*

洗剤にはどんなものが含まれているの?

a0005_000480

洗剤によく含まれる成分にはどんなものがあるのか?

わかりやすく説明します!

 

【界面活性剤】

界面活性剤が含まれていなければ洗剤とは言えません。

なぜなら、家庭用品品質表示法では
「界面活性剤で落とすもの」=「洗剤」
となるからです。

また家庭用品品質表示法では、
界面活性剤とわけられてますが
石けんも立派な界面活性剤です。

白いなまはげは、安全性を考えて、
合成界面活性剤の代わりに水石けんを使ってます。
asaichi_page

界面活性剤の詳しい働きについては、
こちらをご覧ください。

 

【水】

液体洗剤に限ってですが
最も多く含まれているのが水です。

界面活性剤より多く含まれています。

「水洗い」という言葉があるように
水も立派な洗浄成分のひとつです。

 

【水軟化剤】

水に含まれている硬度分(金属イオン)は、
界面活性剤と結びつくと洗浄力が落ちてしまいます。

なので、
汚れ落ちを良くするためには、
硬度分の影響を受けないよう
硬度分をとって水を軟化する必要があります。

特に洗濯では重要です!

その働きをするのが水軟化剤です。

アルミノケイ酸塩やポリカルボン酸塩等が使われます。

 

【金属封鎖剤】

洗剤を作る時に使う原料にも金属イオンが含まれています。

洗剤に金属イオンが含まれたままでは、
変色したり、沈殿物ができたり
安定した品質を保つことができません。

それを防止するのが金属封鎖剤です。

キレート剤ともいいます。

グルコン酸ナトリウムや
EDTA(エチレンジアミンアトラ酢酸)
などがあります。

 

【アルカリ剤】

アルカリ剤は、油汚れをケン化させたり
たんぱく質汚れを分解する働きがあります。

炭酸ナトリウムやケイ酸ナトリウムが
一般的ですが、とにかく洗浄力重視なら
pHが非常に高い水酸化カリウムや水酸化ナトリウムが使われます。

 

【再付着防止剤】

分散剤ともいいます。

再付着防止剤は、
一度落ちた汚れがまた付着しないようにするために使用します。

洗濯洗剤なら
繊維と汚れにくっついて電気反発力を高めたり
汚れを洗浄液中に安定させることで
繊維への再付着を防ぎます。

また、
一度離れた汚れが繊維に戻らないようにする以外にも
界面活性剤や漂白剤では分解できない汚れを
分解して落とすのではなく繊維から引き離して落とすという
洗浄方法ができます。

代表的な再付着防止剤には、
リン酸ナトリウムやポリアクリル酸ナトリウム、
カルボン酸ナトリウムなどです。

ちなみにリン酸ナトリウムは有リンです。

 

【泡調整剤】

泡調整剤は、
泡持ちを良くするための泡安定剤
泡立ちをよくするための起泡剤
起泡力を抑える抑泡剤
の3つに分けられます。

泡安定剤としては脂肪酸ジアタノールアミドなどの
非イオン界面活性剤がよく使われます。

起泡剤には、泡立ち豊な界面活性剤や
メタキシレンスルホン酸ソーダが使われます。

抑泡剤には、石けんやアルコールなどが使われます。

石けんは本来泡立ち豊な界面活性剤ですが
洗浄剤にカルシウムイオンが含まれている場合は
あえて反応させ金属石けんを発生させ泡を抑えます。

洗剤は、泡立ちが望まれる場合とそうでない場合があります。

なので泡立ちや泡もちなどを
泡調整剤でコントロールし調整し使いやすい洗剤に仕上るのです。

 

【溶剤】

皮脂汚れや油汚れに有効な洗浄成分は、
アルカリビルダー、界面活性剤剤だけではありません。

溶剤も、非常に有効です。

油汚れが時間経過と酸化で変質し
樹脂化した油汚れには、
洗浄剤に溶剤が含まれているかいないかで
洗浄力は大きく違います。

溶剤は、高い浸透力で油汚れを分解する他、
アルカリ剤を働きやすくして洗浄力を上げてくれるのです。

それほど油汚れ洗浄剤には
重要で欠かせないのが溶剤です。

代表的な溶剤として、
ブチルカルビトールなどの
グリコールエーテル系の溶剤があります。

なまはげには、グリコールエーテル系溶剤が
たっぷり含まれています。

なので固化した油汚れも素早く洗浄ができるわけです!
namahage_click

【酵素】

酵素は、つけおき洗浄で
高い効果を発揮するのが特徴です。

特に水よりお湯を使った方、効果的です。

その特徴から、
洗濯洗剤によく使われます。

主な種類には、
プロテアーゼ(たんぱく質分解酵素)
リパーゼ(脂質分解酵素)
アミラーゼ(デンプン分解酵素)
セルラーゼ(繊維素分解酵素)
があります。

サムライは、タンパク質分解酵素が
一般的な洗濯洗剤と比べ物にならないぐらい
たっぷり配合されています。
samurai_click

 

