げるだけでも多少は落ちていくでしょう♪

なお蓋の側面にあった溝にもスプレーを吹きかけておき、全体に塩素が行き渡っている状態で1分ほど放置します
放置後はチャンネルブラシを使って…、

このように溝部分を磨き上げ、溝以外の部分に残った黒カビもブラシ洗いで落とします!
放置によってカビが柔らかくなっているので、特に苦労せずに落とせるでしょう♪

最後にシャワーで…、

ここまで綺麗になりました!

カウンター内部の掃除

次に行うのはカウンター裏の掃除です

カウンターの内部は蓋と違い…、

このような金属パーツが結構あります
よって考えなしに塩素系漂白剤を塗り広げるということはできません…

そこでペーパータオルによる拭き上げでできるだけ汚れを落とし、それで落ちない場合は…、

こちらの「バスタブクレンジング」とブラシで掃除しつつ、要所で泡ハイターを使っていきます!
デリケートな部分の掃除をする際は十分な配慮が必要ということです

ある程度洗い終わったらシャワーですすいで…、

最終的にはここまで綺麗になりました!

まとめ

いかがでしたか?
今回はお風呂のカウンターの中の黒カビをキッチン泡ハイターで落とす方法について紹介してきました!

なお今回はやりませんでしたが、掃除後水分をしっかり拭き上げたのち、防カビくん煙剤を焚いてからパーツを元に戻すとカビ予防に繋がります!
掃除のペースを頻繁にしなくてもよくなるので、是非お試しくださいm(__)m

あとこれは私事なのですが、最近「のぞみのお掃除講座」と題して掃除に関する色々な内容をお届けするYouTubeチャンネルを開設いたしました!
もしよろしければこちらの方もチャンネル登録、動画視聴のほどよろしくお願いいたしますm(__)m

ではご精読ありがとうございました!
またお会いしましょう♪

汚れ落とし研究家
茂木和哉@motegikazuya
独学で掃除と洗剤作りを学び、秋田からパソコン1つで情報発信を始め、自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」を大ヒットさせる。 現在ではシリーズ展開させ全国のお店に並ぶまでに。 汚れ落とし歴27年で得たノウハウを惜しみなく伝えるYouTubeチャンネル「茂木流掃除術」は、チャンネル登録数27万を超える。
\ Follow me /