*

界面活性剤の働きについて分かりやすく解説!【合成界面活性剤】【合成洗剤】

こんにちは!茂木和哉です。

食事をした後の食器洗いや毎日の洗濯に欠かせない「洗剤」。

なぜ食器洗いや洗濯に洗剤を使うのかと言うと、食器についた油汚れや服についた皮脂汚れを、水洗いだけでキレイに落とす事が出来ないからです。

では、なぜ水洗いだけではキレイにならないのか?

それは「油」と「水」は混ざり合わないからです。

食器についた油汚れはもちろんですが、服についた皮脂汚れだって「油」です。

だから水洗いだけでは厳しいんです。

そんな「油」と「水」を混ぜ合わせてくれるのが洗剤の主成分である「界面活性剤」なんです。

界面活性剤の働きによって、水と混ざり合った油は、分解されて食器や服から離れてくれます。

では具体的に、界面活性剤が水と油を混ぜ合わせて食器や服から離れていくまでに、どんな働きをするのか?

具体的に説明していきます。

 

何でも水と混ぜようと頑張る界面活性剤

界面活性剤には、普通は水と混ざりあわないもの同士を混ぜ合わせる性質があります。

だから先ほど説明した通り、普通は混ざらない水と油だって界面活性剤の力を借りれば、混ざり合わせる事ができるわけです。

この働きが洗剤の汚れ落としの基本となります。

ちなみに界面活性剤は、「油」だけでなく、どんなものだって「水」と混ぜ合わせようとします。

例えば「水」と「空気」が混ざった状態が、「泡」と言う事になります。

界面活性剤にしてみれば、食器が洗剤でヌルヌルしている状態は、「『食器』と『水』を混ぜてやったぜっ」と言う事になるんでしょうね。

界面活性剤には悪いけど、ちょっと無理がありますよね(笑)

 

界面活性剤が油汚れを落とすまでの流れ

では、界面活性剤の働きによって、食器や服についた油汚れが落ちるまでの流れを詳しく説明していきます。

初めに、界面活性剤の働きによって水の表面張力が弱められます。

これを「湿潤作用」といいます。

そして、水をはじきやすい糸きれなども、水を浸み込ませやすくします。

これを「浸透作用」といいます。

それから、油をとても小さな粒にして取り囲み水の中にばらばらに散らばせます。

これを「分散作用」といいます。

そして散らばせた油は、界面活性剤にしっかり包まれます。

これを「乳化作用」といいます。

ここまでくると汚れが再び汚れとしてくっつくことはありません。

これを「再付着防止効果」といいます。

以上の「湿潤作用」「浸透作用」「分散作用」「乳化作用」「再付着防止効果」をひっくるめて「界面活性作用」と言います。

 

タンパク質変性作用

そしてもう一つ、界面活性作用で忘れてはいけないのが「タンパク質変性作用」です。

肌荒れの原因の1つですからね。

肌荒れの原因は、この界面活性剤よる「タンパク質変性作用」と「肌の乾燥」が原因です。

手肌も同じです。

手荒れ改善のために知っておきたい本当の手荒れの原因

 

私は、肌荒れに要因につていは、界面活性剤による「タンパク質変性作用」よりも、肌の乾燥の方が大きいと思ってます。

実はその、肌の乾燥についても界面活性作用が関係しています。

なぜかと言うと、ボディソープやハンドソープ、食器洗剤の界面活性作用によって皮脂が流れ落ちるからです。

先ほど油汚れで説明した界面活性剤が油汚れを落とすまでの流れは、なにも食器の油汚れや服の皮脂汚れだけに働きわけではありません。

肌の皮脂にだってもちろん働くわけです。

皮脂が流れ落ち潤いを失い、またバリアをなくしむき出しとなった肌は、とっても乾燥しやすくなるわけです。

ネットの情報で「合成界面活性剤には、タンパク質変性作用があるから肌を溶かす。」など言っている方がいますが、私は溶かすまではいかないと思ってます。

劇物しゃないんですからねー

もし肌を溶かすようなものだったら国が黙ってないはずです。

絶対「劇物扱い」になるでしょうし、洗剤やボディソープには使用禁止になるはずです。

 

