リビング:ソファ

布張りソファについたガンコなシミを落とす方法!

茂木 和哉

こんにちは!茂木和哉(@motegikazuya)です。

布張りソファをお使いに皆さん、ソファに付いた汚れにお困りではありませんか?

小さな子供がいると、ソファの汚れは避けて通れませんよね。

我が家の息子達もそうですが、ジュースやバナナ、ミカン、チーズ、チョコなどよくこぼしてシミにしてくれます…

そんな食べこぼし汚れは、そのままにしてたり完全に落とさないでいると、ガンコなシミへを変わります。

理由は酸化するからです。

なので時間が経てば経つほど酸化が進みガンコになります。

ガンコなシミでも、洗濯機で洗ったり、つけ置き洗いができれば、まだ何とかなる可能性がありますが、丸洗いできないソファはそうもいきませんよねー

そこで今回は、布張りソファについたシミでもキレイに落とせる「しみ抜き術」を、2通りご紹介します!

しみ抜き術:基本バージョン

1つは、「基本バージョン」のしみ抜き術です。

使う洗剤は、「シャボンの泡(あぶく)」の30倍希釈液です。  

created by Rinker
茂木和哉の業務用洗剤
¥2,640 (2024/03/03 15:40:12時点 Amazon調べ-詳細)

コレでほぼほぼ落とせます。

この方法の良いところは何と言っても、
・拭き残りがしにくい点
・拭き残ったとしても安心できる点
の2つです。

普通の洗剤だと汚れが落ちたとしても、泡がちゃんと切れるまで、2度拭き、3度拭き、4度拭き…何度も何度も拭かないと泡が消えてくれません。

なのでかなり水拭き作業に時間と労力を奪われることになります…

と言うか、丸洗いできない以上は何度拭いても完全に取り除くことは難しいので必ず残ると思います…

泡の正体は、洗剤の主成分の「合成界面活性剤」なのですが、その合成界面活性剤は残り続ける限りずっと働き続けます。

ちなみに「働く」とは「界面活性作用」のことです。

かなり薄まった状態で残っているので、普通の方ならそこまで気にしなくていいのかもしれません。

でもお肌が弱い方や、まだ肌機能が未熟な赤ちゃんや小さな子供がいるとやっぱり気になりますよね。

残った成分がお肌に触れると肌トラブルにつながるリスクがありますからね。

しかし、シャボンの泡の成分は「合成界面活性剤」ではなく「液体石けん」です。

具体的には「脂肪酸カリウム」という石けん成分です。

水石けんは普通の洗剤(合成洗剤)と違い、あるところまで水で薄まるとパッタリ泡立たなくなり働くことを止めてしまいます。

働いていなわけですからお肌に刺激を与えることはありません。

その働かなくなるギリギリのラインがシャボンの泡だと30倍希釈なんです。

だから30倍希釈液で汚れを落とした後に水拭きを1度やるだけで、残った石けん成分の働きを止めることができます。

水拭きする事で30倍より薄まるわけですからね。

という事で、基本的にはこの方法を試されるのがいいと思います。

特に肌の弱い方や赤ちゃんが家族にいたり、室内でペットを飼っているならなおさらです。

しみ抜き術:特別バージョン

もし「基本バージョン」で落とせない時は、こちらの「特別バージョン」をお試しください!

使う洗剤は「酸素系漂白剤」です。

粉末タイプよりも簡単に手軽に使える液体タイプがオススメです。

例えば「ワイドハイタPROラク泡スプレー」などです。

created by Rinker
ワイドハイター
¥1,338 (2024/03/03 16:24:24時点 Amazon調べ-詳細)

では実際に「ワイドハイターPROラク泡スプレー」使ってシミを落としていきます。
※実際には旧商品の「ワイドハイターEXパワーガンコなシミ用」を使用しています。

ジュースが原因のシミのような感じがしますね。
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
ではやっていきますが、使い方はとてもシンプルです。

マイクロファイバークロスにスプレーして拭くだけです。

少し置いた方が効果的です。

5分ぐらい放置するだけで落ち方がだいぶ違います。

その後は、しっかり水拭きしをします。

十分に水拭きをしてから自然乾燥させます。

そるとこんな感じです。

比べてみるとこうです!

キレイに落とせてますよね。

紹介しておいてなんですが、できれば「ワイドハイターPRO泡ラク泡スプレー」を使わず「シャボンの泡」で落とす方がいいです。

汚れをしばらくほったらかしてガンコなシミにならない限りは、十分「シャボンの泡」でも落とせますからね。

なぜ、できれば「ワイドハイターPRO泡ラク泡スプレー」は使わない方がいいのかというと、それは拭き上げ作業が大変だからです。

「ワイドハイターPRO泡ラク泡スプレー」は、漂白剤の扱いになっていますが、結構界面活性剤が多めに含まれています。

なので先ほどお伝えした通り、何度も水拭きをしないといけません…

例え何度水拭きをしたとしても全く残さず拭き上げるの難しいと思いますので、使う場合はつけすぎ注意です。

臭いも消し去る!

実は今回紹介した2つは、どちらも汚れを落とすだけでなく臭いを消す効果もあるんです!

「シャボンの泡」は30倍に薄めてもアルカリ性ですので、アルカリの働きによって酸性臭を消すことができます。

これを「中和消臭」って言います。

酸性臭には、
・体臭(足の臭い、汗の臭い、ワキの臭いなど)
・加齢臭(オヤジ臭)
・ペットの獣臭
などがありますので、汚れを落としつつこれらの臭いを消し去ってくれるのは嬉しいですよね!

また「ワイドハイターPRO泡ラク泡スプレー」は、酸素系漂白剤ですので酸素の働きで臭いを消し去ってくれます。

これを「酸化消臭」って言います。幅広い消臭効果が期待できますよ。

最後に

いかがでしたでしょうか?

ぜひ布ばりソファをお使いの方は、今回の掃除方法を参考にしていただければ嬉しいです!

特に小さな子供がいてソファが食べこぼし飲みこぼしで汚れやすい方や、室内でペットを飼っている方には、2つの方法のどちらも最適だと思います。

今回ご紹介しました「シャボンの泡」について、ソファの汚れ落としだけなくもちろんリビングダイニングの拭き掃除全般にオススメでます。

「シャボンの泡」について、もっと詳しく知りたい方はこちらの動画が参考になります。

実際にフローリング床の拭き掃除に「シャボンの泡」を使っている動画もあります。

拭いた後のヌルヌルやベタベタがなくて快適ですよ!

ABOUT ME
茂木和哉
茂木和哉
汚れ落とし研究家
1975年秋田県生まれ。20歳で温泉浴場清掃をバイトで経験。21歳で工業薬品や業務用洗剤の販売会社に就職。30歳で洗剤メーカーに転職し、1年後の秋田で独立。 独学で掃除と洗剤作りを学び、秋田からパソコン1つで情報発信を始め、自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」を大ヒットさせる。現在ではシリーズ展開させ全国のお店に並ぶまでに。 汚れ落とし人生で得たノウハウを惜しみなく伝えるYouTubeチャンネル「茂木流掃除講座」は、チャンネル登録数30万を超える。
記事URLをコピーしました