*

  • 茂木和哉の初の著書!ネットで購入するならコチラ!

「 界面活性剤 」 一覧

【詳しく解説】界面活性剤の働きとは?

食事をした後の食器や、皮脂で汚れた服は 水洗いだけではなかなかきれいになりません。 なぜなら、汚れの原因である油分と水は混ざり合わないからです。 そんな油分と水を混ぜ合わせて汚れ

続きを見る

界面活性剤とは?茂木和哉が分かりやすく解説します!

界面活性剤とはどんなものなのか? 言葉はわかっていても、 どんなものなのかをわかっている方は、 おそらくほとんどいないと思います。 そこで! 今回は界面活性剤について でき

続きを見る

茂木和哉の高い安全性の理由

「茂木和哉の様な洗浄力が強い洗剤は、安全面が心配...」 「茂木和哉は、酸だから怖い...」 「茂木和哉は、スルファミン酸が入っているから刺激が強そう...」 と思っている方は、いません

続きを見る

安全性が高く環境負荷が低い洗剤選び方

界面活性剤を主成分とした洗剤の洗浄力を高めるという事を、 第一に考えるのであれば、アニオン界面活性剤を使います。 なぜならアニオン界面活性剤は、 ノニオン界面活性剤やカチオン界面面活

続きを見る

界面活性剤のタンパク質変性作用って何?

どんな界面活性剤にも、 タンパク質変性作用という働きがあります。 タンパク質変性作用とは、 その名の通りタンパク質の性質を変える働きです。 私たちが実感するところで言えば 台

続きを見る

洗剤、洗浄剤で肌荒れする理由とは?

なぜ洗剤を使うと手が荒れるのか? なぜ洗浄剤は肌が傷むのか? その大きな原因の1つが、 洗剤、洗浄剤のタンパク質変性作用によるものです。 洗剤は、界面活性剤の働きで汚れを落とす

続きを見る

実は重要な酸性洗浄剤の界面活性剤選び

酸性洗浄剤の用途は、主にスケール(水あか)汚れの洗浄です。 なので、 酸性洗浄剤に配合する界面活性剤選びは、 それほど重要なものではないと思われがちです。 なぜなら、界面活性剤

続きを見る

手荒れしやすい洗剤=洗浄力が高い洗剤

界面活性剤には、タンパク質を傷めつける働きがあります。 その働きをタンパク質変性作用と言います。 界面活性剤が主成分の台所洗剤を使うと 手荒れしたり湿疹が出来たりするのがそれです

続きを見る

【詳しく解説】界面活性剤の働きとは?

食事をした後の食器や、汗などで汚れた服は 水洗いだけではなかなかきれいになりません。 なぜなら、 油と水は混ざり合わないからです。 汚れの主な原因は、「油」ですからね。

続きを見る

【簡単解説】界面活性剤の働きとは?

洗剤の主成分「界面活性剤」。 なぜ界面活性剤が含まれていると汚れが落ちるのか? また、界面活性剤はどんな働きをするのか? 簡単に説明します。 界面活性剤は、 通常混ざ

続きを見る

  • 茂木和哉の初の著書!ネットで購入するならコチラ!
no image
【茂木和哉のプロショップ】12月のキャンペーンのお知らせ!

清掃業の皆さま、浴場施設関係者の皆さま、飲食店関係者の皆さまに

新発売の茂木和哉専用クロスを使ってみた!

新商品の茂木和哉専用クロスを実際に使って、我が家のお風呂の鏡を洗いまし

掃除職人応援プレゼントキャンペーンのお知らせ!

こんにちは!茂木和哉です。 大掃除需要でこれからお仕事が忙しくな

浴室の汚れ予防にはコレ!【キャンペーン情報もあるよ!】

まもなく大掃除の季節がやってきますが、大掃除を頑張ってキレイにした後は

【プロ必見!】業務用商品超大特価セールのご案内!

清掃業の皆さま、浴場施設関係者の皆さま、飲食店関係者の皆さまに

→もっと見る

PAGE TOP ↑