プロ向け

コスパ最強!飲食店のホールから厨房まで丸ごと使えるスペシャルな洗剤を紹介!

こんにちは!茂木和哉(@motegikazuya)です。

飲食業の皆さま、こんなお悩みはございませんか?

「油汚れがよく落ちる洗剤を使いたいけど強い洗剤は使いたくない…」
「使っている洗剤の種類が多くてなんとかしたい…」
「とにかく1円でも洗剤のコストを下げたい…」
などなど。

今回はそんな皆さまのお悩みを解決する油汚れ用洗剤をご紹介したいと思います!

厨房とホールの掃除に洗剤を何種類お使いですか?

厨房のコンロ周りや床のギトギト油汚れには強力タイプの油汚れ用洗剤、ホールのテーブルや床には拭き掃除用洗剤、窓ガラスには窓ガラス用洗剤、トイレ掃除にはトイレ用洗剤などなど、お店の中をキレイに掃除するには、色んな種類の洗剤が必要となります。

しかし洗剤の種類が多くなればなるほど、その分のストックが必要となり洗剤代がかさみますし、在庫を置くためのスペースも必要となります。

なので飲食業の皆さまの中には、できるだけ洗剤の種類を増やさないように努力されている方が多いと思います。

しかし洗剤の種類を減らせば減らすほど、掃除に手間や時間がかる場合や、もし洗剤代を減らせたとしても、掃除に関わるトータルのコストで見たら逆に高くついてしまうことだって考えられます。

そこでちゃんと洗剤代と掃除に関わるトータルコストを減らすためには、できるだけたくさんの汚れを落とせて、できるだけたくさんの場所(素材)に使えるスペシャルな洗剤が必要となります。

そのスペシャルな洗剤が「青天狗」なのです!

どんな場所でもどんな汚れでも掃除ができる「青天狗」

「青天狗」が1つあれば、ホールの皮脂汚れや油汚れの拭き掃除から、厨房のベタベタ油汚れまで、場所を気にせず店内どこでも掃除に使うことができます。

なぜそこまで幅広く使えるのかというと、「青天狗」には、「水酸化ナトリウム」が含まれていないからです。

業務用の油汚れ用洗剤には強い洗浄力が求められるため、アルカリ度が非常に高い「水酸化ナトリウム」がよく使われます。

「水酸化ナトリウム」が入った油汚れ用洗剤は、確かに洗浄力は高いのですが危険度が高く、さらにアルカリ度が高いので使えない素材が多くなってしまいます。

アルカリ焼け(素材の変色)するリスクが高くなるんです。

なので「水酸化ナトリウム」が含まれている油汚れ用洗剤を、ホールの拭き掃除に使うのは適した方法とは言えません。

しかし「青天狗」には、「水酸化ナトリウム」が含まれていないので、業務用のアルカリ洗剤でありながらホールから厨房まで幅広く、安全に使うことができます。

「青天狗」の洗浄力の強さの秘密

「でも水酸化ナトリウムが含まれていないし洗浄力が弱そう…」

と思われた皆さん、安心してください。

「青天狗」は、水酸化ナトリウム配合の油汚れ洗剤に負けないぐらい洗浄力が強いんです!

なぜ「水酸化ナトリウム」が含まれていないのに洗浄力が強いのか?

その理由は、3つあります。

「ケイ酸ナトリウム」を絶妙な割合で配合!

「水酸化ナトリウム」を使いわない代わりに採用したのが「ケイ酸ナトリウム」です。

ケイ酸ナトリウムは、水酸化ナトリウムほどアルカリ度が高くはないのですが、ケイ酸ナトリウムを使うことで使える素材が増え、結果掃除できる場所も増えます。

さらに「ケイ酸ナトリウム」は、アルカリ剤の中でトップクラスのアルカリ度を誇るので洗浄力も十分強いんです。

そのケイ酸ナトリウムを「素材への影響」と「洗浄力」のバランスを考えて配合しています。

こだわり抜いて選んだ3つの界面活性剤

しかし「ケイ酸ナトリウム」の働きだけでは、「水酸化ナトリウム」配合の油汚れ洗剤の洗浄力に負けてしまいます。

そこで界面活性剤を3種類配合し洗浄力を高めることにしました。

その界面活性剤というのが、
・ポリオキシエチレンアルキルエーテル
・ヤシ油脂肪酸児エタノールアミド
・脂肪酸カリウム
の3つです。

数ある界面活性剤の中からこの3つに絞ったのは、「洗浄力」を高めるだけではありません。

幅広く使っていただくために「安全性」と「使いやすいさ」にもこだわって選びました。

キレート剤で洗浄力をさらにアップ!

「青天狗」には、「ケイ酸ナトリウム」と3種類の界面活性剤の能力を最大限に発揮させるためにキレート剤を配合しています。

洗浄力の強い成分がたくさん入っているからと言うだけでは良い洗剤とは言えません。

良い洗剤とは、「青天狗」のように入っている全ての洗浄成分全が、持っている力を100%発揮してくれる洗剤です!

400mlが1.2円!コスパ最強洗剤「青天狗」

「青天狗」で、ホールの皮脂汚れや軽度の油汚れを拭き掃除する場合は、なんと120倍に薄めて使うことができるんです。

例えば、「青天狗18L」で、拭き掃除用に120倍の洗浄液を作ったとしたら、400mlがわずか「1.2円」でできてしまうんです。

そもそもコスパがいい「青天狗」を120倍希釈で使用できるわけですから、洗剤に関わるコストを大幅にカットができます。

最後に

いかがでしたでしょうか?

「青天狗」の魅力をお分かりいただけましたでしょうか?

もし一度試しに使ってみたいとお考えでしたら、お試しにピッタリサイズの「400mlスプレーボトル入り」も用意しております!

汚れ落とし研究家
茂木和哉@motegikazuya
汚れ落とし一筋24年。掃除が得意な洗剤開発者。 自分で作った洗剤を、秋田にいながらパソコン1つで情報発信を始め、現在は全国のお店に並ぶまでに。 自分の名前をつけた代表作「茂木和哉」は、150万本以上販売。 洗剤の製造販売の他に、YouTubeとSNSで掃除術を日々発信中。
\ Follow me /