お風呂:床

【黒カビ&黒ずみを撃退】ドメストでお風呂の床・壁を楽々掃除する方法

nishiyama
のぞみ
のぞみ

こんにちは!のぞみです。

お風呂についた黒カビ・黒ずみ汚れを落とす洗剤といえば、塩素系洗浄剤の「カビキラー」や「強力カビハイター」が定番ですよね。

でも実は同じ塩素系洗浄剤でも、ジェルタイプの洗浄剤のほうが塩素濃度もアルカリ度も高いんです!

そこで今回は塩素系洗浄剤の「ドメスト」を使って、お風呂掃除をしていきますね。

ちなみに今回参‌考‌に‌し‌た‌の‌は、‌こ‌ち‌ら‌の‌茂‌木‌和‌哉‌(‌‌@motegikazuya‌‌)‌さ‌ん‌の‌YouTube‌動‌画‌で‌す!

目次
  1. 「ドメスト」でお風呂の床・壁を掃除する方法
  2. 「ドメスト」がお風呂の床・壁掃除にぴったりの理由
  3. 「ドメスト」を使ったお風呂掃除の注意点
  4. まとめ

「ドメスト」でお風呂の床・壁を掃除する方法

シャワーで全体を濡らす

まずはお掃除する場所をシャワーで軽く濡らします。今回はお風呂の床と壁の低いところを洗っていきますね。

「ドメスト」をかけてブラシ洗い

「ドメスト」を少したらします。今回は10グラムくらい出していきますね。そしてバスブラシでごしごし泡立てましょう!

「ドメスト」には界面活性剤が入っているので、意外と泡立ってくれるんですよね~!

ちなみに使っているバスブラシは「バスボンくん」です。

「ドメスト」はブラシを使うと泡立ってくれるので、壁面のように洗剤が流れていきやすい場所もしっかり貼りついてくれますよ。

カビが生えやすいところは重点的にブラシ洗い

ブラシ洗いは汚れがひどいところを重点的にやっていきましょう。

洗い場カウンターの下やバスタブエプロン、壁の低いところは黒ずみ汚れがつきやすいので、念入りに洗っていきます。

洗い場まわりの壁は、汚れが付きやすいですよね。

洗剤が足りなければその都度追加して、バスブラシでしっかり泡立てていきましょう。

またコーキングのように柔らかいところは、黒カビが根っこを生やしてガンコになりやすい場所です。

カビがガンコにならないうちに「ドメスト」のような塩素系洗浄剤で落としていきましょう!

汚れが落ちるまで放置

一通り「ドメスト」でブラシ洗いをしたら、あとは汚れが落ちるまで放置します。

ほとんど汚れがなければ5分くらい、ひどめの黒ずみ・黒カビであれば15~30分、コーキングに黒カビが生えているくらいひどい汚れであれば30分~1時間は放置してくださいね。

しばらく放置して、汚れが落ちているようであればすすいでいきましょう!

「ドメスト」がお風呂の床・壁掃除にぴったりの理由

ということでここまで「ドメスト」を使って、お風呂の床と壁をお掃除していきました。

「ドメスト」は塩素系洗浄剤で、さらに界面活性剤も入っています。

界面活性剤は泡立ちをよくするだけなく、それだけでも汚れを落としてくれます。

なので黒ずみ汚れや皮脂汚れの付きやすいお風呂掃除には、実はピッタリなんですよね~!

「ドメスト」は「カビキラー」や「強力カビハイター」に比べて、アルカリ度と塩素濃度が高いのも特徴です。

塩素、アルカリ、そして界面活性剤と3つの成分で汚れに働きかけてくれるので、ガンコな汚れもラクに落とせますよ~!

「ドメスト」を使ったお風呂掃除の注意点

便利なお掃除法ではありますが、「ドメスト」でお風呂掃除をするときは気を付けてもらいたいこともあります。

「ドメスト」をお風呂掃除に使うのは用途外

「ドメスト」を使ったお風呂掃除の注意点、1つ目は用途外での使用になることです。

ご存じの通り「ドメスト」はトイレ用の洗浄剤です。お風呂掃除に使うことはメーカーさんとしては良しとしていません。

万が一のことが起きても自己責任となるので気を付けてくださいね。

塩素に弱い素材に「ドメスト」は使えない

「ドメスト」を使ったお風呂掃除の注意点、2つ目は塩素に弱い素材には使えない、ということです。

「ドメスト」は強い塩素系洗浄剤ですので、素材が傷んだり変色してしまうリスクがゼロではありません。

もしもお風呂に塩素に弱いものがあるなら、使わないようにしてください。

とは言っても……お風呂用洗剤にも塩素系のものはたくさんありますし、そこまでリスクはないだろう、と判断した上で今回は使っていきました!

使うときは自己責任になりますので、不安なかたは必ず使い方を確認してから試してくださいね。

浄化槽のある家で「ドメスト」は使えない

「ドメスト」を使ったお風呂掃除の注意点、3つ目は浄化槽についてです。

もしかすると個人で浄化槽をお持ちの方がいらっしゃるかもしれません。

浄化槽のあるおうちでは、「ドメスト」だけでなくほかの塩素系洗浄剤も使用NGとなっているはずです。

ただし……少量であれば大丈夫、といったケースもあるようです。

使う前に必ず、メンテナンスをされている業者さんに確認してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はお風呂の床や壁についた汚れを「ドメスト」で落とす方法をご紹介しました。

そこまで目立った汚れがなかったので、ビフォーアフター!とはお見せできませんでしたが、やり方だけでも参考にしてもらえると嬉しいです。

また、YouTubeチャンネル「のぞみのお掃除講座」では、お掃除にまつわるいろんな情報をお届けしています。

こちらの動画もみてもらえると嬉しいです!

さらに自分にあったお掃除法を見つけたいという方は、「汚れ落とし研究家 茂木和哉のラクラク掃除術」を読んでみてくださいね。

茂木さんがお掃除ノウハウを、わかりやすくまとめてくれていますよ~!

created by Rinker
¥1,540 (2024/05/18 09:45:15時点 Amazon調べ-詳細)

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました。

またお会いしましょう~♪

ABOUT ME
茂木和哉
茂木和哉
汚れ落とし研究家
1975年秋田県生まれ。20歳で温泉浴場清掃をバイトで経験。21歳で工業薬品や業務用洗剤の販売会社に就職。30歳で洗剤メーカーに転職し、1年後の秋田で独立。 独学で掃除と洗剤作りを学び、秋田からパソコン1つで情報発信を始め、自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」を大ヒットさせる。現在ではシリーズ展開させ全国のお店に並ぶまでに。 汚れ落とし人生で得たノウハウを惜しみなく伝えるYouTubeチャンネル「茂木流掃除講座」は、チャンネル登録数30万を超える。
記事URLをコピーしました