リビング:フローリング

【サラサラ快適】安心安全でコスパが良くて汚れ落ちも十分なフローリング床の拭き掃除術!

osaki

今回は、リビングダイニングのフローリング床の拭き掃除をやっていきます。

のぞみ
のぞみ

フローリングの溝の汚れが気になるところがあるので、一緒に落としていきます!

この記事で分かること
  • 使用するグッズ
  • 希釈液の作り方
  • 溝掃除の方法
  • 床拭き掃除の方法
  • 「シャボンの泡」を使う理由

リビングダイニングのフローリング床の拭き掃除方法を動画で見たい場合は、こ‌ち‌ら‌の‌茂‌木‌和‌哉(‌‌@motegikazuya‌‌)‌さ‌ん‌の‌YouTube‌動画へどうぞ!

使用するグッズ

まず始めに掃除に使用するグッズを紹介します。

  1. スコッティファイン「洗って使えるペーパータオル」×2枚
  2. クイックルマグネットワイパー
  3. お掃除用マグカップと歯ブラシ
    ※歯ブラシは首をくの字に曲げています。
  4. 使い捨てニトリル手袋
  5. お掃除用のオケ
    ※適当な量の水を入れています。
  6. 「シャボンの泡(あぶく)」
のぞみ
のぞみ

今回はクイックルマグネットワイパーに「洗って使えるペーパータオル」を取り付けて、「シャボンの泡」で拭き掃除をしていきます。

created by Rinker
スコッティ
¥2,491 (2024/04/14 01:39:39時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
クイックル
¥1,982 (2024/04/13 07:41:53時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
茂木和哉の業務用洗剤
¥2,640 (2024/04/13 23:29:22時点 Amazon調べ-詳細)

希釈液の作り方

まずは、「シャボンの泡」を薄めていきましょう。

のぞみ
のぞみ

測って薄めるやり方もありますが、もっと簡単な方法を紹介しますね。

「シャボンの泡」は薄すぎると泡立ちません
少しずつオケに入れてかき混ぜていくのを繰り返し、下記の画像ほどギリギリ泡立つラインが拭き掃除に最適なラインです。

洗浄力を上げたい場合は、もう少し原液を追加しましょう。
ただし、汚れを見ながら調節してくださいね。

準備

では、「洗って使えるペーパータオル」を希釈液に浸して絞ったら、クイックルマグネットワイパーに取り付けましょう。
このときあまりきつめに絞らない方が、滑りが良くなり拭きやすくなりますよ。

お掃除用のマグカップにも、原液を少量入れておきましょう。

のぞみ
のぞみ

マグカップの中の原液は溝掃除に使います。

溝掃除を実践

それでは溝掃除から始めていきましょう。
黒ずみが気になる溝の部分を、原液に浸した歯ブラシでこすっていきます。

のぞみ
のぞみ

地道な作業ですが、大掃除などでは丁寧にやりたいところですよね。

洗浄力を高めたい場合は、歯ブラシの毛先を短くカットすると汚れ落ちが良くなります。
ただし、毛先が硬くなると溝の端が傷んだり欠ける可能性があるので注意が必要です。

濡れると余計に黒く見えるので、こすっていると分かりにくいかもしれません。
そのため、ペーパータオルで拭き取った際に汚れがある程度つかなくなってきたら、きれいになっていると判断していいのかなと思います。

まだらですが、こすったところはある程度きれいになっています。

床拭き掃除を実践

続いて、床拭き掃除をしていきましょう。
床に希釈液をパッパッと指でまいて、クイックルマグネットワイパーで拭いていきます。

スプレーボトルに作ると使いやすいのでおすすめです。
スプレーボトルに作る場合、「シャボンの泡」は30倍希釈になります。

「シャボンの泡」のキャップが計量カップになっており、10mlずつの目盛りがついています。
一番下の目盛り分の原液をスプレーボトルに入れ、水を300g加えると簡単に作れますよ。

のぞみ
のぞみ

最初だけ水を入れた後にスプレーボトルに油性ペンなどで目印をしておけば、2回目以降は水も測る必要がありません。

一通り掃除が終わった後にペーパータオルを見てみると、汚れが結構取れていました。

「シャボンの泡」を使う理由

「シャボンの泡」を使う理由は3つあります。

①洗浄力がある

「シャボンの泡」の主成分は液体石けんです。
液体石けんというと洗浄力が弱いと思うかもしれませんが、そんなことはありません。

のぞみ
のぞみ

石けんが働きやすいように使ってあげると、結構洗浄力は強いです。

さらに、「シャボンの泡」はアルカリ度が強いです。
「シャボンの泡」は液体せっけんでアルカリ度も強いので、石けんの働きとアルカリの働きで油汚れや皮脂汚れを落とすことができます。

のぞみ
のぞみ

溝の汚れの原因は油汚れなので、効果的ですよ。

②拭き掃除全般に使える

今回は「シャボンの泡」の希釈液を床拭きに使っていますが、拭き掃除全般に使うことができます。

のぞみ
のぞみ

30倍に薄めても結構洗浄力が高いので、キッチンの油汚れやお風呂掃除にも十分使えますよ。

濃く作ると洗浄力も高まるので、ひどめの油汚れなどには濃い目に作って使うのもアリです。

安全面でのメリットが大きい

「シャボンの泡」は汚れ落ちよりも、安全面でのメリットがとても大きいです。
なぜかというと、合成洗剤ではないからという点が1つあります。

拭き掃除用の洗剤というと、合成洗剤が一般的です。

のぞみ
のぞみ

例えば、「ホームリセット泡クリーナー」や「ウタマロクリーナー」などですね。

ほとんどが合成洗剤ということになりますが、「シャボンの泡」は無添加石けんです。
肌が弱い場合、体や顔、手洗いなどで無添加石けんを使っているということも多いのではないでしょうか。
「シャボンの泡」であれば、同じように無添加の石けんで拭き掃除ができます。

のぞみ
のぞみ

無添加石けんがなぜ安心安全かについては、こちらの動画で解説しているので、あわせてチェックしてみてくださいね。

まとめ

今回は「シャボンの泡」を使って、リビングダイニングの床拭き掃除とフローリングの溝の掃除をやってみましたが、いかがでしたでしょうか。

「シャボンの泡」は安全性の高い無添加石けんなので、小さな子供がいる家庭や室内でペットを飼っている場合におすすめです。
さらに、薄めても洗浄力が高いので大掃除にもおすすめですよ。

のぞみ
のぞみ

床拭きだけではなくいろいろなところに使えるので、1本あると便利です。

また、薄めて使えるのでコスパも良いです。
大容量の500mlサイズはよりお得なので、コスパ面で考えると大容量サイズを選ぶのも1つだと思います。

今回の記事が少しでもみなさんの掃除のやる気につながれば嬉しいです。

ABOUT ME
茂木和哉
茂木和哉
汚れ落とし研究家
1975年秋田県生まれ。20歳で温泉浴場清掃をバイトで経験。21歳で工業薬品や業務用洗剤の販売会社に就職。30歳で洗剤メーカーに転職し、1年後の秋田で独立。 独学で掃除と洗剤作りを学び、秋田からパソコン1つで情報発信を始め、自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」を大ヒットさせる。現在ではシリーズ展開させ全国のお店に並ぶまでに。 汚れ落とし人生で得たノウハウを惜しみなく伝えるYouTubeチャンネル「茂木流掃除講座」は、チャンネル登録数30万を超える。
記事URLをコピーしました