のぞみの記事

【何故か落ちない】茂木流 浴室手すりにできた黒ずみ汚れ落とし術!【掃除術】

のぞみ

こんにちは!のぞみです。

我が家のお風呂場にはバスタブの横に手すりを付けているのですが、最近この手すりに黒ずみができて結構目立っています
これまでの経験を踏まえ、浴室にできた黒い汚れ=黒カビ、だと勝手に判断し、塩素系漂白剤を使った洗浄を試みた私でしたが、結果は全く効果なし…
もちろん普通のバスクリーナーによる洗浄も試しましたが、一向に落ちる気配がありません

そこで今回は、掃除のプロである茂木さんの動画を参考に、浴室の手すりにできたなぞの黒ずみ汚れの落とし方についてまとめていきたいと思います!

因みに参考にするのは…
こちらの茂木和哉(@motegikazuya)のYouTube動画です↓

用意するもの

まずは今回のお掃除に使う洗剤や道具について紹介していきます

今回使用するのは…
橙の雫(DAIDAI NO SIZUKU)
さくらたわし
の2つになります!

ではそれぞれについてより詳細に説明いたしましょう♪

橙の雫

今回メインで使う洗剤は「橙の雫(DAIDAI NO SIZUKU)」です

created by Rinker
茂木和哉の業務用洗剤
¥1,650 (2021/07/29 20:49:33時点 Amazon調べ-詳細)

こちらは溶剤の一種ですが、オレンジの皮から摂れるオレンジオイル。このオレンジオイルに含まれるリモネンという天然の素材を原料にしているため、他の溶剤(シンナーやトルエンなど)に比べて安全性が非常に高いです
また、油性ペンやボールペンによるシミ、シールを剥がした後の粘着き、その他色移り汚れなど、とても多くの汚れに対して高い効果を見せる洗浄剤です!
よって今回相手にする黒ずみに関しては、その原因が皮脂による油汚れなのか、あるいは何かしらの色移り汚れなのか、(基本的には前者だと思いますが)どちらだとしてもしっかり落とせます

さくらたわし

次に今回使うスポンジの紹介です!
使用するのはこちらの「さくらたわし

これは水垢落としに特化したものなのですが、硬く粗いスポンジとなっているので、今回の黒ずみ落としにも一役買ってくれることでしょう
ただし力強く擦り過ぎると素材を傷つけてしまう可能性があるため、使う際は力加減に気を付けましょう

実践!茂木流 浴室手すりの黒ずみ落とし術

では使うものの紹介が一通り済んだところで、実際に手すりの黒ずみ落としをしていきたいと思います!

まず洗浄前の手すりの様子がこちらです…

一番目立つ画像中央の黒ずみ汚れを筆頭に、手すり全体が黒くくすんでいる、といった具合です
果たして塩素系漂白剤でも落ちなかった汚れが、落ちるのでしょうか?

ということで早速、さくらたわしに橙の雫を適量垂らし、これで擦り洗いをしていくことにします!


なお手すりの素材はゴム製の柔らかい素材なので、硬いスポンジあるさくらたわしで力強く擦り過ぎると傷がつく可能性があります
なので擦る際は適度な力加減を意識しましょう

そして擦り洗いした後は洗剤を水拭きして終了です
その結果がこちら…

さっきまでの黒ずみが嘘のように綺麗ですね♪

因みに今回の黒ずみはあまりガンコでなかったため、擦り洗いだけで簡単に落ちましたが、もう少し濃い黒ずみの場合には、擦り洗いの後に数十分放置し、その後もう一度擦り洗いをすると確実に落ちるでしょう

まとめ

いかがでしたか?
今回は浴室の手すりにできた、塩素系漂白剤でも落ちない黒ずみ汚れの落とし方についてまとめてきました!

白い素材にできる黒い汚れは目立ちますし、早急に落としたいですよね
そんなときは是非この記事や動画を参考にして、汚れ落としにチャレンジしてみてください!

また今回紹介した橙の雫とさくらたわしによる黒ずみの除去ですが、浴室の手すりだけでなく、ウレタン素材のダイニングチェア掃除などでも使えるため、気になる方はそちらもお試しください
ウレタン素材のダイニングチェアを掃除したときの内容は以下の記事にまとめておりますので、併せてご覧いただけると幸いですm(__)m

ではご精読ありがとうございました!
またお会いしましょう♪

汚れ落とし研究家
茂木和哉@motegikazuya
汚れ落とし一筋24年。掃除が得意な洗剤開発者。 自分で作った洗剤を、秋田にいながらパソコン1つで情報発信を始め、現在は全国のお店に並ぶまでに。 自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」は、150万本以上販売。 洗剤の製造販売の他に、YouTubeとSNSで掃除術を日々発信中。
\ Follow me /