*

石油系の界面活性剤が入ったものは使わない方が良いのですか?

公開日: : 最終更新日:2017/03/04:茂木 和哉 知って得する石けんの知識 , , ,

洗剤やシャンプー、化粧品などにおいて
石油系界面活性剤は使用していませんとか、植物由来成分だけで作りました、といった説明を目にすることがあると思います。

しかし界面活性剤 の安全性の基準を
石油系や植物系だけで判断するのは、
正しい方法とは言えません。

確かに、石油系より植物由来の界面活性剤の方が安全性は高い傾向にあります。
しかし、界面活性剤の種類によっては石油からでも植物からでも作ることができるものがあり、
「植物系だから安全」とは一概に言えないのです。

例えば、近年安全性が問題視させているラウリル硫酸ナトリウム も、植物油と石油のどちらからでも作ることができるもののひとつですが、
植物であるヤシ油から作られたラウリル硫酸ナトリウムが、
石油から作られたラウリル硫酸ナトリウムより
安全性が高いなどという事はありません。

植物から作られていようと、石油から作られていようと、どちらも同じ物質ですから、安全性も全く同じなのです。

安易に石油系だから危険、植物系だから安心と決めつけず、どんな界面活性剤が使われているのかが大事なポイントなのです。

The following two tabs change content below.
茂木 和哉

茂木 和哉

洗剤に自分の名前をつけてしまうほどの洗剤オタクです。 住まいのお掃除に役立つ情報から、清掃業者さんのスキルアップに役立つ情報まで、汚れ落としに関する情報を発信しています。 汚れ落としに関するご相談もお気軽にどうぞ。

茂木和哉 YouTube
茂木和哉 Instagram
茂木和哉 Facebook
茂木和哉 Twitter
きれい研究所公式サイト

関連の記事。こちらもどうぞ

せっけんの洗浄力を高める2つの方法

せっけん は水に含まれている硬度分と結びつくと洗浄力のない金属せっけんに変わります。 ですからせっ

記事を読む

せっけんは植物から作られているのですか?

せっけん は、油脂をアルカリで反応(ケン化)させて作ります。 その油脂の原料は、植物油だけでなく動

記事を読む

ボディソープとハンドソープの見分け方

ボディソープとハンドソープの主な洗浄成分が合成界面活性剤なのか、またはせっけんなのか、その見分け方

記事を読む

せっけんとは

せっけんは合成界面活性剤の一種です。動物や植物のあぶら(油脂)とアルカリを反応させて作られます。 ア

記事を読む

オーガニック原料を使った洗剤であれば手荒れしませんか?

原料がオーガニック か、 それとも農薬や化学肥料を使用したものなのかは、手荒れしやすい、しにくいに

記事を読む

洗剤エキスパート茂木和哉の人気の記事

  • 新製品! 茂木和哉バスタブ用 好評発売中
  • 茂木和哉
カビが生えにくい浴室にする方法!

梅雨の季節は、少しでも油断するとカビがすぐに生えてきます。

バスタブ内側の茶色の汚れにお困りではありませんか?

バスタブ内側の茶色の汚れに、お困りな方はおりませんか?

【プロ必見】手持ちの洗浄剤を少なくするメリットとその方法

清掃業の皆さん、 「現場に持っていく洗浄剤の種類が多くて大変

茂木和哉流!水道代を節約する食器の洗い方!

台所洗剤は、洗浄成分の種類や配合量によって、すすぎの時のヌルヌ

茂木和哉、合成洗剤と中性洗剤の違いについて語る

皆さん、「合成洗剤」と「中性洗剤」の違いをご存知ですか?

→もっと見る

PAGE TOP ↑