*

  • 茂木和哉の初の著書!ネットで購入するならコチラ!

手肌には弱酸性が一番良いのですか?

洗剤が手肌に与える影響は、 洗剤に含まれている主成分が手肌に安全なものかどうかで判断してください。 台所洗剤やシャンプーなら界面活性剤 です。 主成分である界面活性剤が何かが最も重要なのであって、 ごくわずかにしか含まれていない香料や防腐剤などの成分ではないという事です。 弱酸性か弱アルカリ性かといった液性はその次です。 この判断の順位が逆なら、弱酸性の合成洗剤より、弱アルカリの純石けん の方が…

続きを見る

せっけんは植物から作られているのですか?

せっけん は、油脂をアルカリで反応(ケン化)させて作ります。 その油脂の原料は、植物油だけでなく動物油も使われます。 植物油で用いられるものとして一般的なものは、ココヤシやアブラヤシから採れるヤシ油 です。 また、高価なせっけんにはオリーブ油 やアボカド油 なども使われます。 動物油で用いられるものとしては、牛脂 や馬油 が有名です。 これらの油脂と苛性ソーダ(水酸化ナトリウム)や苛性カリ(水酸…

続きを見る

防腐剤が配合されていなければ安全ですか?

必ずしも安全とは言えません。 確かに防腐剤 の中には、安全性が低いものがあるのも事実です。 しかし、防腐剤を含まないことで商品が腐敗し雑菌の感染リスクが高くなってしまうことも問題です。 多くのメーカーは、ごくわずかに添加された防腐剤による健康被害より、 防腐剤を含まないことで起こりうる感染症での健康被害の方が重大だと判断し、防腐剤を添加しているのです。 優先するべきは、防腐剤を含めごくわずかしか…

続きを見る

植物系の界面活性剤であれば手にやさしいのでしょうか?

植物系でも手荒れ しやすい界面活性剤 は存在します。 例えば、昨今安全性が問題視されているラウリル硫酸ナトリウム は、石油とヤシ油どちらからでも作ることができます。 しかし、ヤシ油から作られたものが石油から作られたものより手荒れしにくいなどと言う事はありません。 何から作られようと、ラウリル硫酸ナトリウムである以上手荒れします。 洗剤の手荒れしやすさで重要なのは、合成界面活性剤がどんな原料から作…

続きを見る

固形せっけんと液体せっけん、汚れがよく落ちるのはどっち?

汚れ落ちは、ほとんど変わりません。 しかし、水に溶けることで洗浄力を発揮する固形せっけんは、あらかじめ洗浄成分が溶けている状態の液体せっけんとは違い、水温が高いほどせっけんが溶けやすくなるので汚れがよく落ち、 水温が低いほどせっけんが溶けにくいので汚れ落ちが悪くなります。 また、油汚れが多い食器洗いや、たくさんの水で薄めて使用する洗濯の場合は、水温に注意が必要です。液体せっけん、固形せっけんに限…

続きを見る

オーガニック原料を使った洗剤であれば手荒れしませんか?

原料がオーガニック か、 それとも農薬や化学肥料を使用したものなのかは、手荒れしやすい、しにくいには全く関係ありません。 洗剤の手荒れしやすさで重要なのは、合成界面活性剤がどんな原料から作られたかではなく、使われている合成界面活性剤の安全性なのです。 例え原料がオーガニックであっても、それを加工したものが安全性の低い合成界面活性剤であれば、手荒れの原因となります。 オーガニック製品は、農薬や化学…

続きを見る

石油系の界面活性剤が入ったものは使わない方が良いのですか?

洗剤やシャンプー、化粧品などにおいて 石油系界面活性剤は使用していませんとか、植物由来成分だけで作りました、といった説明を目にすることがあると思います。 しかし界面活性剤 の安全性の基準を 石油系や植物系だけで判断するのは、正しい方法とは言えません。 確かに、石油系より植物由来の界面活性剤の方が安全性は高い傾向にあります。 しかし、界面活性剤の種類によっては石油からでも植物からでも作ることができ…

続きを見る

お友達が自分で作ったせっけんをくれました。手作りせっけんは安全ですか?

自分好みの材料で意外と簡単に作れるということもあって、 趣味で手作りのせっけん を楽しんでいる方もいらっしゃるようですが、 実は手作りせっけんはたとえ天然材料を使っているとしても、必ずしも安全とはいえません。 せっけんを作るためには、非常にアルカリ度が高く、 大変危険な 水酸化ナトリウム や水酸化カリウム を使用します。 水酸化ナトリウムや水酸化カリウムのアルカリの強さは、皮膚をも簡単に溶かすく…

続きを見る

手荒れに悩んでいます。洗濯洗剤はどのようなものを選んだら良いでしょうか?

せっけん をおすすめします。 洗濯用合成洗剤 は、 最近のコンパクト化の流れもあって 合成界面活性剤が高濃度で含まれているものがとても多くなりました。 また、直接手肌に触れる機会が少ないということもあって、 洗浄力重視の 手荒れしやすい合成界面活性剤が多く含まれているのが現状です。 ですから 洗濯洗剤 である以上、 手荒れしにくいものなどいくら探しても見つかりません。(残念なことですが) また、…

続きを見る

アルカリ電解水は手肌に影響を与えませんか?

アルカリ性である以上、 アルカリ電解水 でも手肌に影響を与えます。 手肌に影響を与える要因は、 洗剤に含まれている 界面活性剤 などの化学物質だけではなく アルカリ電解水のようにpHの高さでも手肌は影響を受けるからです。 アルカリ度が高ければ高いほど手肌に影響がでますし、 アルカリ側だけでなく、酸性側でも pHが低ければ低いほど手肌は影響を受けます。 ですから、例え水であろうと洗剤であろうと p…

続きを見る

  • 茂木和哉の初の著書!ネットで購入するならコチラ!
主婦必見!茂木流シミ抜き術のご紹介!

ソファーやカーペットについた食べこぼし汚れは、そのままにしてお

サムライ洗浄テスト 醤油編

皆さん、普通の洗剤で落とせない服についた食べこぼしジミにお困り

【茂木流掃除術】平日のお掃除ルーティン

共働きの皆さん、平日のお掃除はどんな感じですか? 我が家

浄水カードリッジの交換ついでに蛇口を丁寧に掃除してみた!

我が家では、浄水カードリッジを定期配送で頼んでいるのですが、昨

茂木流!階段の掃除の仕方

皆さん、階段の掃除はどんな方法でしてますか? 掃除機を使

→もっと見る

PAGE TOP ↑