のぞみの記事

【汚れ別!】茂木流 フォームポンプボトルの汚れ落とし術!【掃除術】

のぞみ

こんにちは!のぞみです。

皆さんは洗剤の容器にどのようなものを選んでいますか?


使い捨てのものならばいいですが、中身を詰め替えながら継続して使っている場合、もちろんのことながらその容器も汚れていきます
ということで今回は、特に汚れが多いお風呂場でよく使われる、泡ポンプの洗浄方法についてまとめてみます♪

なお今回は汚れの見た目の比較もかねて、不透明な白いポンプと透過性の高いポンプの2種類を掃除していきます

因みに参考にするのは…
こちらの茂木和哉(@motegikazuya)のYouTube動画です↓

泡ポンプの洗浄

まず今回洗浄する泡ポンプですが、ここにはどのような汚れがついているのでしょうか?

泡ポンプには主に…、
カビ
ぬるつき
皮脂汚れ
水垢
石鹸カス
などがついています

ではこれらの汚れを順々に落としていきたいと思います!

カビ・ぬるつき・皮脂汚れ落とし

初めに…、
ポンプの首の部分に生えた赤カビ
底のぬるつきや黒カビ
全体的についている皮脂汚れ
などを落としていきます!

なぜこれらの汚れを先に落とすのかというと、これらは塩素系漂白剤で落とすことのできる汚れだからです!

具体的な掃除方法としては…、
まずポンプの中に入っている洗剤や水石鹸を出してすすぎ洗いし、ノズルキャップと容器を分解しておきます


次にカビキラー(塩素系漂白剤)をキャップや容器にスプレーしつつ、ゴム手袋をはめた手で塗り広げます


塗り広げたら、ポリ袋にキャップや容器を入れ、10分ほど放置です
こうすることで塩素系漂白剤が流れていきませんし、匂いも防げます
なお途中で塩素系漂白剤が垂れているようならば、ポリ袋自体を傾けるなどして対処しましょう


最後にしっかりと洗い流して終了です

このようにぬるつきや赤カビ、黒カビの類は綺麗になくなりました!
しかしまだ他の汚れがあり、容器が曇っているように見えますね…

水垢・石鹸カス落とし

塩素系漂白剤では落ちない汚れ、それは水垢や石鹸カスなどのアルカリ性の汚れでしょう
これらの頑固な汚れを落とすには、酸性洗剤による中和洗浄を試みる必要があります!

ということで今回使うのは茂木和哉シリーズの「なまはげ お風呂用」と「超人たわしZ」です!

なまはげはその名の通りお風呂用の酸性洗剤、超人たわしZは水垢に特化したナイロン製の硬いスポンジです!
これらを併用することでガンコな水垢を落とす作戦ですね♪
なお動画内では「さくらたわし」というスポンジが紹介されていましたが、これは現在廃番となっているので、今回はさくらたわしの色違いである超人たわしZを紹介しました

またこのなまはげは「混ぜるな危険!」という表示のある酸性洗剤です
なのでカビキラーなどの塩素系漂白剤と続けて使う場合はカビキラーをしっかり洗い流す必要があります!
カビキラーを洗い流したら、超人たわしZになまはげを適量吹き付け、優しい力加減でポンプやノズルキャップに擦り洗いを施します

ここで力をかけすぎると小傷を作る可能性もあるので注意しましょう!

最後にシャワーなどで洗い流して終了です

このようにすべての汚れが落ち、綺麗になりましたね♪

追記:白は汚れが目立ちにくい

皆さんは汚れが目立ちにくい色、と聞くと何色を思い浮かべますか?
服などの場合は黒や紺など濃い色のものがこれに当てはまるでしょうが、例えば今回扱った泡ポンプの場合は違います

特に水場では白っぽい色のものの方が汚れは目立ちにくいのです!
(水場には水垢や石鹸カスなど、白っぽい汚れが多くあるため、容器も同じ系統の色がいい、という理由)
実際動画内でも、透明なポンプより白い不透明なポンプの方が汚れは目立っていませんでした


よって掃除が苦手な方や頻繁に掃除ができない方は、水場のバスタブや壁、小物などを白で統一するのがかなりおすすめです♪

まとめ

いかがでしたか?
今回は汚れの種類別に、フォームポンプボトルについた色々な汚れの落とし方について紹介してきました!

汚れを落とすための洗剤を入れる容器が汚れている、となっては本末転倒ですし、やはりここは綺麗にしておきたいですよね
そんな時はこの記事や動画を参考に、是非泡ポンプの洗浄を試みてください!

ではご精読ありがとうございました!
またお会いしましょう♪

汚れ落とし研究家
茂木和哉@motegikazuya
汚れ落とし一筋24年。掃除が得意な洗剤開発者。 自分で作った洗剤を、秋田にいながらパソコン1つで情報発信を始め、現在は全国のお店に並ぶまでに。 自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」は、150万本以上販売。 洗剤の製造販売の他に、YouTubeとSNSで掃除術を日々発信中。
\ Follow me /