*

洗剤で汚れが落ちる仕組み

界面活性作用が汚れを落とします 身体用の化粧せっけん、シャンプー、ヘアリンス、 台所用、洗濯用、住宅用の合成洗剤やせっけん、漂白剤、洗浄剤、クレンザーなど、 汚れにあわせてさまざまな化学物質が使われていますが、基本的には界面活性作用のある物質(界面活性剤 )が入っていて、それが汚れを落とします。 界面活性剤 界面活性剤は水と油を混ざりやすくする働きがあります。 この性質はとても便利なので、クリーム…

続きを見る

「天然由来」や「植物系」洗剤は安全とは限りません。

手荒れしやすい合成界面活性剤で、近年、食器洗剤に使われることが多いアルキル硫酸エステルナトリウム(別名:ラウリル硫酸ナトリウム)は、手荒れしやすいだけでなく、その他の危険性の高さも問題視されている合成界面活性剤 です。 実は、このアルキル硫酸エステルナトリウムは、石油からでもヤシ油からでも作ることができる合成界面活性剤なのですが、石油から作られようと、ヤシ油から作られようと、できた合成界面活性剤…

続きを見る

歯磨き粉にも!?ラウリル硫酸ナトリウムとラウレス硫酸ナトリウム

危険な合成界面活性剤の種類を知れば知るほど、大きな安心が手に入り、自分自身はもちろん、家族を危険な合成界面活性剤の被害から身を守ることに繋がっていきます。 しかし、わけのわからないカタカナだらけ成分名をたくさん覚える事はとても大変です。 そこで、皆さんにぜひ覚えていただきたい危険な合成界面活性剤を2つだけご紹介します。 それが「ラウリル硫酸ナトリウム」と「ラウレス硫酸ナトリウム」です。 この2つを…

続きを見る

多くの人が台所洗剤で体や髪を洗っている?

食器洗剤に使われる手荒れしやすい合成界面活性剤のひとつに、安全性について問題視されている アルキル硫酸エステルナトリウムと呼ばれるものがあります。 実は、この食器洗剤用として使われている アルキル硫酸エステルナトリウムが、体を洗うものや歯磨き粉に使われているのをご存知でしたでしょうか? たんぶんこの事実を知っている方は、ほとんどいないと思います。 なぜなら、ボディソープやシャンプー、歯磨き粉などの…

続きを見る

手荒れしやすい食器洗剤とは?

手荒れしやすい食器洗剤には、必ず合成界面活性剤 が含まれています。 でも合成界面活性剤は種類よって荒れやすさは大きく違いますので、正確に言えば「手荒れしやすい食器洗剤には、手荒れしやすい合成界面活性剤がふくまれている。」と言うことになります。 しかし、残念ながら一般的な食器洗剤は、すべてに手荒れしやすい合成界面活性剤が含まれているのが現状です。 ところで皆さん、手荒れしやすい合成…

続きを見る

合成洗剤で手荒れする理由

合成洗剤を使うとなぜ手が荒れるのか?その理由は2つあります。 ひとつは、皮脂の流れ去りによる手肌の乾燥です。 私たちは、肌を皮脂で覆うことで、外部の刺激から保護したり、水分の蒸発を防いでいます。 この皮脂が少なくなったり、なくなったりすると、肌の水分が蒸発しやすくなり、肌が乾燥したり肌にトラブルが起こるのですが、合成洗剤を使うと、こんなに肌にとって大事な皮脂 が、お皿に付いた油汚れと一緒に流れて…

続きを見る

きれい研究所株式会社について

洗剤ベンチャーのきれい研究所はおかげさまで創業11年 きれい研究所は洗剤ベンチャーです。常に新しいことにチャレンジし、皆様がより幸せになれるお手伝いをしたいと考えております。   私たちのもの作りの基本理念 落ちない汚れを落とす 安全で安心して使える 環境を守る きれい研究所の洗剤は強力な洗浄力でありながら、安全性と環境対応、エコもトップレベルです。…

続きを見る

  • 茂木和哉 初の著書が発売決定! 予約受付中!
プロの方向けにFacebookページを用意しました!

  こんにちは!茂木和哉です。 清掃業の皆様、浴

水筒についた茶渋を落とす方法!

皆さん、水筒は何個持っていますか? 我が家では、合計5個

ガンコな油汚れをグングン落とせる超安心安全な無添加洗剤!

皆さん、キッチンの油汚れには、どんな洗剤を使って掃除してますか

400mlで43円!超安心安全の拭き掃除用洗剤!

皆さん、リビングやダイニングを掃除する時に、どんな洗浄剤を使っ

インスタフォロワーが数1000人を超えたと言うことで

去年2月から始めたインスタグラムですが、ついにフォロワー数が1

→もっと見る

PAGE TOP ↑