*

  • 茂木和哉の初の著書!ネットで購入するならコチラ!

界面活性剤の種類

界面活性剤には、食品の乳化剤として使われている卵黄レシチンや大豆レシチンといった天然に存在する天然界面活性剤 と、 化学合成された合成界面活性剤 があります。 合成界面活性剤はさらに天然の物質を原料として化学合成された天然系界面活性剤 と 石油系の原料から作られる石油系界面活性剤 があります。 天然界面活性剤と天然系界面活性剤は別物です。 また、界面活性剤を水に溶かしたと…

続きを見る

洗剤で汚れが落ちる仕組み

界面活性作用が汚れを落とします 身体用の化粧せっけん、シャンプー、ヘアリンス、 台所用、洗濯用、住宅用の合成洗剤やせっけん、漂白剤、洗浄剤、クレンザーなど、 汚れにあわせてさまざまな化学物質が使われていますが、基本的には界面活性作用のある物質(界面活性剤 )が入っていて、それが汚れを落とします。 界面活性剤 界面活性剤は水と油を混ざりやすくする働きがあります。 この性質はとても便利なので、クリーム…

続きを見る

「天然由来」や「植物系」洗剤は安全とは限りません。

手荒れしやすい合成界面活性剤で、近年、食器洗剤に使われることが多いアルキル硫酸エステルナトリウム(別名:ラウリル硫酸ナトリウム)は、手荒れしやすいだけでなく、その他の危険性の高さも問題視されている合成界面活性剤 です。 実は、このアルキル硫酸エステルナトリウムは、石油からでもヤシ油からでも作ることができる合成界面活性剤なのですが、石油から作られようと、ヤシ油から作られようと、できた合成界面活性剤…

続きを見る

歯磨き粉にも!?ラウリル硫酸ナトリウムとラウレス硫酸ナトリウム

危険な合成界面活性剤の種類を知れば知るほど、大きな安心が手に入り、自分自身はもちろん、家族を危険な合成界面活性剤の被害から身を守ることに繋がっていきます。 しかし、わけのわからないカタカナだらけ成分名をたくさん覚える事はとても大変です。 そこで、皆さんにぜひ覚えていただきたい危険な合成界面活性剤を2つだけご紹介します。 それが「ラウリル硫酸ナトリウム」と「ラウレス硫酸ナトリウム」…

続きを見る

手荒れしやすい食器洗剤とは?

手荒れしやすい食器洗剤には、必ず合成界面活性剤 が含まれています。 でも合成界面活性剤は種類よって荒れやすさは大きく違いますので、正確に言えば「手荒れしやすい食器洗剤には、手荒れしやすい合成界面活性剤がふくまれている。」と言うことになります。 しかし、残念ながら一般的な食器洗剤は、すべてに手荒れしやすい合成界面活性剤が含まれているのが現状です。 ところで皆さん、手荒れしや…

続きを見る

茂木和哉株式会社について

洗剤ベンチャーの茂木和哉株式会社はおかげさまで創業12年 茂木和哉株式会社は洗剤ベンチャーです。常に新しいことにチャレンジし、皆様がより幸せになれるお手伝いをしたいと考えております。   私たちのもの作りの基本理念 落ちない汚れを落とす 安全で安心して使える 環境を守る 茂木和哉の洗剤は強力な洗浄力でありながら、安全性と環境対応、エコもトップレベ…

続きを見る

  • 茂木和哉の初の著書!ネットで購入するならコチラ!
酸素系漂白剤の洗浄効果を劇的にアップさせる「茂木漬け」!

皆さん、酸素系漂白剤はお使いですか? キッチンの油汚れや

合成洗剤が「悪」で、ナチュラル系が「善」でしょうか?

最近インスタでよく洗濯洗剤や柔軟剤のことを投稿をしてます。

なぜバスフレッシュは人気なのか?を改めて解説!

茂木和哉のプロショップの先月の売れ筋商品ランキングのトップ3が

茂木和哉の汚れ落とし人生 シーズン2

今回は洗浄剤メーカーに転職してからの話です。 まだシーズ

ガンコなサビ落としの最強アイテム!

皆さん、サビ汚れにお困りではないですか? 例えば、 ス

→もっと見る

PAGE TOP ↑