キッチン:シンク・蛇口

メラミンスポンジで蛇口の水垢落とし!小傷をつけない予防策も

nishiyama
のぞみ
のぞみ

こんにちは!のぞみです。

ピカピカしている蛇口は少しお掃除をしないでいると、すぐにモヤモヤの水垢が目立ってしまいますよね。

水垢にはメラミンスポンジのような研磨力のあるスポンジを使うのがいいのですが、あまり頻繁に使うと傷がついてしまうかもしれません。

そこで今回は、メラミンスポンジで傷がついてしまうリスクを抑えつつ、ラクに水垢が落とせる方法をご紹介していきます!

ちなみに今回参‌考‌に‌し‌た‌の‌は、‌こ‌ち‌ら‌の‌茂‌木‌和‌哉‌(‌‌@motegikazuya‌‌)‌さ‌ん‌の‌YouTube‌動‌画‌で‌す!

目次
  1. 使用するアイテムの紹介
  2. お掃除前の汚れのようすをチェック
  3. メラミンスポンジで蛇口の水垢落としをしてみました
  4. お掃除後の汚れをチェック
  5. 食器用洗剤とつかって傷を予防!
  6. まとめ

使用するアイテムの紹介

まずは今回の水垢落としで使うアイテムからご紹介していきます。

メインで使うのはこちらのメラミンスポンジです。

研磨力があるのが魅力の一つではありますが、力加減によっては傷がついてしまうのがデメリットではありますね。

傷をつきにくくするために、一緒に使うのが食器用洗剤です。

今回は無印良品さんの食器用洗剤を使いますが、おうちで使っているもので構いません。

食器用洗剤のヌルヌルで傷がついてしまうリスクを抑える、という作戦ですね!

お掃除ですので使い捨てのゴム手袋も用意しました。

わたしはいつもニトリルゴム製の使い捨て手袋を使っています。

残った汚れはお掃除用のヘラで取っていきます。これは100円ショップのセリアで購入したものですね。

そしてお掃除の最後に水気を拭き取るのに使うマイクロファイバークロスです。

今回はこれで水垢取りをしていきます!

お掃除前の汚れのようすをチェック

続いてお掃除前の水垢のようすをお見せしていきます。

蛇口のヘッドのあたりはそれほど汚れていませんが……下のほうをみると水垢や皮脂汚れがついています。

このあたりは水垢がブロック状になっていてかなり目立ちます。

蛇口のレバーの隙間にも汚れが溜まっているはずですので、今回はお掃除用のヘラを使って落としてみたいと思います。

蛇口の反対側はくすんでいるように見えます。

ウロコのようになってはいませんが、水垢がぼんやりついている状態ですね。

メラミンスポンジで蛇口の水垢落としをしてみました

それではお掃除用のゴム手袋をして、始めていきましょう!

まずは水でメラミンスポンジを濡らし軽く絞ります。そして食器用洗剤を1〜2滴スポンジにつけましょう。

もみもみして洗剤をなじませたら、優しく蛇口を磨いていきます。

銀色のところはもちろん、蛇口をひっくり返して水が出てくるところも磨いていきましょう。

裏面はお掃除し忘れてしまいがちですが、ガチガチの硬い水垢がつきやすいですからね。

メラミンスポンジに食器用洗剤をつけたのは、ヌルヌルさせてすべりをよくし、傷をつけにくくするためです。

研磨力が弱まってしまうのでガンコな水垢は落とせませんが……今回くらいの水垢なら十分落とせます!

とは言っても蛇口は樹脂メッキでできているので、傷がつかないよう力加減は調整してくださいね。

今回おこなっている、メラミンスポンジに食器用洗剤をつけて水垢を落とす方法では、汚れ落ちの良さよりも傷のつきにくさを重視しています。

もし水垢がガンコそうなら、食器用洗剤はつけずに水とメラミンスポンジだけでこすってくださいね。

そして蛇口の付け根、シャワーのヘッドのあたりを磨きます。

ここで一度、洗剤をざっと流します。蛇口から水をすくい、かけていきましょう。

マイクロファイバークロスで水気を拭き取りましょう。このような蛇口の内側には水が入るのはあまりよくありません。しっかりクロスでふき取りましょう。

拭きあげたら蛇口の下にある溝の汚れを落としていきます。

ヘラを使ってカリカリこすり、汚れをかき出しますね!

蛇口を上げると水がちょろちょろ出てきてしまうのがもったいなくもありますが……汚れが溜まっていくほうが厄介ですからね。

ヘラを見てみると、白っぽい水垢汚れというよりも茶色いぬめり汚れが取れました。

ここはティッシュなどで軽く拭き取りましょう。

蛇口の裏側もこすり落としていきます。

仕上げにもう一度、マイクロファイバークロスで拭き取ればお掃除完了です!

お掃除後の汚れをチェック

お掃除が終わりましたので、どれくらいキレイになったのかお見せしますね。

蛇口のヘッドのあたりはそこまで汚れていませんでしたが、根本に近付くにつれて水垢が目立っていました。

ですが今は、どこからみてもツヤツヤピカピカです!

蛇口のレバーの隙間は、ヘラを使ってカリカリ汚れを落としました。

溝までキレイになっていますね!

蛇口を反対側から見るとこんな感じです。

付け根のあたりに黒いポツポツがありますが、これは汚れではなくメッキ塗装が剥がれてしまっているんですよね。

かれこれ8年くらい使っているので傷みが目立ってきました。

食器用洗剤とつかって傷を予防!

ということで今回はメラミンスポンジと食器用洗剤を使って、キッチンシンクの蛇口の水垢取りをしてみました。

メラミンスポンジは意外と研磨力が高く、水だけで使うと傷が付いてしまうことがあります。

我が家のキッチンシンクもかれこれ8年ほど使っていて、劣化でメッキが取れやすくなってきました。

今回ついていた水垢はそこまでガンコそうでなかったので、滑りをよくするために食器用洗剤を一緒に使いました。

食器用洗剤と使うと、研磨力は落ちてしまいますが傷はつきにくくなります。

なので水垢がガンコそうなときは水だけ、そこまでガンコそうでなければ食器用洗剤とあわせて使う、と上手くわけていくといいですね♪

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はキッチンシンクの蛇口についた水垢を、メラミンスポンジで落としてみました。

すぐに試せるやり方ですのでみなさんも一度やってみてくださいね!

また、YouTubeチャンネル「のぞみのお掃除講座」では、お掃除にまつわるいろんな情報をお届けしています。

こちらの動画もみてもらえると嬉しいです!

さらに自分にあったお掃除法を見つけたいという方は、「汚れ落とし研究家 茂木和哉のラクラク掃除術」を読んでみてくださいね。

茂木さんがお掃除ノウハウを、わかりやすくまとめてくれていますよ~!

created by Rinker
¥1,540 (2024/04/13 09:06:18時点 Amazon調べ-詳細)

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました。

またお会いしましょう~♪

ABOUT ME
茂木和哉
茂木和哉
汚れ落とし研究家
1975年秋田県生まれ。20歳で温泉浴場清掃をバイトで経験。21歳で工業薬品や業務用洗剤の販売会社に就職。30歳で洗剤メーカーに転職し、1年後の秋田で独立。 独学で掃除と洗剤作りを学び、秋田からパソコン1つで情報発信を始め、自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」を大ヒットさせる。現在ではシリーズ展開させ全国のお店に並ぶまでに。 汚れ落とし人生で得たノウハウを惜しみなく伝えるYouTubeチャンネル「茂木流掃除講座」は、チャンネル登録数30万を超える。
記事URLをコピーしました