のぞみの記事

お風呂にも!?キッチン泡ハイターでバスタブ外側の掃除

anko

お風呂場では体や髪を洗ったりするので、皮脂汚れが飛び散ったり石けんカスがつきやすいですよね…!

さらに、湿度も高いことが多く黒カビや赤カビといった汚れが発生することも。

のぞみ

今回はそんな浴室のバスタブ外側を「キッチン泡ハイター」で掃除する方法をご紹介します!

この記事でわかること
  • バスタブの外側につきやすい汚れとその掃除方法
  • 「キッチン泡ハイター」でバスタブ外側についた汚れを掃除する方法
  • 「キッチン泡ハイター」でバスタブを掃除するときの注意点

「キッチン泡ハイター」を使ってバスタブの外側に付いた汚れを落とす様子を実演で見たいひとは、こ‌ち‌ら‌の‌茂‌木‌和‌哉‌(‌‌@motegikazuya‌‌)‌さ‌ん‌の‌YouTube‌動画がおすすめです!

「キッチン泡ハイター」でバスタブ掃除をする手順や必要なものを簡潔に知りたい人は、こちらの記事がおすすめです♪

目次から読みたい場所まで簡単に飛ぶことができますよ♪

バスタブの外側に付きやすい汚れ

まずは、浴室のバスタブ外側に付きやすい汚れについて解説します!

のぞみ

付きやすい汚れだけでなく、その汚れに効果的な掃除方法と洗剤も一緒にご紹介しているので、参考にしてみてくださいね♪

皮脂汚れ

浴室では髪の毛や体を洗うため、皮膚から分泌される皮脂が飛び散りやすいですよね…!

この皮脂は皮脂汚れとして溜り、黒カビや石けんカス、ぬめりといった汚れの誘因になってしまうことも。

のぞみ

頑固な汚れの原因にもなりかねないので、できればこまめに落としておきたい汚れの1つです。

皮脂汚れは酸性の油分が多い汚れなので、アルカリ性の界面活性剤が入った洗剤で効果的に落とすことができますよ♪

水垢

のぞみ

水道水の水だけ蒸発して、含まれていたミネラル分が残ったものが水垢!

水垢は白くカリカリとした汚れで、水や中性洗剤だけでは落とすことがなかなか難しいです。

水垢はアルカリ性の汚れなので、反対の性質をもつ酸性洗剤が効果的です!

具体的な酸性洗剤としては「クエン酸」「茂木和哉」「サンポール」などがあります。

厚みがある水垢は、下の方まで酸性洗剤が届かないので、ある程度、研磨してから洗剤を使うとより効果的に落とせますよ

created by Rinker
サンポール
¥999 (2024/04/20 00:35:19時点 Amazon調べ-詳細)

石けんカス

のぞみ

石けんカスは「金属せっけん」と「酸性せっけん」の2種類があります。

金属せっけんは、水道水のミネラル成分と石けんが反応して、水に溶けない汚れ。

酸性せっけんは、皮脂汚れと石けんの成分が反応してできる汚れで、柔らかいので爪でひっかくと簡単に取れます。

水垢と同様にアルカリ性の汚れなので、反対の性質をもつ酸性洗剤が効果的!

具体的な酸性洗剤としては「クエン酸」「茂木和哉」「サンポール」などが挙げられます♪

厚みがある水垢は、下の方まで酸性洗剤が届かないので、ある程度、研磨してから洗剤を使うとより効果的に落とせますよ

created by Rinker
サンポール
¥999 (2024/04/20 00:35:19時点 Amazon調べ-詳細)

黒カビ・赤カビ

浴室の頑固な汚れの代表格「黒カビ・赤カビ」は、生き物汚れと色移り汚れの2つの性質を持ちます。

どちらも漂白・殺菌作用がある塩素系洗剤を使うと効果的に落とせます。

ただし、ゴムパッキンなどに深く根の張った黒カビは簡単に落とすことができず、つけ置きやペーパー湿布をする必要あることも

具体的な塩素系洗剤としては「カビキラー」「強力カビハイター」「キッチンハイター」などが効果的です♪

created by Rinker
ハイター
¥636 (2024/04/19 18:37:57時点 Amazon調べ-詳細)

実践:キッチン泡ハイターでバスタブの外側を掃除!

ここからは、キッチン泡ハイターでバスタブの外側を掃除をする具体的な手順や必要物品のご紹介をします!

準備するもの

  • ディスポーザブル手袋
  • キッチン泡ハイター
  • バスボン
  • マイクロファイバークロス

手順

  1. ディスポーザブル手袋をはめる
  2. 乾いた状態でバスタブ外側にキッチン泡ハイターを吹き付ける
  3. バスボンで吹き付けたキッチン泡ハイターを塗り広げる
  4. キッチン泡ハイターを10分放置する
  5. バスタブ外側に塗り広げたキッチン泡ハイターを流水ですすぐ
  6. バスタブ外側についた水滴をマイクロファイバーで拭き取る

ビフォーアフター

掃除前のバスタブ下部
掃除後のバスタブ下部
掃除前のバスタブ上部
掃除後のバスタブ上部
のぞみ

赤カビ・黒カビ・ぬめりは落とすことができましたが、石けんカスは落とすことができませんでした…!

キッチン泡ハイターでバスタブを掃除するメリット

「キッチン泡ハイター」はキッチン用の洗剤ですが、今回はあえてキッチン泡ハイターでバスタブを掃除する方法をご紹介しています。

キッチン用の洗剤をあえて浴室で使うことを疑問に思う人もいると思うので、キッチン泡ハイターでバスタブを掃除するメリットをご紹介します!

