*

サムライでシロッコファンを洗ってみた!

公開日: : 最終更新日:2017/08/03:茂木 和哉 洗剤・掃除・洗濯プロの技 , ,

皆さん、レンジフードの掃除は、どこまでしていますか?

もしかして、フィルターだけとか、フィルターカバーだけとかではないですよね?

実は、レンジフードで最も汚れているのが、シロッコファンと言われるレンジフード内部のパーツなのです!

フィルターを外して、金具やネジを取らなければ、取り出すことができないパーツなので、キレイに洗うためには、結構大変な作業になるのですが、なんと!サムライを使うと、いとも簡単にキレイにすることができるのです!

では実際にシロッコファンをサムライで洗っていきたいと思います。

これがシロッコファンです。

下から写真を撮った状態です。

先ずは、これを外さなければなりません。

外したのが、状態です。

すごい汚れてます…

このシロッコファンの掃除が大変なのは、取り外す作業だけではありません。

この形、羽の数が掃除を大変にさせます。

いくら洗浄力が高い油汚れ用洗剤でも、この羽を1枚1枚スプレーしながら洗っていくのは非常に大変です。

溝、隙間がたくさんあるので、なかなかうまく取り除くことができませんからね。

それが、サムライだと洗浄液につけ置いた後、水で洗い流すとスルっと汚れを落とすことができるわけです!

取り外したシロッコファンを早速、サムライの洗浄液につけていきたいところですが、その前に、後片付けを楽にするために、つけ置き容器にポリ袋をかぶせます。

このひと手間で、後かたずけが楽になります。

さらに保温効果が高まるので、サムライの洗浄効果がアップします。

それでは、洗浄液を作っていきます。

使用量は、お湯5Lに対しサムライ45g(付属スプーン3杯)です。

必ずお湯(約50度)を使ってくださいね。

そして、サムライが完全に溶かし、シロッコファンを入れます。

入れたら、こんな感じでポリ袋を結びます。

このまま2時間放置します。

つけ置き後、水ですすぎます。

すると、こんなにキレイになります。

狭い隙間、溝の汚れも完璧に落ちてます。

水ですすぐだけで、汚れを1つ残すことなく落とす事ができます。

後は、しっかり水分をふき取って取り付けます。

どうでしょうか!こんなにキレイになりました!

ぜひ、シロッコファンの掃除には、スプレータイプの洗剤ではなく、サムライをお試しください。

掃除の楽さが劇的に違いますよ!

 

 

The following two tabs change content below.
茂木 和哉

茂木 和哉

洗剤に自分の名前をつけてしまうほどの洗剤オタクです。 住まいのお掃除に役立つ情報から、清掃業者さんのスキルアップに役立つ情報まで、汚れ落としに関する情報を発信しています。 汚れ落としに関するご相談もお気軽にどうぞ。

茂木和哉 YouTube
茂木和哉 Instagram
茂木和哉 Facebook
茂木和哉 Twitter
きれい研究所公式サイト

関連の記事。こちらもどうぞ

カルシウムスケールの落とし方教えます!

カルシウムスケールは、 水あかの中で、もっもポピュラーな汚れです。 お風呂場の水あか

記事を読む

【プロ必見】酸性洗浄剤の臭いと洗浄力に不満の方へ

清掃業の皆さん、 酸性洗浄剤に求めるものといったら何ですか? もちろん「洗浄力」です

記事を読む

【プロ必見】木材、木部を傷めずにカビを取る方法 !

「カビ取り剤を使い続けていくうちに木部が傷んできた...」 と言うお悩みをよく耳にしま

記事を読む

浴場施設でのレジオネラ菌除去を目的とした配管洗浄について

浴場施設でのレジオネラ菌除去を目的とした 配管洗浄についてお話します。 濾過装置を利

記事を読む

【茂木和哉流】キレイなトイレを楽にキープさせる方法

せっかくトイレをキレイに掃除したのなら ピカピカの状態を長く持続させたいですよね〜

記事を読む

洗剤エキスパート茂木和哉の人気の記事

  • 茂木和哉 初の著書が発売決定! 予約受付中!
茂木和哉の業務用つけ置き洗剤のご紹介!

純愛、サムライ、泥汚れZ、そして今田耕司さんからのオファーで作

バスクリーナーで水垢汚れは落ちるのか?

よく売られているものから、そうでないものまで、普通のバスクリー

浴場清掃に最適なバスクリーナーの条件とは?

浴場施設関係者の皆さん、日々お使いになっているバスクリーナーに

塩素臭が苦手な方必見!塩素臭を抑える方法!

  皆さんが、日々のお掃除や洗濯でよく使う塩素

「塩素系」につてい深く掘り下げてみる!

皆さん、「塩素系」漂白剤というと、どんなものをイメージしますか

→もっと見る

PAGE TOP ↑