【蛍光増白剤】

染料の一種である蛍光増白剤は、
紫外線に当たると青紫色を発行し
黄色味を帯びたものが白く見える働きがあります。

言い方を変えると、
落としきれない汚れを白くなったように見せかけるようにする染料
のことです。

また、蛍光増白剤は、
皮膚刺激やアレルギー反応を起こすことがあります。

肌の弱い方、アトピーの方は注意が必要です。

私がこれまで開発した洗濯洗剤には、
蛍光増白剤が含まれているものが1つもありません!

 

【漂白剤】

漂白剤は、大きく分けて
・酸化型漂白剤
・還元型漂白剤
の2つに分けられます。

よく耳にする
・塩素系漂白剤
・酸素系漂白剤は
は酸化型漂白剤に含まれます。

酸化型漂白剤は、
その名の通り酸化の力を利用し
色素を壊し、白くさせます。

また、
酸化力は細菌や微生物を除菌することもできます。

そして、
悪臭放つ菌を除菌することで消臭ができます。

一般的な、酸化型漂白剤やカビ取り剤として
よく使われるのが次亜塩素酸ナトリウムです。

茂木和哉のカビ退治には、次亜塩素酸ナトリウムが
一般的なカビ取り剤の約6倍含まれています!

だからスプレータイプなのに
ゴムパッキンのカビでも落とせるわけです。
kabitaiji_click

粉末タイプの洗濯洗剤に、除菌消臭の目的で
よく使われるのが過炭酸ナトリウムの方です。

The following two tabs change content below.
茂木 和哉

茂木 和哉

洗剤に自分の名前をつけてしまうほどの洗剤オタクです。 住まいのお掃除に役立つ情報から、清掃業者さんのスキルアップに役立つ情報まで、汚れ落としに関する情報を発信しています。 汚れ落としに関するご相談もお気軽にどうぞ。

茂木和哉 YouTube
茂木和哉 Instagram
茂木和哉 Facebook
茂木和哉 Twitter
きれい研究所公式サイト

関連の記事。こちらもどうぞ

塩素系の漂白剤やカビ取り剤は、なぜアルカリ性なのか?

塩素系の漂白剤やカビ取り剤は、 主成分である次亜塩素ナトリウムが、 アルカリ性のため製品

記事を読む

【簡単解説】界面活性剤の働きとは?

洗剤の主成分「界面活性剤」。 なぜ界面活性剤が含まれていると汚れが落ちるのか?

記事を読む

【詳しく解説】界面活性剤の働きとは?

食事をした後の食器や、皮脂で汚れた服は 水洗いだけではなかなかきれいになりません。

記事を読む

エタノールの特徴と用途

エタノールの最も大きな特徴は、 除菌ができることです。 除菌ができるのだから、 雑

記事を読む

二酸化塩素と安定化二酸化塩素

二酸化塩素は、光や熱で分解されやすい気体です。 なので製品とし流通させるためには、

記事を読む

洗剤エキスパート茂木和哉の人気の記事

  • 茂木和哉 初の著書が発売決定! 予約受付中!
より洗浄力が高くできるだけ安全な洗剤を目指して

  最近のトイレやお風呂は、汚れが付きにくくな

茂木和哉の業務用つけ置き洗剤のご紹介!

純愛、サムライ、泥汚れZ、そして今田耕司さんからのオファーで作

バスクリーナーで水垢汚れは落ちるのか?

よく売られているものから、そうでないものまで、普通のバスクリー

浴場清掃に最適なバスクリーナーの条件とは?

浴場施設関係者の皆さん、日々お使いになっているバスクリーナーに

塩素臭が苦手な方必見!塩素臭を抑える方法!

  皆さんが、日々のお掃除や洗濯でよく使う塩素

→もっと見る

PAGE TOP ↑