掃除

シンクの排水口周りのヌルヌル汚れの落とし方【キッチン掃除】

こんにちは!茂木和哉(@motegikazuya)です。

排水口周りを数日掃除していないだけですぐに現れる「ヌルヌル汚れ」

皆さんあのヌルヌル汚れの正体をご存知ですか?

実は雑菌が増殖し過ぎるとできる「バイオフィルム」といものなんです。

あのヌルヌルに数えきれないほどの雑菌がいるんです。

だから臭いもするんですよね。

ということで今回は、排水口周りのヌルツキ汚れや黒ずみの落とし方をご紹介します!

雑菌のご飯と絶ってキレイにする!

ヌルヌル汚れがつきやすい場所とは、雑菌が生きていくのに必要なご飯が豊富にあって住み心地がいい、雑菌にとってまさに楽園のような場所です。

逆にご飯がないと生きていくことはできません。

なのでご飯を無くせば、雑菌の増殖を防ぐことができます。

ではご飯を断つ方法から考えてみたいと思います。

雑菌のご飯となるのは、油や皮脂、石鹸や洗剤などですので、排水口周りを1日1回は最低掃除して油脂分をしっかり洗い落とし、その後洗剤が残らないようにしっかり水ですすげばいいわけです。

毎日夕食の洗い物が終わった後に、ちゃんと「キッチンリセット」をされている方なら、排水口周りの掃除も習慣化されていると思いますのでキレイだと思います。

それができれば、何も特別な洗剤を使わなくても、ほとんど汚れていない状態なので普通の食器洗剤でも十分なんですよね。

しかし皆さんの中には毎日はちょっと無理という方もいるかと思います。

私もそうです(笑)

掃除しなければしないほど雑菌は増殖し、赤カビや黒カビも登場しますので汚れがひどくなり、臭いもキツくなります。

そんな状態で掃除するとなると、できれば除菌効果と消臭効果のあるもので掃除したいですよね。

さらに油脂や黒カビまでキレイに落とせるものならなおいいですよね。

まさにそれが「塩素系漂白剤」です。

排水口周りの掃除にオススメな「塩素系漂白剤」

塩素系漂白剤は、強力な殺菌力で雑菌を退治するのでヌルヌル汚れとイヤな臭いをとってくれます。

また漂白力が強いので黒カビの色素を脱色しキレイにします。

さらに塩素系漂白剤は、アルカリ性なので油脂分も落とすことができます。

ただ塩素系漂白剤にも色んなタイプがあります。

洗いやすさと効果を考えると、キッチンハイターなどのボトルに入った漂白剤よりも、強力カビハイターやカビキラーなどの泡スプレーのタイプの方がオススメです。

実は、スプレータイプよりもボトルに入った漂白剤の方が塩素濃度が約2倍ほど高いんです。

なのにスプレータイプの方をオススメするは、「接触時間」を長く作れるからです。

それは泡状の方が液状よりも密着力が高いので接触時間は長くなりますよね。

もちろん液状のものでもペーパーで湿布するなど工夫すればいいのですが、かなり面倒ですよね。

以前、強力カビハイターとカビキラーの泡の密着力の比較テストをしたことがあるのですが、カビキラーより強力カビキラーの方がかなり密着力が強かったですよ。

ひどい汚れには「泡」より密着力が強い「ジェル」で!

しかしそれでも密着力には限界があります。

目皿などの排水口パーツや排水口の内部などの汚れが溜まっているようなところには、泡スプレーを吹きかけて15分ぐらい放置しておきたいところです。

でも15分間ずっと泡が留まってくれているかというと、はかなり厳しいと思います。

なので汚れが落ちきれない場合は、途中でスプレーして上げる必要があります。

それって結構手間ですよね?

そんな時は、「茂木和哉カビとりジェルスプレー」がオススメです!

「茂木和哉カビとりジェルスプレー」は、スプレータイプなのに泡でなくジェルなんです。

ジェルがべったり張り付いて、壁面だろうと排水口の中だとうと1時間でも2時間でも留まってくれます。

実際に「茂木和哉カビとりジェルスプレー」を使って排水口周りを洗った様子の動画があります。

コチラです。

最後に

いかがでしたでしょうか?

実は、茂木和哉シリーズには排水パイプ用の洗浄剤があります。

詰まって水の抜けが悪いとだと「茂木和哉パイプクリーナー」の方がいいのですが、そこまでひどくない場合は、カビとりジェルスプレーの方が使いやすくていいんですよね。

汚れ落とし研究家
茂木和哉@motegikazuya
汚れ落とし一筋24年。掃除が得意な洗剤開発者。 自分で作った洗剤を、秋田にいながらパソコン1つで情報発信を始め、現在は全国のお店に並ぶまでに。 自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」は、150万本以上販売。 洗剤の製造販売の他に、YouTubeとSNSで掃除術を日々発信中。
\ Follow me /