*

安全性が高く環境負荷が低い洗剤選び方

公開日: : 最終更新日:2016/10/25:茂木 和哉 じょうずな洗剤の選び方 , , ,

NS525_madogoshiniokaretasenzaitojyaguchi

界面活性剤を主成分とした洗剤の洗浄力を高めるという事を、
第一に考えるのであれば、アニオン界面活性剤を使います。

なぜならアニオン界面活性剤は、
ノニオン界面活性剤やカチオン界面面活性剤、
両性界面活性剤より洗浄力が高いものが多いからです。

しかし、アニオン界面活性剤は、
これまで多くのものが安全面、環境面で問題視されてきました。

例えば、一昔前だと
ABS(アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム)、
LAS(直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム)です。

そして最近では、ラウリル硫酸ナトリウムです。

そんなこともあって洗剤メーカーは、
アニオン界面活性剤を、使いにくくなってきています。

その代わりに使われるようになったのが、
アニオン界面活性剤より安全性が高く、
環境負荷が少ないものが多いノニオン界面活性剤なのです。

中でも、洗浄力高いものは非常によく使われるようになりました。

例えば、
ポリオキシエチレンアルキルエーテルなどです。

しかし、
このポリオキシエチレンアルキルエーテルでさえ
今では、安全面で問題視されるようになりました。

その決定打が、
PRTR法の対象物質として指定されたことです。

PRTR法とは、
私たちの体や自然環境に有害な化学物質が、
事業者間でどれだけ移動したのか、あるいは廃棄されたのか?
その量を報告する法律です。

なので、このPRTR法に該当する
化学物資は、有毒性が高いと判断できます。

私のように洗剤を作っている方なら
必ず知っているPRTR法ですが
一般の方で知っている方は、少ないと思います。

ましてや該当する化学物質まで
知っている方は、ほとんどいないはずです。

実は、このPRTR法に該当する
化学物質が含まれた洗剤は、
業務用、家庭用を問わず多く存在しています。

私は、下の泥汚れZやサムライのように
般向けにはできる限り使わないようにしてます。

doroyogoreZ_click samurai_click

でも、洗浄力を重視する業務用では、正直使うこともあります。

しかし、市販の洗剤には、
家庭用でも含ま得ているものが非常に多いのが現状です。

なので、安全性を判断する上では、とても重要な情報ですので
安全性や環境負荷を気にされている方は、洗剤選びに役立ててください。

また、清掃業者さんについては、
洗剤を選ぶ優先されるべき条件は「洗浄力」や「使いやすさ」だと思います。

また、毒物劇物に該当する成分など
PRTR法より、安全性や環境負荷の基準として
優先するべき判断材料が他にもあります。

という事で、あくまでも参考にしてください。

それでは、該当する界面活性剤をご紹介します。

〇直鎖アルキルベンゼンスルホン酸及びその塩
別名:直鎖アルキルベンゼンスルホン酸ナトリウム、LAS

〇N・N-ジメチルドデシルアミン=N-オキシド
別名:アルキルアミンオキシド、ラウラミンオキシド

〇ポリ(オキシエチレン)=アルキルエーテル

〇ポリ(オキシエチレン)=オクチルフェニルエーテル

〇ポリ(オキシエチレン)=ノニルフェニルエーテル

〇2-スルホヘキサデカン酸-1-メチルエステルナトリウム塩
別名:アルファスルホ脂肪酸エステルナトリウム

〇ドデシル硫酸ナトリウム
別名:アルキル硫酸エステルナトリウム、ラウリル硫酸ナトリウム

〇ヘキサデシルトリメチルアンモニウム=クロリド

〇ポリ(オキシエチレン)=ドデシルエーテル硫酸エステルナトリウム
別名:アルキルエーテル硫酸エステルナトリウム、ラウレス硫酸ナトリウム

The following two tabs change content below.
茂木 和哉

茂木 和哉

洗剤に自分の名前をつけてしまうほどの洗剤オタクです。 住まいのお掃除に役立つ情報から、清掃業者さんのスキルアップに役立つ情報まで、汚れ落としに関する情報を発信しています。 汚れ落としに関するご相談もお気軽にどうぞ。

茂木和哉 YouTube
茂木和哉 Instagram
茂木和哉 Facebook
茂木和哉 Twitter
きれい研究所公式サイト

関連の記事。こちらもどうぞ

酸化鉄スケールに相性が良い洗浄剤とは?

お風呂やシンクなどの水回りに付着する赤褐色の汚れの正体は 酸化鉄スケールという水あか汚れで

記事を読む

【プロ必見】シリカスケールの洗浄剤選びで重要な事

水あか汚れの中で非常にガンコなのが このシリカスケールです。 なぜガンコなのかについ

記事を読む

【プロ必見】油汚れ用洗浄剤は洗浄力重視?低刺激性重視?

高い洗浄力がが要求される油汚れ洗浄剤には、 苛性ソーダ、苛性カリがよく使われます。

記事を読む

【プロ必見!】洗浄力が高い洗浄剤の選び方!その2

汚れが落ちる働きのひとつに 中和作用があります。 中和作用とは、 その名の通り中和

記事を読む

no image

粉末洗剤のおすすめポイントとは?

こんにちは、洗剤エキスパートの茂木和哉です。 前回、 酸化鉄スケールについて のお話の中で

記事を読む

洗剤エキスパート茂木和哉の人気の記事

  • 新製品! 茂木和哉バスタブ用 好評発売中
  • 茂木和哉
カビが生えにくい浴室にする方法!

梅雨の季節は、少しでも油断するとカビがすぐに生えてきます。

バスタブ内側の茶色の汚れにお困りではありませんか?

バスタブ内側の茶色の汚れに、お困りな方はおりませんか?

【プロ必見】手持ちの洗浄剤を少なくするメリットとその方法

清掃業の皆さん、 「現場に持っていく洗浄剤の種類が多くて大変

茂木和哉流!水道代を節約する食器の洗い方!

台所洗剤は、洗浄成分の種類や配合量によって、すすぎの時のヌルヌ

茂木和哉、合成洗剤と中性洗剤の違いについて語る

皆さん、「合成洗剤」と「中性洗剤」の違いをご存知ですか?

→もっと見る

PAGE TOP ↑