*

  • 茂木和哉の初の著書!ネットで購入するならコチラ!

水垢で汚れていないキレイな鏡をキープさせる方法

公開日: : 最終更新日:2017/02/14:茂木 和哉 茂木和哉のノウハウ初級編 , ,

茂木和哉をご愛用の皆さん、お風呂場の鏡についた水垢汚れはキレイになりましたでしょうか?

せっかくキレイになったのなら、もう水垢で汚したくないですよね〜

そこで今回は、お手軽で簡単な、お風呂場の鏡の水垢予防方法をご紹介します!

まず用意するものは、スクイジー(ワイパー)です。

そのスクイジーで、お風呂を使い終わったら鏡についた水気を切るだけです。

たったこれだけで水垢を予防できます。

そもそも、なぜ水垢汚れがつくかと言うと、水道水を使うからです。

水道水には、必ず硬度分が含まれています。

なので水道水がついたままにして、ほったらかしにしておくと水分だけ乾いて蒸発し硬度分だけ残ります。

1度2度ぐらいの蒸発では、気になるまで目立つ状態にはなりませんが、何度も何度も蒸発を繰り返すと目立つようになります。

なので、お風呂を使い終わった後、鏡に水滴を付けたままにしないで、しっかり水滴を取り除いてしまえば水垢はつかないわけです。

そこで最適なのがスクイジーです。

鏡だけならあっという間に水切りできるので手間もかかりません。

水切りの効果は、水垢予防だけでなく防カビ効果もあります。

もし面倒でなければ、カビの生えやすい壁の下部もついでに水切することをお薦めします。

スクイージーは、忘れずにいつでもすぐに行えるためにもお風呂場内に置いているのが良いです。

置いておく時は、床などに置くとカビが生えやすくなるのでフックなどを使って掛けておくきましょう。

また金属部品が含まれたスクイジーは、サビの原因になるのでお薦めしません。

なので、スクイジーは、
・金属がつかわれていない(樹脂製)もの。
・ハンドタイプで少しでもコンパクトのもの。
・フックが掛けれるように穴があるもの。
を選んでください。

もし、

「毎日風呂上がりにスクイジーで水切りするのが面倒…」

と思ったのなら、三月止蔵がお薦めです!

三月止蔵を鏡は、親水性のコーテイング剤です。

鏡に塗っておけば、水道水がついても水滴状にならず鏡表面に広がるので水垢ができにくくなります。

全くできないと言うことではありませんが、三月止蔵を塗ると塗らないでは、水垢の付き方がまるで違います。

三月止蔵は、曇り止め剤なのですが、水垢予防としても非常にお薦めです!

The following two tabs change content below.
茂木 和哉

茂木 和哉

洗剤に自分の名前をつけてしまうほどの洗剤オタクです。 住まいのお掃除に役立つ情報から、清掃業者さんのスキルアップに役立つ情報まで、汚れ落としに関する情報を発信しています。 汚れ落としに関するご相談もお気軽にどうぞ。

茂木和哉 YouTube
茂木和哉 Instagram
茂木和哉 Facebook
茂木和哉 Twitter
きれい研究所公式サイト

関連の記事。こちらもどうぞ

熱湯消毒とは?

食器などを洗った後、 熱湯につけて消毒する方法です。 方法は熱湯に5分ほど浸けてから

記事を読む

重曹の特徴とお掃除方法について

重曹のもっとも大きな特徴は、安心安全な事です。 なぜ安心安全かというと、 アルカリ度

記事を読む

楽にキレイに染み抜きする2つポイント

うっかり衣類などにつけてしまったシミを 楽にキレイに落すためのポイントは、 ・できるだけ

記事を読む

衣類のシミの原因は、この2つです!

「キレイに洗濯してタンスにしまってたはずの ワイシャツなのに、襟元が黄ばんでいた...」

記事を読む

no image

冷蔵庫の臭いをとる方法を教えます!

こんにちは、洗剤エキスパートの茂木和哉です。 今回は、冷蔵庫の臭いをとる方法についてお話します

記事を読む

洗剤エキスパート茂木和哉の人気の記事

  • 茂木和哉の初の著書!ネットで購入するならコチラ!
no image
【茂木和哉のプロショップ】12月のキャンペーンのお知らせ!

清掃業の皆さま、浴場施設関係者の皆さま、飲食店関係者の皆さまに

新発売の茂木和哉専用クロスを使ってみた!

新商品の茂木和哉専用クロスを実際に使って、我が家のお風呂の鏡を洗いまし

掃除職人応援プレゼントキャンペーンのお知らせ!

こんにちは!茂木和哉です。 大掃除需要でこれからお仕事が忙しくな

浴室の汚れ予防にはコレ!【キャンペーン情報もあるよ!】

まもなく大掃除の季節がやってきますが、大掃除を頑張ってキレイにした後は

【プロ必見!】業務用商品超大特価セールのご案内!

清掃業の皆さま、浴場施設関係者の皆さま、飲食店関係者の皆さまに

→もっと見る

PAGE TOP ↑