*

  • 茂木和哉の初の著書!ネットで購入するならコチラ!

植物系の界面活性剤であれば手にやさしいのでしょうか?

植物系でも手荒れ しやすい界面活性剤 は存在します。 例えば、昨今安全性が問題視されているラウリル硫酸ナトリウム は、石油とヤシ油どちらからでも作ることができます。 しかし、ヤシ油から作られたものが石油から作られたものより手荒れしにくいなどと言う事はありません。 何から作られようと、ラウリル硫酸ナトリウムである以上手荒れします。 洗剤の手荒れしやすさで重要なのは、合成界面活性…

続きを見る

固形せっけんと液体せっけん、汚れがよく落ちるのはどっち?

汚れ落ちは、ほとんど変わりません。 しかし、水に溶けることで洗浄力を発揮する固形せっけんは、 あらかじめ洗浄成分が溶けている状態の液体せっけんとは違い、 水温が高いほどせっけんが溶けやすくなるので汚れがよく落ち、 水温が低いほどせっけんが溶けにくいので汚れ落ちが悪くなります。 また、油汚れが多い食器洗いや、たくさんの水で薄めて使用する洗濯の場合は、水温に注意が必要です。液…

続きを見る

オーガニック原料を使った洗剤であれば手荒れしませんか?

原料がオーガニック か、 それとも農薬や化学肥料を使用したものなのかは、手荒れしやすい、しにくいには全く関係ありません。 洗剤の手荒れしやすさで重要なのは、合成界面活性剤がどんな原料から作られたかではなく、使われている合成界面活性剤の安全性なのです。 例え原料がオーガニックであっても、それを加工したものが安全性の低い合成界面活性剤であれば、手荒れの原因となります。 オー…

続きを見る

石油系の界面活性剤が入ったものは使わない方が良いのですか?

洗剤やシャンプー、化粧品などにおいて 石油系界面活性剤は使用していませんとか、植物由来成分だけで作りました、といった説明を目にすることがあると思います。 しかし界面活性剤 の安全性の基準を 石油系や植物系だけで判断するのは、正しい方法とは言えません。 確かに、石油系より植物由来の界面活性剤の方が安全性は高い傾向にあります。 しかし、界面活性剤の種類によっては石油からでも植物からでも作ることができ…

続きを見る

お友達が自分で作ったせっけんをくれました。手作りせっけんは安全ですか?

自分好みの材料で意外と簡単に作れるということもあって、 趣味で手作りのせっけん を楽しんでいる方もいらっしゃるようですが、 実は手作りせっけんはたとえ天然材料を使っているとしても、必ずしも安全とはいえません。 せっけんを作るためには、非常にアルカリ度が高く、 大変危険な 水酸化ナトリウム や水酸化カリウム を使用します。 水酸化ナトリウムや水酸化カリウムのアルカリの強さは、皮膚をも簡単に溶かすく…

続きを見る

手荒れに悩んでいます。洗濯洗剤はどのようなものを選んだら良いでしょうか?

せっけん をおすすめします。 洗濯用合成洗剤 は、 最近のコンパクト化の流れもあって 合成界面活性剤が高濃度で含まれているものがとても多くなりました。 また、直接手肌に触れる機会が少ないということもあって、 洗浄力重視の 手荒れしやすい合成界面活性剤が多く含まれているのが現状です。 ですから 洗濯洗剤 である以上、 手荒れしにくいものなどいくら探しても見つかりません。(残念なことですが) また、…

続きを見る

アルカリ電解水は手肌に影響を与えませんか?

アルカリ性である以上、 アルカリ電解水 でも手肌に影響を与えます。 手肌に影響を与える要因は、 洗剤に含まれている 界面活性剤 などの化学物質だけではなく アルカリ電解水のようにpHの高さでも手肌は影響を受けるからです。 アルカリ度が高ければ高いほど手肌に影響がでますし、 アルカリ側だけでなく、酸性側でも pHが低ければ低いほど手肌は影響を受けます。 ですから、例え水であろうと洗剤であろうと p…

続きを見る

重曹やクエン酸は手荒れの心配はありませんか?

重曹 やクエン酸 などナチュラル素材でも手荒れします。 その理由は、液性によるタンパク質変性 です。 重曹はとても穏やかなアルカリ性ですが、アルカリ性である以上はタンパク質変性作用により手が荒れます。 同じように、クエン酸 も酸性ですからタンパク質変性作用により手が荒れます。 …

続きを見る

ヤシの実から作られた洗剤は手にやさしいと考えて良いですか?

合成洗剤 である以上は、手に優しいという事はありえません。 例え洗剤の洗浄成分がヤシの実など天然素材から作られていたとしても、できたものが合成界面活性剤である以上は、手荒れの原因になります。 「洗剤」=「合成界面活性剤が主成分」なのです。 …

続きを見る

せっけんの薄めすぎにはご注意を!

合成洗剤は、濃度が薄くなるにつれて洗浄力が徐々に落ちていきますが、 せっけんは合成洗剤とは違い、濃度がある程度薄まったところで、急激に洗浄力を失ってしまいます。 そして洗浄力を失った状態では、一度落ちた汚れが再付着してしまいます。 このせっけんの特性を踏まえて、せっけんを食器洗いに使う場合と洗濯に使う場合のコツをご紹介します。 せっけんを食器洗いに使う場合 せっけんで食器を洗う場合の基本はスポンジ…

続きを見る

  • 茂木和哉の初の著書!ネットで購入するならコチラ!
酸素系漂白剤の洗浄効果を劇的にアップさせる「茂木漬け」!

皆さん、酸素系漂白剤はお使いですか? キッチンの油汚れや

合成洗剤が「悪」で、ナチュラル系が「善」でしょうか?

最近インスタでよく洗濯洗剤や柔軟剤のことを投稿をしてます。

なぜバスフレッシュは人気なのか?を改めて解説!

茂木和哉のプロショップの先月の売れ筋商品ランキングのトップ3が

茂木和哉の汚れ落とし人生 シーズン2

今回は洗浄剤メーカーに転職してからの話です。 まだシーズ

ガンコなサビ落としの最強アイテム!

皆さん、サビ汚れにお困りではないですか? 例えば、 ス

→もっと見る

PAGE TOP ↑