身近な界面活性剤

界面活性剤の水と何でも混ぜ合わせる働きは、油汚れを落とす事だけでなく、身近なものにたくさん使われています。

例えば、ボディークリームやハンドクリームは、油を保湿液などを界面活性剤の「乳化作用」によって混ぜ合わせて作っています。

アイスクリーム、マヨネーズも界面活性剤によって「乳化」している状態ですよね。

なにも人工的に作ったものでなくても、天然の界面活性剤の働きで水と混ざっているものもあるんですよ。

例えば、牛乳や墨汁などです。

 

ちょっと話が変わりますが、石けんだって界面活性剤ですからね。

なので石けんも、界面活性作用で汚れを落としているわけです。

でも合成界面活性剤と石けんでは、界面活性作用に大きな違いがあり、その違いが石けんが合成界面活性剤より安全な理由でもあります。

詳しくはコチラの記事をどうぞ。

実証!本当に石けんが洗剤よりすすがれやすく洗剤残りしにくいのか?【合成界面活性剤】【合成洗剤】【無添加洗剤】

 

赤ちゃんの肌とお母さんの手肌を守る「綿雪潤石鹸」!

 

手荒れにお困りなら「綿雪ハンドソープ」がオススメ!

 

拭き掃除は、無添加石鹸「白いなまはげ」がするのがオススメ!

 

 

amazonで買うならコチラ!

 

コレを読むと大掃除をラクに時間短縮で終わらせられる!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

茂木和哉 落ちない汚れをラクに落とす掃除術 [ 茂木 和哉 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2018/12/29時点)

 

 

電子書籍もあります。

 

 

アマゾンで買うならコチラ。

The following two tabs change content below.
茂木 和哉

茂木 和哉

汚れ落とし研究家茂木和哉株式会社
汚れ落とし一筋23年の汚れ落とし研究家。累計出荷本数150万本超の水垢洗剤「茂木和哉」の開発者。主にラクしてキレイにする掃除術や洗剤の間違った情報をなどをSNSで日々発信。SNS総フォロワー数10万人超。TikTok厳選ユーザー。

茂木和哉 YouTube
茂木和哉 Instagram
茂木和哉 Facebook
茂木和哉 Twitter
茂木和哉 ROOM

関連の記事。こちらもどうぞ

過炭酸ナトリウムのマニアックトーク!

こんにちは!酸素系漂白剤研究家の茂木和哉です(笑) 皆さん、洗濯に過炭酸ナトリウムはお使いです

記事を読む

なぜ「茂木和哉」は安全性が高いのか?

「洗浄力が強い茂木和哉は、安全面が心配...」 「茂木和哉は、酸だから怖い...」 「茂

記事を読む

コスパ最強!自作洗剤のご紹介!

  こんにちは!ほぼ毎日インスタに、お掃除情報を投稿している茂木和哉です。

記事を読む

塩素系漂白剤の臭いを抑えて快適に使う3つの方法

こんにちは!茂木和哉です。 皆さん、塩素系漂白剤はお使いですか? 「混ぜるな危険」に怖さを感

記事を読む

酸素系漂白剤の洗浄効果を劇的にアップさせる「茂木漬け」!

皆さん、酸素系漂白剤はお使いですか? キッチンの油汚れやシンクのヌメリ、衣類のシミや消

記事を読む

洗剤エキスパート茂木和哉の人気の記事

石鹸を使うようになった理由と使い続ける理由

こんにちは!茂木和哉です。 皆さん、体は何で洗ってますか

掃除の参考になる人とならない人

こんにちは!茂木和哉です。 洗剤のことがいくら詳しくても

茂木和哉が石鹸と洗剤の疑問にお答えします!

こんにちは!茂木和哉です。 合成洗剤の問題点は、時代がど

掃除ブロガーを辞めて掃除ユーチューバーになります!

こんにちは!茂木和哉です。 皆さん、ネットで掃除の情報を詳しく知

お風呂の天井と壁を丁寧に掃除して、即防カビ燻煙してみた!

こんにちは、茂木和哉です。 皆さん、最近お風呂の天井や壁

→もっと見る

PAGE TOP ↑