*

手洗いにはせっけんを使いましょう。但し注意が必要です。

〇〇ソープにはご注意 手洗いも純せっけん 成分の多いものを使う方が手に良いのですが、〇〇ソープと明記されていても必ずしもせっけんベースではないものがあるので注意が必要です。 純せっけんが含まれている場合は脂肪酸K やカリせっけん素地 と表記されます。商品の名前だけで判断せず、必ず裏面の成分を確認する事が大切です。 殺菌力の強い薬用せっけんにはご注意 手肌のためにはいつも殺菌力が強い薬用せっけん、…

続きを見る

手肌のために、合成洗剤ではなく石けんを使いましょう

せっけんも合成洗剤もそれぞれ一長一短がありますが、手肌と爪のためにはせっけん をおすすめします。 理由1:皮脂が流されにくい 合成洗剤は洗浄力が強いので皮脂が流れ去りやすく、一方のせっけんは合成洗剤に比べれば洗浄力が弱く、皮脂の流れ去りが抑えられます。 皮脂膜によって角質層の水分の蒸発が防がれ、適度な水分によって保湿機能とバリア機能が維持されて皮膚が守られます。 理由2:ターンオーバーが乱れにくい…

続きを見る

合成洗剤とは

合成洗剤 とは、せっけん以外の合成界面活性剤が主成分(洗濯洗剤30%以上、食器洗剤40%以上)の洗剤のことを指します。 主な合成洗剤として、食器洗い用、洗たく用、お風呂洗い用などがあります。 手肌に触れる事のある食器洗い用などは、手肌への刺激を少しでも抑えるために、中性にpH調整しています。 手肌にほとんど触れる事がない洗濯洗剤は、手肌の影響より洗浄力を重視しているのでアルカリ性のものも多くありま…

続きを見る

せっけんのメリットとデメリット

せっけん のメリット ・合成洗剤に比べ安全性が高い ・タンパク質変性の心配がない ・脂肪酸イオンが肌に吸着し保湿力を高める働きがある ・環境中で微生物によって分解されやすく、水の中にすむ生物への影響が非常に少ない せっけん のデメリット ・洗浄力は合成洗剤より弱い ・ミネラル分(カルシウムやマグネシウム)の多い水で洗うと、水に溶けにくい金属せっけん(せっけんカス)ができて、汚れが落ちにくくなってし…

続きを見る

せっけんとは

せっけんは合成界面活性剤の一種です。動物や植物のあぶら(油脂)とアルカリを反応させて作られます。 アルカリの種類によって、固形せっけんや粉せっけん、液体せっけんになります。 市販されているせっけん製品には純せっけん と複合せっけん の2種類があり、製品に表示されています。 純せっけん 純せっけん分が100%のもの(添加剤を全く含まないせっけんです) 複合せっけん 台所用…

続きを見る

界面活性剤の安全性

合成界面活性剤 については、その安全性が気になるところです。 せっけん 以外の合成界面活性剤には、食品添加物に使用されているような安全性が高いものから、環境や人体に悪影響を及ぼすものまでありますので、その安全性を簡単に語ることはできません。 また合成界面活性剤の分類は一定の目安にはなりますが、 分類だけで合成界面活性剤の安全性を判断することもできません。 植物から作られている…

続きを見る

界面活性剤の種類

界面活性剤には、食品の乳化剤として使われている卵黄レシチンや大豆レシチンといった天然に存在する天然界面活性剤 と、 化学合成された合成界面活性剤 があります。 合成界面活性剤はさらに天然の物質を原料として化学合成された天然系界面活性剤 と 石油系の原料から作られる石油系界面活性剤 があります。 天然界面活性剤と天然系界面活性剤は別物です。 また、界面活性剤を水に溶かしたと…

続きを見る

洗剤で汚れが落ちる仕組み

界面活性作用が汚れを落とします 身体用の化粧せっけん、シャンプー、ヘアリンス、 台所用、洗濯用、住宅用の合成洗剤やせっけん、漂白剤、洗浄剤、クレンザーなど、 汚れにあわせてさまざまな化学物質が使われていますが、基本的には界面活性作用のある物質(界面活性剤 )が入っていて、それが汚れを落とします。 界面活性剤 界面活性剤は水と油を混ざりやすくする働きがあります。 この性質はとても便利なので、クリーム…

続きを見る

「天然由来」や「植物系」洗剤は安全とは限りません。

手荒れしやすい合成界面活性剤で、近年、食器洗剤に使われることが多いアルキル硫酸エステルナトリウム(別名:ラウリル硫酸ナトリウム)は、手荒れしやすいだけでなく、その他の危険性の高さも問題視されている合成界面活性剤 です。 実は、このアルキル硫酸エステルナトリウムは、石油からでもヤシ油からでも作ることができる合成界面活性剤なのですが、石油から作られようと、ヤシ油から作られようと、できた合成界面活性剤…

続きを見る

歯磨き粉にも!?ラウリル硫酸ナトリウムとラウレス硫酸ナトリウム

危険な合成界面活性剤の種類を知れば知るほど、大きな安心が手に入り、自分自身はもちろん、家族を危険な合成界面活性剤の被害から身を守ることに繋がっていきます。 しかし、わけのわからないカタカナだらけ成分名をたくさん覚える事はとても大変です。 そこで、皆さんにぜひ覚えていただきたい危険な合成界面活性剤を2つだけご紹介します。 それが「ラウリル硫酸ナトリウム」と「ラウレス硫酸ナトリウム」…

続きを見る

ゴープロで掃除動画を取り始めました!

こんにちは!茂木和哉です。 SNSの動画投稿に使いたいと

間違った洗剤選びと正しい洗剤選び

こんにちは!茂木和哉です。 皆さん洗剤を選ぶ際は、パッケ

肌に優しい食器洗剤やボディーソープを選ぶ基準にしてはいけない事【天然由来】【植物系】【オーガニック】

こんにちは!茂木和哉です。 日頃からお肌に触れるものはで

【石鹸派必見】石鹸の洗浄効果を高めるポイントを教えます!

洗濯や食器洗いに石鹸をお使いの皆さん、石鹸の汚れ落ちに満足され

【手荒れ対策】手に優しい石鹸の選び方

こんにちは!茂木和哉です。 手洗いに石鹸をお使いの皆さん

→もっと見る

PAGE TOP ↑