リビング:フローリング

【一石二鳥】フロアワイパーでフローリングのホコリを取ってから床拭き掃除!

osaki

今回はウェーブのフロアワイパーを使って、リビングダイニングの床掃除をしていきます。
フローリングワイパーのヘッドに取り付けることができるシートがこちらです。

今回使うフローリングワイパー用のシートは、見た通りドライシートで、基本的にはホコリ取りに使うシートです。
しかし、事前に掃除機がけをしてホコリ取りは済ませてあります。

のぞみ
のぞみ

それなのに、なぜフロアワイパーを使うかと言うと、試したいことがあるからです!

この記事で分かること
  • フロアワイパーについて
  • フロアワイパーを使って床掃除をする方法
  • フロアワイパーの特徴

ウェーブのフロアワイパーを使って、リビングダイニングの床掃除をする方法を動画で見たい場合は、こ‌ち‌ら‌の‌茂‌木‌和‌哉(‌‌@motegikazuya‌‌)‌さ‌ん‌の‌YouTube‌動画へどうぞ!

フロアワイパーについて

まず以下の手順で、フロアワイパーのヘッドにシートをセットしていきます。
ウェーブはとても使いやすくて便利ですが、セットしにくいというのが弱点です。

  1. フロアワイパーのヘッドを開く
  2. シートの両端を押し込んでセットする
  3. セット完了!


ウェーブのフロアワイパーは、2つの面を使えるのが特徴的で、無駄なくシートを使えるというのがメリットです。

ただ、あまりホコリがない状態で使うと、両面使う必要がないというケースもあります。
そんな時はシートがもったいないので、次の機会まで保管しておくか、階段の掃除などに使って一通りホコリをつけてから捨てるというやり方をしています。

ですが、それでも両面ホコリがつかないという時に、床拭き掃除にも使えたら最高です。
例えば、片面だけホコリ取りに使って、もう片面は床拭き掃除をするという感じです。

のぞみ
のぞみ

今回は、そのような使い方ができるのか試していきます!

created by Rinker
ウェーブ
¥1,311 (2024/04/19 22:19:54時点 Amazon調べ-詳細)

フロアワイパーを使って床掃除をする方法

使う洗剤

床拭き掃除をするので、洗剤を吹きかけて使っていきます。
使う洗剤は、花王の「ホームリセット泡クリーナー」です。

created by Rinker
クイックル
¥380 (2024/04/20 03:19:23時点 Amazon調べ-詳細)

掃除を実践

以下の手順で、掃除を始めていきます。

  1. 「ホームリセット泡クリーナー」を、セットしたドライシートに吹きかける
  2. 床にも、直接「ホームリセット泡クリーナー」を吹きかける
  3. フロアワイパーで床を拭いていく

掃除後の様子

一通り掃除が終わりました。
どのぐらい汚れが取れたかシートを見てみます。

のぞみ
のぞみ

結構、汚れが取れていますね!

ホコリ汚れも取れました
また、シートが黒くなっているので、皮脂汚れや油汚れもだいぶ取れたと思います。

フロアワイパーの特徴

フロアワイパーのヘッドは、通常のフロアワイパーと比べると細いという特徴があります。

のぞみ
のぞみ

例えば、クイックルワイパーなどと比べると、ヘッドは細いです。

そのため、小回りが利いて掃除しやすいです。

また、おそらくドライシートを使ったからだと思いますが、スルスル拭けて快適に拭き掃除ができました。
ただし、スルスル拭けるということは、圧がかからないということになります。

そのため、こびりついた汚れが落ちにくいのかと思いましたが、そんなことはなかったです。
実際に薄くこびりついた汚れは、何度か往復して拭くとキレイに落とすことができました。

のぞみ
のぞみ

ただし、だいぶ固まった広めのこびりつき汚れだと、分からないですね…

そして、このドライシートは洗剤をしっかり吸ってくれるのか気になっていましたが、十分吸ってくれました。

結構「ホームリセット泡クリーナー」を吹きかけましたが、拭き上げ後に洗剤が残ってヌルヌルするというようなことはなかったです。
ただ、乾いた後は少しベタベタした感じがありました。

まとめ

今回は、ウェーブのフロアワイパーと「ホームリセット泡クリーナー」でフローリング床の拭き掃除をしてみましたが、いかがでしたでしょうか。
フロアワイパーの専用のドライシートで拭き掃除ができるのかという点については、問題なくできました

ただ、それほど床が汚れていない時という条件にはなります。
しかし、ウェーブのフロアワイパーがあれば、片面でホコリ取りを済ませて、もう片面で床拭き掃除をするというやり方は全然アリなやり方だと思いました。

皆さんもぜひ試してみてくださいね。

ABOUT ME
茂木和哉
茂木和哉
汚れ落とし研究家
1975年秋田県生まれ。20歳で温泉浴場清掃をバイトで経験。21歳で工業薬品や業務用洗剤の販売会社に就職。30歳で洗剤メーカーに転職し、1年後の秋田で独立。 独学で掃除と洗剤作りを学び、秋田からパソコン1つで情報発信を始め、自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」を大ヒットさせる。現在ではシリーズ展開させ全国のお店に並ぶまでに。 汚れ落とし人生で得たノウハウを惜しみなく伝えるYouTubeチャンネル「茂木流掃除講座」は、チャンネル登録数30万を超える。
記事URLをコピーしました