回転率が上がる

塩素系洗剤である「キッチン泡ハイター」は出荷されてから時間が経つほど、塩素がジワジワ揮発してしまいます。

のぞみ

時間が経てば経つほど塩素が揮発して洗浄力が落ちてしまうということ…!

洗浄力が落ちれば、それだけ沢山の塩素系洗剤が必要となるので、コスパが落ちてしまいます。

逆に、塩素系洗剤をできるだけ早く使いきることでコスパが上がります。

つまり、キッチン専用と決めて洗剤を使うのではなく、いくつもの場所で一本の洗剤を使うことでコスパが上がるということになります

生き物汚れに強い

「キッチン泡ハイター」は塩素系洗剤なので、黒カビ・赤カビなどの生き物汚れを効果的に落とすことができます!

さらに、殺菌作用があるので、目に見えないカビの胞子や雑菌を殺菌することも可能。

目に見えない菌を殺菌しておくことで、後で汚れとして現れる黒カビ・赤カビ・ぬめりといった頑固な汚れを予防することもできますよ♪

キッチン泡ハイターでバスタブを掃除するときの注意点

ここでは、キッチン泡ハイターを浴室で使うときの注意点をお伝えします!

落とせない汚れもある

「キッチン泡ハイター」は塩素系洗剤なので、液性はアルカリ性です。

一方で、浴室でよく見る汚れの「水垢」「石けんカス」もアルカリ性の汚れです。

つまり、洗剤と汚れが同じ性質になってしまうため、汚れ落ちは良くありません。

のぞみ

「水垢」「石けんカス」を綺麗に落としたい場合は、酸性洗剤を使いましょう!

ただし、石けんカスの皮脂と石けんが反応してできた「酸性せっけん」は柔らかいので、お掃除ブラシで擦れば落とせることも。

バスタブ外側はプラスチック製なので、傷つかないように気を付けながら、擦り洗いをしましょう♪

酸性洗剤と一緒に使わない

「キッチン泡ハイター」に限らず、塩素系洗剤と一緒に酸性洗剤を使うと人体に有害なガスが発生することがあります!

そのため、酸性洗剤と塩素系洗剤は同時に使わないことが鉄則です。

…とは言っても、塩素系洗剤も酸性洗剤も使いたい場面は多いはず。

のぞみ

浴室でよく見る「黒カビ」には塩素系洗剤が効果的ですし、「石けんカス」「水垢」には酸性洗剤が効果的です…!

酸性洗剤も塩素系洗剤も使いたい場面では、それぞれの洗剤をよくすすぎ、時間を置いてから次の洗剤を使うようにすると安心です。

さらに、換気も十分にしておくとより安心ですよ♪

飛び散り・手荒れに注意

塩素系洗剤である「キッチン泡ハイター」は洗浄力が強い分、肌への刺激も強いです。

そのため、直接触れると肌荒れの原因になってしまうので、「キッチン泡ハイター」を使って掃除をするときは必ずディスポーザブル手袋をはめるようにしましょう♪

また、塩素系洗剤には漂白作用もあるので、服に飛び散ると色が抜けてしまいます。

のぞみ

万が一、洗剤が飛び散っても良いように汚れても良い服やエプロンを身に付けておくと安心です♪

まとめ:バスタブ外側の黒ずみにはキッチン泡ハイター!

今回は、バスタブの外側を「キッチン泡ハイター」で掃除する方法をご紹介しました!

のぞみ

キッチン用洗剤である「キッチン泡ハイター」をあえて浴室での掃除に使うメリットは2つあります!

1つ目が回転率が上がって、コスパの良い掃除ができるという点。

2つ目が殺菌作用のある「キッチン泡ハイター」を使うことで、黒カビ・赤カビ・ぬめりなどの生き物汚れを予防できる点。

このように「キッチン泡ハイター」をバスタブ掃除に使うことにはメリットがありますが、注意点もあります!

「キッチン泡ハイター」を使う時の注意点
  • 「石けんカス」や「水垢」などアルカリ性の汚れに対しては洗浄力を発揮できない
  • 人体に有害なガスが発生するので酸性洗剤と一緒に使わない(使いたい場合は十分にすすいで、時間を置く)
  • 服に飛び散ると色が抜けてしまうため、汚れても良い服・エプロンを着用する
  • 手荒れの原因になるので、掃除のときにはディスポーザブル手袋をはめる

これらの点に気を付ければ「キッチン泡ハイター」はとても便利な洗剤です。

皆さんも注意点に気を付けながら、ぜひ今回ご紹介した掃除方法を試してみてくださいね♪

ABOUT ME
茂木和哉
茂木和哉
汚れ落とし研究家
1975年秋田県生まれ。20歳で温泉浴場清掃をバイトで経験。21歳で工業薬品や業務用洗剤の販売会社に就職。30歳で洗剤メーカーに転職し、1年後の秋田で独立。 独学で掃除と洗剤作りを学び、秋田からパソコン1つで情報発信を始め、自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」を大ヒットさせる。現在ではシリーズ展開させ全国のお店に並ぶまでに。 汚れ落とし人生で得たノウハウを惜しみなく伝えるYouTubeチャンネル「茂木流掃除講座」は、チャンネル登録数30万を超える。
記事URLをコピーしました