*

  • 茂木和哉の初の著書!ネットで購入するならコチラ!

「 手荒れ 」 一覧

今お使いの食器洗剤にちょっとでも不満がある方へ

「手に優しそうな洗剤をいろいろ試したけど、いっこうに手荒れがよくならない...」 「赤ちゃんがいるから少しでも安全な洗剤を使いたい...」 「洗剤は環境に悪そうな気がするから、できるなら使

続きを見る

洗剤、洗浄剤で肌荒れする理由とは?

なぜ洗剤を使うと手が荒れるのか? なぜ洗浄剤は肌が傷むのか? その大きな原因の1つが、 洗剤、洗浄剤のタンパク質変性作用によるものです。 洗剤は、界面活性剤の働きで汚れを落とす

続きを見る

台所洗剤の手荒れのしやすさ、界面活性剤は濃度で判断できるのか?

同じ種類の界面活性剤なら 濃度が高い方が肌に対して刺激が強くなります。 ただし、 種類が異なれば一概に濃度だけでは 刺激の強さを判断できません。 なぜなら、界面活性剤は、

続きを見る

食器洗いの手荒れ対策におススメなゴム手袋

食器洗いの手荒れ対策と言えば もっとも有効なのなゴム手袋をすることです。 しかし普通のゴム手袋では、 「洗いあがりが確認出来ない...」 「洗剤のすすぎ残りが心配...」 と感じ

続きを見る

台所洗剤が肌に合わず使えない時の活用法!

「せっかく買ったのに肌に合わなくて使えない...。」 台所洗剤では、まれにあることです。 でも、肌が弱い方にとっては、 まれな事ではなく、よくある事かもしれませんね。 そこで、

続きを見る

植物系の界面活性剤であれば手にやさしいのでしょうか?

植物系でも手荒れ しやすい界面活性剤 は存在します。 例えば、昨今安全性が問題視されているラウリル硫酸ナトリウム は、石油とヤシ油どちらからでも作ることができます。 しかし、ヤシ油から作

続きを見る

オーガニック原料を使った洗剤であれば手荒れしませんか?

原料がオーガニック か、 それとも農薬や化学肥料を使用したものなのかは、手荒れしやすい、しにくいには全く関係ありません。 洗剤の手荒れしやすさで重要なのは、合成界面活性剤がどんな原料か

続きを見る

手荒れに悩んでいます。洗濯洗剤はどのようなものを選んだら良いでしょうか?

せっけん をおすすめします。 洗濯用合成洗剤 は、 最近のコンパクト化の流れもあって 合成界面活性剤が高濃度で含まれているものがとても多くなりました。 また、直接手肌に触れる機会が少ないということも

続きを見る

アルカリ電解水は手肌に影響を与えませんか?

アルカリ性である以上、 アルカリ電解水 でも手肌に影響を与えます。 手肌に影響を与える要因は、 洗剤に含まれている 界面活性剤 などの化学物質だけではなく アルカリ電解水のようにpHの高さでも手肌は

続きを見る

重曹やクエン酸は手荒れの心配はありませんか?

重曹 やクエン酸 などナチュラル素材でも手荒れします。 その理由は、液性によるタンパク質変性 です。 重曹はとても穏やかなアルカリ性ですが、アルカリ性である以上はタンパク質変性作用により手が荒れます

続きを見る

  • 茂木和哉の初の著書!ネットで購入するならコチラ!
『赤鬼』の誕生秘話!

浴場清掃にかかわる皆さんに絶大な人気を誇る温泉スケール洗浄剤「

過炭酸ナトリウムのマニアックトーク!

こんにちは!酸素系漂白剤研究家の茂木和哉です(笑) 皆さ

酸素系漂白剤の洗浄効果を劇的にアップさせる「茂木漬け」!

皆さん、酸素系漂白剤はお使いですか? キッチンの油汚れや

合成洗剤が「悪」で、ナチュラル系が「善」でしょうか?

最近インスタでよく洗濯洗剤や柔軟剤のことを投稿をしてます。

なぜバスフレッシュは人気なのか?を改めて解説!

茂木和哉のプロショップの先月の売れ筋商品ランキングのトップ3が

→もっと見る

PAGE TOP ↑