*

  • 茂木和哉の初の著書!ネットで購入するならコチラ!

洗濯物を天日干ししたのに嫌な臭いがするのはなぜ?

こんにちは、洗剤エキスパートの茂木和哉です。 「天日干ししたのに洗濯物が臭う...」 そんな経験、ありませんか? もしかしたら 洗濯物の洗濯機への放置 が原因かもしれません。 洗濯物が、洗濯槽に長く置かれていればいるほど また、気温が暑ければ暑いほど 臭いは付きやすく、また強い臭いがします。 ではなぜ洗濯槽に放置すると臭いが付くのか? それは、臭いを放つ雑菌が繁…

続きを見る

手肌のためには、固形せっけんと液体せっけんではどちらが良いですか?

手肌のためには 固形せっけんよりも液体せっけんの方が良いです。 その理由は、2つあります。 液体せっけんの方が固形せっけんより遊離脂肪酸が多い 遊離脂肪酸とは、せっけんカスのことです。 実はせっけんカスには、手肌を保湿する働きと 手肌をバリアし外部の刺激から守ってくれる働きがあるのです。 液体せっけんの方が固形せっけんより手肌への負担が小さい 固形せっけんの場合、泡立て…

続きを見る

防腐剤の入っていないせっけんは長持ちしませんか?

せっけん は、雑菌が住みつきにくいアルカリ性です。 その為、防腐剤が入っていなくても腐敗しにくく、未使用なら長期間保管が可能です。 しかしせっけんでも、液体せっけん の場合は一度使い始めたなら注意が必要です。 水が含まれている液体せっけんは、固形せっけんよりpHが低い分、雑菌が住み着きやすい環境です。 さらに、せっけんを手に取る際に雑菌が侵入する恐れがあり、適度な温度が…

続きを見る

手肌には弱酸性が一番良いのですか?

洗剤が手肌に与える影響は、 洗剤に含まれている主成分が手肌に安全なものかどうかで判断してください。 台所洗剤やシャンプーなら界面活性剤 です。 主成分である界面活性剤が何かが最も重要なのであって、 ごくわずかにしか含まれていない香料や防腐剤などの成分ではないという事です。 弱酸性か弱アルカリ性かといった液性はその次です。 この判断の順位が逆なら、弱酸性の合成洗剤…

続きを見る

せっけんは植物から作られているのですか?

せっけん は、油脂をアルカリで反応(ケン化)させて作ります。 その油脂の原料は、植物油だけでなく動物油も使われます。 植物油で用いられるものとして一般的なものは、ココヤシやアブラヤシから採れるヤシ油 です。 また、高価なせっけんにはオリーブ油 やアボカド油 なども使われます。 動物油で用いられるものとしては、牛脂 や馬油 が有名です。 これらの油脂と苛性ソーダ(水…

続きを見る

防腐剤が配合されていなければ安全ですか?

必ずしも安全とは言えません。 確かに防腐剤 の中には、安全性が低いものがあるのも事実です。 しかし、防腐剤を含まないことで商品が腐敗し雑菌の感染リスクが高くなってしまうことも問題です。 多くのメーカーは、ごくわずかに添加された防腐剤による健康被害より、 防腐剤を含まないことで起こりうる感染症での健康被害の方が重大だと判断し、防腐剤を添加しているのです。 優先するべきは、…

続きを見る

植物系の界面活性剤であれば手にやさしいのでしょうか?

植物系でも手荒れ しやすい界面活性剤 は存在します。 例えば、昨今安全性が問題視されているラウリル硫酸ナトリウム は、石油とヤシ油どちらからでも作ることができます。 しかし、ヤシ油から作られたものが石油から作られたものより手荒れしにくいなどと言う事はありません。 何から作られようと、ラウリル硫酸ナトリウムである以上手荒れします。 洗剤の手荒れしやすさで重要なのは、合成界面活性…

続きを見る

固形せっけんと液体せっけん、汚れがよく落ちるのはどっち?

汚れ落ちは、ほとんど変わりません。 しかし、水に溶けることで洗浄力を発揮する固形せっけんは、 あらかじめ洗浄成分が溶けている状態の液体せっけんとは違い、 水温が高いほどせっけんが溶けやすくなるので汚れがよく落ち、 水温が低いほどせっけんが溶けにくいので汚れ落ちが悪くなります。 また、油汚れが多い食器洗いや、たくさんの水で薄めて使用する洗濯の場合は、水温に注意が必要です。液…

続きを見る

オーガニック原料を使った洗剤であれば手荒れしませんか?

原料がオーガニック か、 それとも農薬や化学肥料を使用したものなのかは、手荒れしやすい、しにくいには全く関係ありません。 洗剤の手荒れしやすさで重要なのは、合成界面活性剤がどんな原料から作られたかではなく、使われている合成界面活性剤の安全性なのです。 例え原料がオーガニックであっても、それを加工したものが安全性の低い合成界面活性剤であれば、手荒れの原因となります。 オー…

続きを見る

石油系の界面活性剤が入ったものは使わない方が良いのですか?

洗剤やシャンプー、化粧品などにおいて 石油系界面活性剤は使用していませんとか、植物由来成分だけで作りました、といった説明を目にすることがあると思います。 しかし界面活性剤 の安全性の基準を 石油系や植物系だけで判断するのは、正しい方法とは言えません。 確かに、石油系より植物由来の界面活性剤の方が安全性は高い傾向にあります。 しかし、界面活性剤の種類によっては石油からでも植物からでも作ることができ…

続きを見る

  • 茂木和哉の初の著書!ネットで購入するならコチラ!
茂木和哉、料理動画始めました!

こんにちは!茂木和哉です。 私にとって「掃除」はやらない

ラクしてキレイになる茂木流キッチン掃除術!

こんにちは、茂木和哉です。 皆さん、キッチンの掃除はどう

茂木流自作洗剤で節約生活!

昨日のテレ東で放送された「ソレダメ!」にちょっと出演した茂木和

【手荒れ対策】小さなお子さんをお持ちの母親のためのハンドソープ!

小さなお子さんをお持ちの母親の皆さん、こんなお悩みありませんか

no image
【茂木和哉のプロショップ】8月の超得キャンペーンのお知らせ!

清掃業の皆さま、浴場施設関係者の皆さま、飲食店関係者の皆さまに

→もっと見る

PAGE TOP ↑