リビング:エアコン

エアコン掃除はプロに頼まず自分でできる!?ホコリ取り・拭き掃除編

nishiyama
のぞみ

こんにちは、のぞみです。

今回はエアコンのお掃除を、清掃業者さんに頼まず自分でやってみようと思います!

分解はできないのでできる範囲でのお掃除となりますが、できるかぎりキレイにしていきますよ~!

ちなみに今回参‌考‌に‌し‌た‌の‌は、‌こ‌ち‌ら‌の‌茂‌木‌和‌哉‌(‌‌@motegikazuya‌‌)‌さ‌ん‌の‌YouTube‌動‌画‌で‌す!

エアコン掃除で使うアイテムの紹介

まずは今回のエアコン掃除で使うアイテムから紹介していきますね。

ホコリとりには、掃除機とハンディワイパーを使います。

掃除機はダイソンV8で、ノズルは細いタイプに変えてあります。

ハンディワイパーは「ウェーブハンディワイパー超ロングタイプ」を使います。

長いタイプなので、エアコンのように高いところのお掃除がしやすいんですよね~!

そしてフィンの隙間に溜まっているホコリは、専用のブラシを使います。

また、去年エアコン掃除をしたときにフィンの一部を曲げてしまいまして……。

曲がってしまったフィンを直すグッズを見つけたので、直せないかチャレンジしてみようと思います。

そして拭き掃除では、「クイックルホームリセット泡クリーナー」を使います。

拭き掃除はペーパータオルでやっていきますね。

いつも使っているスコッティファインの「洗って使えるペーパータオル」を3つ用意しました。

また、お掃除ですので使い捨てゴム手袋も使います。

ニトリル製のパウダーフリータイプを用意しました。

さらにエアコンの吹き出し口は、ダイソーで見つけた「エアコンの隙間をらくらくお掃除 エアコンクリーナー」を使います!

初めて使うので、どんな感じでホコリが取れるのか楽しみですね。

エアコンフィルターは「オキシクリーン」を使ってオキシ漬けしていきます。

オキシ漬けにはバケツも使います。

あとはエアコン掃除ですので、踏み台を用意しています!

お掃除前の汚れの状態をチェック

それではカメラを近づけて、お掃除前の様子をお見せします。

まずは外側からですね。外側で一番汚れているのはエアコンの上ですね。ホコリがたっぷり乗っています

この奥はフィルターになっているのですが、フィルターはあとでお見せします。

エアコンの横にもホコリがついています。ここもしっかり取っていきたいですね。

そしてエアコンの下はこんな感じ。なんか茶色い汚れがこびりついていますね。

エアコンの羽を外からみるとこんな感j知恵酢。ここから見てもホコリが見えますね。

エアコンのカバーを開けて内側を見てみます。

内側にあるフィルターを外すと……びっしりホコリが付いています!

フィルターを外すとフィンがたくさんついていて、フィンの隙間にもホコリがだいぶ詰まっています。

それと右上のあたりに、去年のお掃除で曲がってしまったフィンがありますね。

というように、エアコンの外側や内側にはホコリを始めとする汚れが溜まっている状態です。

プロの業者さんに頼まず、自分でどこまでキレイにできるのでしょうか!?

エアコン掃除を自分でしてみました

それではお掃除を始めていきましょう!

エアコン外側のホコリ取り

まずはホコリを取っていきます。

掃除機を使って、横のホコリを吸いますね。

エアコンの上は、天井が近いので掃除機が上手く入っていきません。

狭い場所のホコリ取りには、ハンディワイパーを使います。

エアコン内部のホコリ取り

つぎはエアコン内部のホコリをとって行きます。

さきほど使ったハンディワイパーで、エアコン内部を撫でていきます。

フィンの隙間はブラシを使って取っていきます。

あまり強く力をいれるとフィンが曲がってしまうので、優しく撫でてくださいね。

フィン全体をブラシでなでると、こんなにホコリがたまってました……!

取れたホコリを一回掃除機で吸い取ります。

ホコリがだいぶ取れてエアコンの下のほうに溜まっているので、エアコン全体に掃除機をかけておきましょう。

これでホコリ取りはおしまいです!

曲がったフィンを修復

つぎは去年曲げてしまったフィンを直していきます。

専用のハケを使って、カリカリと上下にこすっていきます。

力加減が難しいですね……。

力を入れすぎて、フィンがこんな風に曲がってしまいました……。

ほかの場所は少し良くなった気がします。

あまり深追いはせず、直せるところだけ直していきますね。

フィンの修復グッズを使っても、ある程度のホコリが取れてきました。

ですが力加減によっては折れ曲がってしまうので、ホコリ取りには柔らかいブラシを使ったほうがよさそうですね。

エアコン外側の拭き掃除

つぎは拭き掃除をしていきます。

スコッティファインの「洗って使えるペーパータオル」に「クイックルホームリセット泡クリーナー」を吹きかけてペーパータオルを馴染ませます。

ペーパータオルに洗剤が馴染んだら、エアコンを拭いていきます。

エアコン内部の拭き掃除は、ダイソーでみつけた専用グッズを使ってじっくり拭いていきます。

またフィルター掃除も残っていますね!

長丁場になりそうですので、別の記事にまとめさせていただきますね。

続きもぜひご覧ください♪

あわせて読みたい
エアコン掃除を自力でできる?100均のクリーナーとオキシクリーンで挑戦!
エアコン掃除を自力でできる?100均のクリーナーとオキシクリーンで挑戦!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回はエアコンのお掃除を、清掃業者さんに頼まず自分でやってみました。

曲げてしまったフィンは自分では直すことができなかったのですが……ホコリ取りだけでもだいぶキレイになりました!

つぎはエアコン内部をじっくりお掃除していくので、楽しみにしていてくださいね。

また、YouTubeチャンネル「のぞみのお掃除講座」では、お掃除にまつわるいろんな情報をお届けしています。

こちらの動画もみてもらえると嬉しいです!

さらに自分にあったお掃除法を見つけたいという方は、「汚れ落とし研究家 茂木和哉のラクラク掃除術」を読んでみてくださいね。

茂木さんがお掃除ノウハウを、わかりやすくまとめてくれていますよ~!

created by Rinker
¥1,540 (2024/05/18 09:45:15時点 Amazon調べ-詳細)

それではここまで読んでくださり、ありがとうございました。

またお会いしましょう~♪

ABOUT ME
茂木和哉
茂木和哉
汚れ落とし研究家
1975年秋田県生まれ。20歳で温泉浴場清掃をバイトで経験。21歳で工業薬品や業務用洗剤の販売会社に就職。30歳で洗剤メーカーに転職し、1年後の秋田で独立。 独学で掃除と洗剤作りを学び、秋田からパソコン1つで情報発信を始め、自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」を大ヒットさせる。現在ではシリーズ展開させ全国のお店に並ぶまでに。 汚れ落とし人生で得たノウハウを惜しみなく伝えるYouTubeチャンネル「茂木流掃除講座」は、チャンネル登録数30万を超える。
記事URLをコピーしました